ルプスレクス完成スナップ写真とラジオ動画第126回

IMG_6959 | by PORT/32

↑ うう、赤い光と蛍光灯の光がまじりあってしまってる。

IMG_6960 | by PORT/32

↑ 巨大メイスは銀ハゲチョロで。

IMG_6962 | by PORT/32

↑ 一通りのウェザリング終えています。

IMG_6964 | by PORT/32

↑ ラジオ動画の方でも言いましたけど銀マーカーを応用。

IMG_6965 | by PORT/32

↑ 先端は鋭くさせてなおもとがらせています。

スポンジ迷彩で黒グリーン茶色と三色迷彩らしくしてあります。目立つと良くないので地味な風味にしてあります。しかしよく見ると迷彩なんですよ。これってバランスを取るうえで大事ですね。

銀黒サフ→フラットブラック→ウェザリングマスターカッパー→エナメルブラック(ハンブロール)スポンジチッピング→緑(頒布ロール)→茶色(頒布ロール)のスポンジ迷彩→さらにウェザリングマスターのシルバーで先の方を軽くこすり付け→銀マーカーを爪楊枝に塗りつけた物でハゲチョロを描きこむ。

IMG_6969 | by PORT/32

↑ 手に持たせると転んじゃう。腕のひじ関節がもうゆるゆるなので保てないんですよね。

息子に劇中のカッコイイポージングをいくつか選定してもらってそれを参考にすることにします。完成動画で役に立ってもらおうと思います。

IMG_6972 | by PORT/32

傷もつけたり付けられたり。。。首の蛇腹モールドが雰囲気あるのであれは良かった。腹のシリンダーは下に下げて正解だった。

IMG_6974 | by PORT/32

↑ 目が赤く光るのはUVライトで。肩の赤いところはほんと赤で良かった。

IMG_6975 | by PORT/32

↑ 爪は今も手で触るとチクチクします。銀マーカーで新鮮傷を書き入れ。

IMG_6976 | by PORT/32

↑ 開き手の爪。これもバリエーション作ってもいいかもしれませんね。

IMG_6980 | by PORT/32

↑ あしの泥んこ。下から上に汚れ度を順にあげて言います。若干靴のソールの赤が見えそうで見えない、そんな風合いを大事にしました。ピグメント部分を削ればいいだけです。

IMG_6983 | by PORT/32

↑ あ、額のグレーのところもしやあれはパーティングライン?消し忘れだぁ~><

こっそり直しておきます。ヒミツですよ。

IMG_6981 | by PORT/32

↑ ひじ関節のストレーキは一番力を入れたんですけど先のチッピングエフェクトでだいぶ消えてしまったようです。やはり何かしら下にある塗料の性質も影響していると思いますね。ラッカー系クリアでシャットアウトした上でのエフェクトが一番いいようです。

完成動画の原稿書かねば。長くなりそうですけど(苦笑)

さて、そんなこんなでアンドロメダへ。あれもスピード感を持って製作に挑みます。

あ、そうそう、あれの予約が始まったね。うふふのふー!

ブログ限定ラジオ動画第125回

 

IMG_6943 | by PORT/32

↑ 泥汚れの最中の風景です。

IMG_6944 | by PORT/32

↑ ルプスの時に行った方法とほぼ同じことをしています。この後少し靴の赤いところが解る程度に落としてやります。

IMG_6946 | by PORT/32

↑ 爪の傷を表現しています。

一旦エンピツの芯を粉にしたものを指先に近いところにこすり付けていくように。黒光りさせまして、

IMG_6947 | by PORT/32

↑ 爪楊枝にて銀マーカーの銀をコリコリと付け加える程度でフィニッシュ。

簡単に済ませました。クロームシルバー都下の方がいいかもしれませんが、銀マーカーの便利さは計り知れませんね。

PC

昨夜必死でアンドロメダの続編動画の編集を行いました。

重たいものだからファイルの千切れ方がまぁ大変でした。一つ一つの作業が遅いいんですね。操作ごとに数十秒待たされていくもので一本出来上がるまでの時間が倍くらいに長いのです。でも今のテンプレートはこの旧PCに入っているのでこれだけは移動させにくいものでこのままゆっくりと一本作りました。

次回の動画からは新しいPCでの編集となりますのでだいぶ楽になりそうです。ただ、テンプレが無くなりますのでなにか物足りなさがあると思います。OPとEDに一つづつアクションが消えてしまっています。

ま、お気になさらずw

いつか何か変更しようと思っていますので気長に^^;

さて、パソコンの調子が良くなったらいよいよアンドロメダの核心に突入ですね。光ファイバーを用意し埋め込み作業も行うことになります。

アンドロメダアトハメ加工と穴あけ

IMG_6910 | by PORT/32

この艦橋ブリッジの下にところに思いっきりど真ん中に分割ラインが出ます。非常に目立つのでアトハメ加工で対処したいところです。

IMG_6911 | by PORT/32

↑ このようにカットしました。使用したものはいつもののこぎりです。こうすることで上下分割が出来ますので心置きなく自由な継ぎ目処理が出来るってものです。

LEDユニットはDIPソケットに交換する予定なので切り離しOKです。

IMG_6913 | by PORT/32

↑ さて、こちらMG誌の写真を見つつ発光の場所に点を打ってそこに0.5mmでドリリングしました。

左右ともに穴あけしています。現在船体の方は予定の場所は全て行いました。次は増槽部分に二か所と謎の羽根数本の先に翼端灯を取り付けなければなりません。あの場所に穴を開けるのは別段難しくは無いのです。そしてその後ファイバーと這わせるところも難しくはない。

しかし悩ましいのは船体内部に引き込むときの穴あけです。絶対ずれがでるから船体の方は穴を大きくしなくてはならないでしょうね。接続時は当然接着だろうし塗装の前に工作を全て終えてないとならないでしょうから、引き戻しのできない工作になりますね。ホホホ・・・。

CRD(定電流ダイオード)でLEDを発光

↑ 定電流ダイオードCRDはアマゾンでも売ってるので取り寄せが楽です。

秋月通商でも売られています。電子パーツ屋さんがお近くにある方は是非足を運んでください。

今のところ必要なものはブレッドボード、ACソケット(ピンタイプ使用)、ACアダプター(12V1A)、LED各色、CRD(定電流ダイオード)、ジャンパ線をいくつか。動画中の動作は以上のもで可能です。

IMG_6904 | by PORT/32

LEDにもCRDにも極性がありますのでプラスからマイナスへの電流を守ること。ソケットから出る極性を調べるために、テスターも持っておくといいです。テスターは安いものでも十分で一台1000円しないものも売られています。私のは1200円程度^^;

IMG_6907 | by PORT/32

ブレッドボードに刺して実験です。白と青の高輝度LEDは3.2V20mA定格なので3つから4こまで。4つは多過ぎらしいですね。赤緑黄色は5個直列です。プラス極手前にCRDを置いて電流を制御しています。

IMG_6908 | by PORT/32

↑ ACアアダプタは12V1Aの大きなものなので接続を間違うとLEDが使い物にならなくなるので注意してね。最初は乾電池3本ケースがあるので4.5vで光らせるでもいいかもしれません。それでも抵抗はいくつか用意しましょう。

ほか電源では角電地を使う手もあります。こちらは9Vですので4.5Vで駆動させるよりは大目のLEDを光らせることが出来ます。

これまでLEDを発光させるのに計算とそれに見合う抵抗器を取りつけるのが結構めんどくさい作業だったのですがACアダプタで大きな電流を得られることとCRDは勝手に定電流で制御できることなどから手間がだいぶ省けますねぇ。

今回CRDは本当に便利ということを知りました。

amazonで買えますので、

あ、リンク貼っときますね。↓