ラジオ動画322と323

スクリーンショット 2018-12-14 11.46.12

なるほど。これ実際もうちょっと前から行われていたと思われますよ。

このところの動向をモニターしててかならず動いていると踏んでいました。私としては運営の健全な動きは大歓迎。

さて、以下の動画をラジオ動画として配信します。

↑ 洗浄しているところです。何を洗浄しているのでしょうか^^

↑ RPカッターとチョッパーⅡの違いを軽く示しています。

詳しくは言いません。言わない^^;

私の動画をご覧になられている方なら動画に出る頻度でその道具がどれ程私が好きなのかが解ると思います。もう、それだけです。

今後の活躍に期待ですね。

広告

ガンキャノンⅡ完成

移り変わりの写真↓移り変わり02_r | by PORT/32

ツイッターの表示の都合でこれをトップの写真にしてあります。

DSC09508 | by PORT/32

↑ 計画通りに出来たと思います。

DSC09510 | by PORT/32

↑ 短足で上半身の逆三角形の酷い形から切った貼ったを繰り返し

DSC09506 | by PORT/32

↑ ヘッドも2つが用意されていますし

_DSC8620 | by PORT/32

↑ 旧キットなのですが頑張りましたね。パテで盛たしが一番面白かったです。

_DSC8636 | by PORT/32

↑ 背面からのビュー

_DSC8640 | by PORT/32

↑ バックパックはダグラムが思い浮かびます。赤いフックがキモです。今後も赤のフックを取り付けてみたらどうなるかやってみたい。

_DSC8628 | by PORT/32

↑ ビームキャノンの上部にセンサーとかヒートシンクも追加しました。肩のアーマーはエポキシパテで形作った割に違和感はあまり感じない?かな。最初からあの形だったきがするほどにw

_DSC8642 | by PORT/32

↑ 肩口の角バーニアはあのままなしだと中身まるみえになるので手前に何かあると良い目の行き場になります。

パテとプラの継ぎ目も解りにくくなるので一石二鳥ですぞw

_DSC8644 | by PORT/32

↑ 上面装甲の追加も自然体だ。うん。

移り変わり01_r | by PORT/32

冷静に見ると顔が違う。

昨夜は遅くまで

2018-12-12 02.30.03 | by PORT/32

↑ ガンキャノンⅡは今のことろここまで。はみ出たところの修正や、スミイレ、デカールを貼りつけました。今夜完成で撮影して終わります。

2018-12-12 02.26.30 | by PORT/32

↑ スジ彫り堂さんから届いた。これがかの有名な格言カレンダーだ。夜中一人噴き出して笑ってしまいました。「調色したグレーがサフと同じ色」とか、普段の自分の失敗があって共感するところが溢れ返っていました^^

◆ 

昨夜は夜遅くまで上司と話し合いでした。

これまでの任期中での方向性の在り方を今後にどうつなげていくかみたいな話。

残期半年で今の状態になるまで協力してきたのはこの人がいたからなんですけど任期が終わったら私も外れたほうがいいかもしれない、とのこと。

なるほど勢力的なものもあって自分の役割に甘えてくる組織体制にカツを入れるくらいの方向転換が必要だとの考えをお持ちのようです。

自分としては仕事上の雑務が減るので助かります。今後の身の振り方の方向性が程よく解りました。

組織の中って自分の知らないところでドロドロしたものが渦巻いてて自分はまだまだペーペーなんだと思うと同時にペーペーでいることも大事って今さらながらに理解承知出来ました。

昨夜は自分に気遣ってくれたんだなぁ。

いつも厳しく高度な要求をしてくるんだけどそんな優しいところがあったんですねぇ。見直しました。

ガンキャノンⅡ塗装経過、スミイレとデカールの直前まで

↑ 基本塗装終わって、塗り分け終わりの一旦組み立てしてみました。

2018-12-11 00.26.27 | by PORT/32

↑ 変な顔~。この顔にどれだけ苦労させられたことだろう。

2018-12-11 02.18.57 | by PORT/32

↑ じゃぁね~ってお気楽なガンキャノンⅡでした。

2018-12-11 02.20.38 | by PORT/32

↑ ウルトラのお爺さんみたいな顔になってます。

2018-12-11 02.20.42 | by PORT/32

↑ もうじき完成。

今夜はあまり作業が進まないかも知れないなぁ。スミイレとデカールを張り付けてTOPコートして完了させます。

アニメ塗りはしません^^;

V2 アサルトバスターガンダム HG

_DSC8574 | by PORT/32

↑ 素組しております。MG Ver,kaの追加武装が楽しみですね。

DSC09460 | by PORT/32

↑ ポージングを撮らせてみても各所の収まりは綺麗にかっちりとしていて外れたりすることもありませんでした。

_DSC8578 | by PORT/32

↑ それゆえ塗装後にガチャガチャとつけたり外したりすることは出来そうにありませんね。

DSC09489 | by PORT/32

↑ リアクティブアーマーの金色も成形色で切り替わっています。

DSC09490 | by PORT/32

↑ 膝のパーツは既存パーツに差し込む形ですがキッチリと収まります。

DSC09461 | by PORT/32

↑ 全体のフォルム

DSC09464 | by PORT/32

↑ メガビームライフルは長砲身で開放バレル方式というそうです。

_DSC8582 | by PORT/32

↑ F91の時代からの武器V,S,V,R, 裏が思い切り抜かれています。

DSC09483 | by PORT/32

↑ ミノフスキードライブはコアファイターのエンジンに追加される形

_DSC8596 | by PORT/32

↑ 白い部分がヒンジ稼動します。開閉可能となっています。

_DSC8588 | by PORT/32

↑ メガビームライフルの持ち手はZⅡと同じ方式の持ち方。

DSC09493 | by PORT/32

↑ メガビームシールドのビットは取り外せそうな感じのパーツとなっています。劇中ではビットが三点に広がってシールドを展開するんでしたっけ?ね。

_DSC8604 | by PORT/32

↑ マイクロミサイルポッドフロントアーマーの青い四角いパーツです。この中には一弾帯で18発も小さいミサイルが入っているんですって。

ほか2か所合計で6カ所装備。

_DSC8600 | by PORT/32

↑ この青白のパーツがマイクロミサイルポッド。

DSC09495 | by PORT/32

↑ おしりの青いところ。

_DSC8602 | by PORT/32

↑ 青い追加パーツがマイクロミサイルポッドです。

_DSC8590 | by PORT/32

↑ スプレービームポッド。これも敵が回避しようのない武器だとか。

_DSC8592 | by PORT/32

↑ 長砲身で伸縮ができないメガビームキャノンとのこと。敵の中に入ると切られる可能性があるらしい。

高出力長射程の武器で戦艦クラスのシールドを突き破りなおも貫通する威力。対戦艦武装。

DSC09496 | by PORT/32

↑ コアファイターも別途用意されています。

_DSC8609 | by PORT/32

↑ かっこいい。

_DSC8617 | by PORT/32

↑ とてもかっこいい。

土曜日のプレミア配信多くの人に参加してもらいました。大変感謝しております。初めてなのと、しかも開始30分前の告知だったにも関わらず260名の数字を見て驚きました。

ファイル書き出しが手間取りテロップもなしでしかも30分の長丁場。本番中一気にチャットが追いつかず、終始アタフタの連続で締まりのない配信となっておりましたことをお詫び申し上げます。

これはいつかライブ配信も考えたほうがいいのかな。モニターが必要?webカムが必要?配信用PCがいるんかな?

ライブ配信は以前海外のモデラーさんがやっていたのを一度見ていたんですが面白いと思わなかったので全く気にも留めていませんでした。

楽しそうかも?

近日公開予定

0001 | by PORT/32

↑ 公開してほしいとリクエストが数件ありましたのでなんとか今夜公開しようかと思っています。

昨夜遅くまでカット編集したものの書き出したファイルが壊れててアップロードが出来ない状態でした。このところ何やってもちょっとしたプチトラブルがあるのでちょい、気を付けねばなりません。さて、本題。

2018-11-30 00.58.35 | by PORT/32

↑ 作る前に簡単なラフスケッチしました。わたし、アニメを見ただけなんですけど大体すぐに覚えられるくらい単純な形をしています。剣先は両刃でグリップエンドもこんな感じ。さらしを巻いていてエンド部分に2つのヒラヒラが付いていました。OPの映像にもそれが特徴的に描かれていたような。

2018-11-30 01.35.14 | by PORT/32

↑ 簡単です。WEVEの1mm目盛月プラ板をカット。カットしたさきから定規の状態なのでとても便利。こういう作業にはもってこいの素材ですね。接着してクランプで圧着させてこの日は眠りに。

2018-11-30 00.58.21 | by PORT/32

次の日

2018-12-03 02.20.24 | by PORT/32

↑ グリップエンドまでを製作しました。作り方とその風景は動画に出します。簡単なので詳細は是非見てほしいところでもあります。

2018-12-03 02.21.21 | by PORT/32

↑ 刃部の斜面の形成はプラ板でやるかパテでやるかとても悩みました。もしもねじれが起こるとパテは壊れる。しかしプラ板だと強いかも知れないが加工が面倒。最後の繋ぎ目はやはりパテに頼ることになる。

ならばパテを最初から使う方が有利だと考えました。

食いつきが小面積よりも大きな面積でなおも内部はプラ角棒にて補強する形とします。その代りヒケが出来上がりますのでそれは上の画像のようにパテを2回ほど盛り足し修正しました。

2018-12-03 23.02.56 | by PORT/32

↑ このように先端には白く見えている角棒がちょっと角を出しています。

2018-12-04 00.54.18 | by PORT/32

↑ サフを噴きつけ。グリップにバットに似た微妙な太さの強弱を園芸テープを使って付けました。グリップエンドはエポパテで。

2018-12-04 01.10.24 | by PORT/32

↑ ガイアスターブライトアイアン

2018-12-04 01.13.52 | by PORT/32

↑ 塗るとこんな感じ。

2018-12-04 01.12.23 | by PORT/32

↑ ジャーマングレー これでチッピングっぽくスポンジでスタンプしてみます。

2018-12-04 01.44.27 | by PORT/32

↑ こんなチッピングをするわけではないのですが、演出効果としてこれを塗っておきます。鉄の酸化膜かな。

2018-12-04 01.44.47 | by PORT/32

↑ 刃部はとても鋭利。紙位はきれそうなほどです。

2018-12-04 01.44.52 | by PORT/32

↑ グリップにはテープでやるかどうか悩みますが、この剣は1/8の大きさがありますので本物の布の方がリアルが足されるだろうと思いまして、実際のガーゼを切って帯状にしたものを巻き付けることにしました。↓

_DSC8560 | by PORT/32

↑ 完成画像です。思ったより下に敷いたグリーンマットが効果を出してくれたようです。めでたしめでたし^^

_DSC8568 | by PORT/32

作り方は簡単でした。

_DSC8570 | by PORT/32

V2アサルトバスターガンダムを製作開始

もうじき届くんでしたっけね。V2ガンダムのアサルトバスター装備。

積んであった箱から素組を始めました。

2018-12-07 01.18.03 | by PORT/32

↑ V2ガンダムはpZeroチャンネルを始めた当初に作ったものが在ります。ノーマルの物ですが、その後このV2アサルトバスターとアサルトのコンバーチブルキットが発売されました。

2018-12-07 01.18.10 | by PORT/32

↑ キットの取説には アサルトバスター、アサルト、もう一個のモードがあるんですけどそのうちのどれかで組み立ててくださいとのこと、分解すると破損の恐れがあると注意書きがありました。

2018-12-07 01.18.13 | by PORT/32

↑ アサルトバスターで全部盛りを選びます。現在本体回りまでが素組終わりまして、あとは武器とバックパックコアファイターを素組ます。前のV2自体とても作りやすくていいキットでした。その遺伝子をのまま作りやすいです。パーツは普通のHGより2割ほど小さく感じました。

MGの追加パーツが楽しみです。

 

2018-12-07 02.17.03 | by PORT/32

↑ ガンキャノンⅡ塗装開始。塗装で選んだカラーリングですが。インストでは黒いところはマジでフラットブラックを選ばれています。いくらなんでも黒に白とお葬式みたいなのでRLMグレーを選びました。

2018-12-07 02.17.21 | by PORT/32

↑ あんた誰ヘッドですがカメラアイのところに塗ったグリーンをマスキングしています。基本色のホワイト系塗料は明灰白色とされています。そのものを塗っていこうかと。ノーマルヘッドの方は黒に近いグレーでやってみます。

色分け地味に変なんですけど自分で修正補正しますね。