ブログ限定ラジオ動画第61回

最近写真が撮れてませんね^^;

年始に見た映画のお話です。このドロイドも1/12を買っていますが、素組すらできないんですが、このロボは人間味あふれるロボでした。

今日のいつもの時間にルプスの完成動画が出る予定です。設定が間違ってなければ^^;

アルティメットカッターのその後

第60回目のラジオ動画にしようと思ってたのですが、ブログ公開直前に取りやめました。

IMG_4570 | by PORT/32

↑ これがゴッドハンドのアルティメットカッター

IMG_4571 | by PORT/32

↑ に、最近追加発売された専用のスケールとそのストッパーです。

IMG_4573 | by PORT/32

↑ 説明書通りに取りつけをおこないました。

ネジ固定です。ハサミの刃のところに台がくっついた感じになります。

IMG_4574 | by PORT/32

↑ 白いまな板部分の向こうにその厚み分と刃部までの距離を差し引いて刻まれた目盛が見えます。これで好きな幅に切れる!

IMG_4576 | by PORT/32

↑さてさて。どうなることやら。

あのスケールにデップスという追加パーツを取りつけた。

IMG_4577 | by PORT/32

プラ板には線を引いてある。公式ページには目盛入りの方眼タイプのプラ板をカットした画像があるが線を引けば同じだろう。

IMG_4578 | by PORT/32

↑ カットはほんと握るだけで切れる。刃の入り方が平行に近い角度でせん断するのでカット面も綺麗ではある。

IMG_4579 | by PORT/32

↑ カットしたプラ板。手前が先端側になります。

IMG_4580 | by PORT/32

・・・。

 

ヴィダールの塗装は順調に基本塗装へ突入~

サフを噴き付けてグレー部分から開始しています。

ブログ限定ラジオ動画第59回

日曜日は晴れていたけど寒かったですね。

ヤスリの整理整頓です。

リタックスティック、マジックヤスリ、紙ヤスの3点盛り。後はスティックヤスリとペーパー類のストックを同時に行うような仕切りを付けてみました。

誌きりに使った厚紙も百均の厚紙です。なんかDIYで楽しかったですね。

他、机で雑に並んでる道具類や素材の整理をしたいところです。

これもジオラマ

FAガンダムのメンテナンスベース?MSハンガー?ができあがりました。

キットはプレミアムバンダイ限定のFAガンダムウェポンMSハンガーセットとなります。

ボックスアート | by PORT/32

↑ こちらの中身を作ってこれまでに製作していたFAガンダムと組み合わせると如何にもFAガンダムのアーマーを着脱しているシーンのようなディスプレイが出来上がるという方式ですね。

↑ ブログ限定ラジオ動画第58回

↑ まずは箱に大事にしまっておいたガンダムのアーマーを取り外してまいります。

↑ 上半身を分解。

↑ ホワイトの艶消しでは、少々目に見える範囲で色移りが出てしまっていましたね。グレーのこすり傷みたいな感じです。

↑ 次は下半身。コアブロックのところはバッテリースイッチシステムです。

↑ 上下ともアーマーを脱がしてすっきり。カメラアイも思い切り点灯させています。

↑ ハンガーに全ての装備品を取りつけました。

↑ おおぅ。これが見たかったんだよなぁって感じにはまりこみましたね。

↑ 目は光っているのでさぁこれからアーマーを装着するよ~状態です。

↑ アーマーを取りつけている部分の支柱は裏面が抜きになっています。しかしそれは向きなどあまり考慮されておらず裏面が見える形となっていました。これにはもう少し気を配って裏までちゃんと塗っておけばよかったと塗装したことを少しばかり後悔しちゃったな。

↑ あの背中の巨大なバックパックもサイコザクのプロペラントタンクと比較するとかわいいものに見えてしまいます。

↑ 足元のスリッパもちゃんとカタパルトデッキのような箱モノが用意されています。ちゃんと脱いで下駄箱にしまう感じで^^;中央脱出ポッドを置いています。

バックパックのちゅおう四角いコンテナはビームライフルのエネルギーパックです。合計8個載せられているという設定です。自由に着脱できる4パック固まりと4個のパックが付属。

↑ 足元の状況ですが、この地面のモールドは実は考えていたステージの45度回転させた状態で取り付けられます。

相じゃないとガンダムが収まらないことになるんですよね。ちょっと説明が難しいのですが、これをここまでお作りになった人にしかわからないようなスペースの取り方になっているんですよ。最初なんでガンダムが載せられないんだろう??

ってなりました。モールドの模様を正面にしてはダメなんですね。それをさらに45度にしてデフォルト設定となります。

↑ 絶妙な隙間で整然と並べられたFA

↑上面部分のホワイトが反射してカッコイイ。

↑ ハンガー後ろには新武器が立てかけられています。この4本を作るのに3日掛かったんですよね。苦労しました。

↑ 上に見えているのは、バックパックから垂れているFAのプロペラントタンク。じつにこれもはみ出た状態に演出されます。

これでFAガンダムの方はおしまい。私のガンプラコレクションに加えられました^^

ルプスのウェザリングとFAガンダムのウェポン

 

ブログ限定ラジオ動画第57回

 

image | by PORT/32

 

↑右足だけを先に泥汚れのウェザリングしました。

image | by PORT/32

↑ 使用したのはクレオスのウェザリングカラーとペースト。最後にグロスクリアも若干。

image | by PORT/32

↑アクリル+モデリングペーストには無い繊細な泥の再現が出来ました。

この素材の良さを一言とで言うと拭き取りが簡単であると言うことですね。硬化というか溶剤が乾いた後でも筆に専用溶剤を含ませて擦ってやると容易に溶けて流し落とすことが出来ます。

このあとスパッタリングを行い泥はねを表現してフィニッシュ。

 

image | by PORT/32

↑ FAガンダムのウェポンハンガーの二本組みの武器もここまで終わりました。

ビームライフルのセンサーは、ハイキューパーツのセンサーシールに上からUVレジンでレンズ球のような凸面を盛り上げました。が、目立たないですね・・・。

 

image | by PORT/32

↑ バズーカを展開したところ。

この二本はそれぞれを合体させることができてツインになります。ビームライフルもね。

 

image | by PORT/32

↑ バズーカを縮めるとこれくらいコンパクトになります。弾装は抜いています。

この武器は二つとも嵌めては継ぎ目を消してマスキング→塗装という手間が必要です。バズーカは一回。ビームライフルは下部のパーツを無視すれば一回。

完全に消すとなると2回のハメ→継ぎ目消し→マスキング→塗装を繰り返す手間がかかります。

バズーカと平行で行うためビームライフルのほうは下部は継ぎ目を残したままでギブアップしました^^;

目立たないと思う。タブン^^;

ラジオ動画第56回ウェザリングペーストを試す。

↑ 昨年クレオスから登場したウェザリングペースト

モケモケさんで各色揃っていたのでごっそりひとまとめで買ってきました。

スプーンを使って乾燥したほこりっぽいところ→泥→濡れた新鮮なウェッティな泥という感じを塗ってみます。

image | by PORT/32

↑ 一本の価格はそれなりにしますが、一つあれば随分使えそうですよ。薄め液はタミヤの物との互換性は無しとのこと。注意が必要ですね。