ブログ限定ラジオ動画第142回

 

土曜日に急ぎでやったのはハンマハンマのランナーごと塗装でした。サフをエアブラシでやると時間かかるかかる。これやるならホルツの缶スプで一気にやったほうがいいなと感じました。もう急いでやるならそれくらい割り切ったほうがいいと感じます。というかいつかやってやろっとw

IMG_7339 | by PORT/32

サフを噴き付けた後です。動画は全切りカットのところくらいまでなんですけど、次の日出張なので早めに寝ます。

IMG_7338 | by PORT/32

ランナーごとに分けています。洗うのもランナーごとになるから手間が増えますね。これは何とかしなければ。

IMG_7361 | by PORT/32

↑ 時間が1時間ほど余裕が出来たので帰りのリムジンバスを難波から出発にすれば日本橋で降りて歩きながら買い物が出来る!

IMG_7364 | by PORT/32

↑ 伊丹空港。スカイラウンジで食事しようと思ってたら工事中とか予約で一杯だとかで結局フードコートで工事中の防壁を見ながら味気ない食事となりました。

IMG_7366 | by PORT/32

スタバでアイスラテ

IMG_7367 | by PORT/32

この飛行機は777A800だったかな。

wifiが使えるとは言うけど会員制のログインでしか役に立たない印象でした。本当に使えるのかな?最近新幹線ばかりで飛行機乗ってなかったので不慣れでした。

今日は蒸し暑かったですね。冷房の風は冷たいし、外に出ると蒸し暑いの繰り返し。冷たい水物ばかり飲んでて不健康な感じがしましたなぁ。

今種はあきらめムード。来週はゆっくりできるのだろうか。

いままで大ざっぱなニコイチトリスタンを徐々に改善

ラジオ動画第141回もどうぞ。

IMG_7275 | by PORT/32

↑ これは月曜夜に撮ったトリスタンの写真です。ニコイチ済みのもの。

何が自分の目指すところと違うのかをみて行くのですが結局やることは自分の定番改造となるのでございまして、細やかなディテールの追加とかも結局自分の好きなデザインに収まるという訳なんですね。

IMG_7299 | by PORT/32

↑ アーマー裏の肉抜きのところはパテで埋めてしまいます。他自分の意図していない窪みも合わせてパテ埋め。

瞬間接着剤を混ぜ込むことで練り始めから30分で切削可能。臭いの。

IMG_7302 | by PORT/32

↑ 肩アーマーも埋めて行きました。

IMG_7308 | by PORT/32

↑ アーマー類の取りつけ後全体の姿勢を観察。

IMG_7309 | by PORT/32

↑ この棒立ち感が一番気になります。なんとかガワラ立ちから脱出したいですね。好みもよりますが、正面から見た時直立不動のピシッと感というかピキーン!と金縛りな感じが兵隊さんの敬礼のようで好みではないのです。

IMG_7311 | by PORT/32

↑ そこで出るのがS字立ち。

私の得意なパターン。というか好きです。股間パーツを前に出す。しかも大型化させます。

ケツをひっこめろ!ってな感じにすると嫌でもS字姿勢になります。JOJO立ちとも言いますかね。

IMG_7313 | by PORT/32

↑ で、改善後。

以前百式の時に行った方法です。軸を後方に下げて腹巻パーツを噛ませるだけのお手軽姿勢です。

IMG_7314 | by PORT/32

↑ 腹巻はプラ板で作ります。1.2mmのプラで張り付けただけの簡単なものです。

IMG_7316 | by PORT/32

↑ アーマーを外して横から見てみますと立派なS字を描いていますね。

IMG_7317 | by PORT/32

IMG_7318 | by PORT/32

IMG_7319 | by PORT/32

↑ シード系のポージングかなぁ。ケレン味感たっぷりです。

ストライクに似ていると何度かコメントが入っていたかも、腹が赤いからってのもあるじゃんw78ガンダムの成形色だから仕方ないのですが。

それと背中のサーベル角度のバランスが無段階で調整できるってのもネオジムの利点ですね。

IMG_7322 | by PORT/32

↑ 隙間の感じがまだありますのでサイドアーマーなどももう少し手を加えてもいいのかもしれないね。

IMG_7323 | by PORT/32

↑ 時間が少し余ったので予定の箇所にポリパテを盛りはじめます。

つま先の延長と肩口の段差を消していく作業です。

IMG_7330 | by PORT/32

↑ つま先硬化後の荒削り後

IMG_7332 | by PORT/32

↑ つま先はこれくらいの長さが好みです。

IMG_7333 | by PORT/32

↑ 全体を見てつま先の先端から肩の先端に線を結んでおへそで好転を結びそれが対角線で長方形に収まるようになっていると美しいラインになるのですが、そんなもんをほんのすこーしだけ意識して作っていくといいかもしれません。

ニコイチ改造を始めましたらブログ限定ラジオ動画第140回

二日間山に登らなかった分をこちらにぶつけてみました。自分の中である程度の結果を出せるように目標を立ててやってみたのですが、ツイッターももっと写真を出していくつもりだったのですけど、なかなか出来ませんでした。

Youtube、ツイッター、ブログと多方面応援を頂きまして感謝しております。これからもよろしくお願いしますm(._.)m

10324628p10456963p

78ガンダムとトリスタン。両者素組は終っていたものですから取り掛かりは早かったですね。

IMG_7235 | by PORT/32

↑ 金曜の晩。会議が遅く12時前に帰宅した。弐つの箱から取り出したガンダムをバラバラにし始める。

まるでサスペンスホラーじゃないか^^;

IMG_7236 | by PORT/32

↑ 形状はどうだろう。足の長さは78ガンダムの方が短い。太ももは同じくらいの長さ。フットパーツがトリスタンがデカくて高さもある。スネしたからくるぶしも若干長いのかも。

IMG_7237 | by PORT/32

↑ 胴体。お腹の蛇腹以外まったく形状が違うと言ってもいいかも、、、(;´Д`)

IMG_7238 | by PORT/32

↑ 接続形式が78ガンダムはボールジョイント。

IMG_7239 | by PORT/32

↑ トリスタンは棒でポリキャップを軸接続するだけ。

IMG_7243 | by PORT/32

↑ 首の接続方法も違うが、トリスタンは前後に傾斜角が大き目に付いている。

トリスタンは襟のパーツが小さい。78ガンダムは横幅は無く細身だが胴長である。

トリスタンの胸部中心赤いところは出っ張り感が強い。肩のダクトが邪魔な存在。私にとっては鬼門のデザイン。成功したためしがないのです。

IMG_7240 | by PORT/32

↑ バックパックの形状。違うのは当たり前ですが一応。

トリスタンのバックパックはMk2がベースなのでしょうけどカッコ悪いのこの上なしですね。モールドはメルティだし良くない印象です。

IMG_7241 | by PORT/32

↑ 腕と肩。

IMG_7242 | by PORT/32

↑ 横と正面の形状の違い。

IMG_7246 | by PORT/32

↑ 腰のパーツを分解して形状の違いを把握。

IMG_7250 | by PORT/32

↑ 78ガンダムは太ももにロール軸が設けられている。昔からある形式だけどボールジョイントで済まされる股関節だから最近だと珍しい形式。良く動くしポージングしやすいので私はこちらが好みです。

IMG_7253 | by PORT/32

↑ 78ガンダムの関節を見ている。スネの接続は板状の棒をポリキャップに差し込む形。

IMG_7254 | by PORT/32

↑ トリスタンと比べるとスネから下のボリュームが全く違う。

IMG_7255 | by PORT/32

↑ 一方トリスタン側。膝関節が別になっているのは驚き。これでだいぶ助かったよ。

IMG_7256 | by PORT/32

↑ 砲身が固まる。太ももはそのまま78ガンダム。スネから下をトリスタンに替えればいい。接続するポリキャップの位置が問題になった。

IMG_7263 | by PORT/32

↑ 腕の中身。上腕部は大抵どれも同じ構造なので不覚化が得なくていい。

問題hあ前腕部だけどアトハメ加工と同じ要領で行います。ひじから先はトリスタンで接続すれば、可動領域は78ガンダムの二重関節の方でカバーしてくれます。

IMG_7266 | by PORT/32

↑ そんな要領で1日目の夜が終わりました。写真は日曜昼だったかな。

IMG_7272 | by PORT/32

↑ 日曜日夜。なんとか胴体の胸部を切り貼りして位置合わせまで終わりました。

IMG_7275 | by PORT/32

↑ 月曜夕方、ここまで来た。お腹を中心に78ガンダムの面影が少し残ってるね。

IMG_7276 | by PORT/32

↑ 月曜の夕方必死でいじり倒したバックパック。1.2mmプラ板は厚みありすぎたかもしれません。

IMG_7285 | by PORT/32

↑ ダッシュポーズが取れる。

IMG_7286 | by PORT/32

↑ 躍動感がパネェっ

IMG_7288 | by PORT/32

↑ バーニアを中央に2個配置しました。大木の方は取り外しています。

IMG_7289 | by PORT/32

IMG_7292 | by PORT/32

↑ 顔が前に向けられるくらいの首の可動範囲良し。トリスタンの唯一の良いところ。

肩のダクトと襟のポリパテ造形はもしかしたらやり直すかもしれません。

IMG_7294 | by PORT/32

↑ 疾走正面ポージング。ビームライフルが邪魔w

腕はまだゴム粘土でくっつけてあるだけですのでいつでもポロリします。あれも何とかしないといけませんね。

アンドロメダ完成ブログ限定ラジオ動画第138回

波動砲を発射しているところ、フレームアウトしています。本編ではちゃんとお見せしますね^^;

IMG_7199 | by PORT/32

↑ 昨日までのアンドロメダ

IMG_7220 | by PORT/32

↑ さっき完成したアンドロメダ

IMG_7222 | by PORT/32

↑ 船体下部へのLED発光部分もちゃんと再現できました。(MG誌を参考にしています)

IMG_7223 | by PORT/32

↑ 横面のファイバーで作った舷窓部分もなんとか発行しています。ただ左舷のほうは若干LEDの照度が足らない箇所がいくつかあります。どれかの束が極度に曲がりすぎてしまっているのかも。もう接着されているので微調整利かず^^;

IMG_7224 | by PORT/32

↑ サブエンジンの曲面状に二か所づつ計4か所の赤く光るところがあるのですが弱いね~。

IMG_7225 | by PORT/32

↑ 青色発光ダイオードの方は強いです。右舷側はどれも強めに光ってくれています。

IMG_7226 | by PORT/32

↑ 右と左で青か赤での違いがあります。

IMG_7227 | by PORT/32

↑ ちょっと遠目で

IMG_7232 | by PORT/32

↑ 暗くしてサブエンジンメインエンジンの発光の具合です。

やっとアンドロメダから解放されました。汚しは行わずフィニッシュすることにいたしました。次に宇宙戦艦をやれるとしたら発光モデルとして製作する時に、このアンドロメダの教訓が生かされることになるでしょう~^^

本編完成動画はまた後日へ。