ブログ限定ラジオ動画第355回

こんにちは。PGのプレゼント企画動画をご覧ください。

35000人登録者記念の時にウォーズマンフィギュアの配布をしようと思っていたんですけどそれが著作の関係上ボツとなり、いまさらながらの企画となりました。レッドフレームは好きな機体です。どうせならPGでと考えまして先日届いた大物をプレゼントとしてアップロードいたします。

PGですよ~。いったん組み立てているので分解はちょっと難しいかもしれませんが、外装だけでも塗装を行うのもありかもしれません。うちは製作部屋と保管場所の関係上この大きさを飾る場所がありません。

欲しい方いらっしゃいましたらどうぞご応募いただけたらと思いますm(._.)m

広告

GWラジオ動画 第353回 昨日の短い動画もやってみたいな。

さて、二日目を迎えたGW。昨夜はオリジンNHK放送の第一回目でした。

このペースで放送されると終わるのに半年以上?一年する気?ってくらい長そうですね。まぁ45周年ですし自分としては土曜の晩が楽しみが増えてまぁ嬉しいところです。

GWの隙間に上高地へ行くかもしれません。でもなんだか天気が芳しくなさそうですね。

ブログの更新はGW期間中もちょこちょこっとやってみたいと思います。

ラジオ動画は撮影できる環境が変わるのでどうなるかは定かではありませんがいつもと違ったものがお送りできるかも^^:

お楽しみに~^^

ちょっと迷彩してみる。

写真: acgay2016

↑ ファレホで塗っています。

写真: acgay2015

↑ 遠目から見る。これならありかも。

写真: acgay2014

↑ やはりスタンダードなパターンの方がいいかもしれないなぁ。と思ってみたり。

写真: acgay2013

写真: acgay2012

写真: acgay2010

↑ 久しぶりにケープでハガシもやってみようかな。

写真: acgay2009

↑ ミディアムブルーを使ってみます。

写真: acgay2007

↑ あー、なんか失敗の予感。

写真: acgay2004

写真: acgay2002

↑ 失敗したので丸洗いしました。今日乾いたらもう一回全身塗りなおししようと思います。

簡単に上塗りできるので気にしません。パターンをスタンダードなものにして迷彩柄をメインに見せるモデルで完成させることにします。塗り分けとかウェザリングは二の次といことに固まりました。

これも一回こういう失敗というか試行錯誤の上決定出来たので昨夜の作業は無駄じゃない。と思いたいです^^;

映えない角度と映える角度

うーん、顔の大きさとか厳密に測ってやっていてもiphoneの撮影角度で随分映えるか映えないのか分かれますね。

写真: sota06012

↑ 目線とカメラレンズを平行にしたもので撮影。

写真: sota06010

↑ 手とパイオツを追加しました。

写真: sota06007

↑ 下からのアオリであればかなり映える。これだな。

写真: sota06005

↑ すげー映える。

写真: sota06004

↑ うわ、ちょー好きだ。

写真: sota06003

↑ 映えるなぁ。ケツのラインは絶妙だぜ。

写真: sota06002

↑ 映えるけど、ちょい和尻かな。

微調整して一旦固めようかしらん。

もうだめだぁ~片づける。

写真: DSC00135

↑ ひえぇぇ。

写真: DSC00136

↑ 完成品と未開封箱のたまり具合中段。視点を下にずらします。酷いものです。

写真: DSC00137

↑ 足元手前までこんなふうになってる。

写真: DSC00140

↑ 向かって左が作業机。正面カラーボックスx2で左奥にストッカーx3、その手前は塗装ブース。ここが本丸です。これを落城できるんだろうか。

写真: DSC00141

以前作った西壁面。

正面中央がコーヒー飲んでるところ。左は撮影用ブース。

写真: DSC00143

↑ 西壁面の上にも箱があります。

写真: DSC00142

↑ ここは比較的新しいものが積まれています。プレバンとか多いですね。素組で終って小さくした箱もここに詰め込んでいるので見た目より数多いMSが眠っています。

写真: DSC00144

↑ 南壁面の塗装ブース側の壁面。棚はすでにいっぱいだ。

下に見えるのは塗装ブースの上においた山善乾燥機。

写真: DSC00145

↑ 撮影ブースの前にも箱が積まれます。これはもう足の運びが迷路になって来てる。

写真: souko012

↑ さて、最初に戻って納戸の罪をどけていきます。完成品は倉庫に入れられませんのでそれ以外ね。

写真: souko009

↑ 途中どんなのがあったのか記録写真。

ウォーカーギャリアがある。νガンの初期の1/100がある。あとデンホビのオマケキットが数点。車もあるしMMもあるよ。

写真: souko008

↑ さて、こちらはドラゴンの白箱がメイン。飛行機もあるしドラゴンのフィギュアもまずまずの充実具合。黒騎士だってある。フィギュア付き。

写真: souko007

写真: souko006

↑ ただ単に運び出しただけなのでちょいと分類できていませんね。でも白箱は大事な思い出も詰まっています。

写真: souko005

↑ さっきのデンホビのオマケとか。

 

写真: souko004

↑ 廊下においやるとこんなことに。このあと丸一日費やしました。

 

写真: DSC00148

移動した先もう満タン・・・。施工費含めて130kオーバーでしたけどあっけないなぁ・・・。

いや、まだ入るスぺースはあるんですけど二重にしないといけないんですけどもね。奥が解らなくなるんで躊躇しています。が、そうも言ってられない現実がそこにあるんですよね。

顔~

胴体がある程度の形になったら順番として私は顔を作りたくなります。

なので今日は実は3つめになるんですけど顔をご紹介します。

写真: sota03007

↑ リアル顔で製作することに。リアル顔だと2つめの顔です。

一つ目の顔はあまりにも不細工に出来たのでお見せできない^^;

写真: sota03006

↑ 写真のとったタイミングでは若干たれ目で二重にしています。これはもう強調するとどうなるのかを試しながらやってるんですよね。試行錯誤の繰り返しとなっています。

写真: sota03004

↑ やがて二重表現はまだやらず目を小さくしてより現実的にすることにしてみたり。

これまでアニメ顔を繰り返してきたので顔がのっぺりで凹凸が少ないものになっていましたけれども人間の顔はそうじゃないんですよね。表情筋という筋肉が縦横に走ってて笑うとどこかが引っ張られてどっかが縮んでどっかが伸ばされたりと色々複雑な動きがあるのですなぁ。

写真: sota03002

↑ 目の修正だけではなく口や唇の周囲。鼻と頬のつながり頬から顎へのラインなど多面側から見て顔を作ります。これで完成という訳ではありません。

写真: sota03001

↑ 正面向けるとこんな感じです。額から上はもう少し角ばった頭でもいいですわよね。まそれは焼いた後でも出来ることなので現時点の皿の裏ではここまででいいかしらん。

「かお」と一言で言っても色々難しいところがたくさんあります。自分もまだまだ経験値がありませんので何個も作って練習するだけです。モデルは白人女性です。ネットで同一人物で色んな角度から撮影された美しい女性を選ばせてもらいました。名前は知らないんですが、有名なモデルさんなのでしょう。

まだ個数を作ります。一番いい奴を採用しませんとな。