コラム 作業時間

ツイッターで良いことを質問されたので思い浮かんだことを記事にしようと思います。

一日にする作業の時間とは。

そうですね、仕事の忙しさとかもあるのでこればかりは安定しているものではないのですが、やっている作業の内容が連続していないと出来ないこともありますよね。

同じモデルを一個だけならいいんだけど二個三個並行して作ることもあったり。

塗装してて一カ月も放置すれば色なんて忘れちゃっててね。どこまでやったっけなんて自分の動画を見直してみたりすることもあります^^;

実は昨年の暮れごろは仕事で精神的に追い込まれる事態にもあったことからとてもガンプラなんて作る余裕なかったんですよ。あのころはRGフルコーンのころでしたか。

年末なので特別な動画もいくつか作ったりね。グフの素組とか、放置しっぱなしで旧ゾゴッグなんてのも作りましたっけ。

なんだろ、いまだから言えることでスケジュールに追われるような作るのって趣味じゃなくなってきてる。

仕事じゃないのになんで仕事してんだ?

ほんとそれ。この頃の自分は作業時間が苦悩の時間でした。

当初の目的を忘れてしまったわけではないのですが、某メーカーの発売日に合わせて買いに行って開封して素組して動画編集してアップロードの繰り返し。昨年はこれに精根尽き果てた。

いつしか某メーカーの販売促進活動してます。私はメーカーにもあまり出来が悪いとかはとにかく言わないように気を付けていましたのでまさしく忠実な犬ですよね。

まわりじゅう同じことする人だらけになりました。それもエスカレートする一方。

メーカーがやればいい仕事を代わりにやっているだけです。

一方改造して塗って作ったところでスピード感もないと動画での価値も薄れるんじゃないかと心配が生まれてきたり。これが一番苦しい。

 今はなんと無駄な心配だったのだろうとの結論に至ります。

 自作フルスクラッチなら期限にとらわれない。ネタは無限に存在する。彫刻の技術はゆっくり上げて行けばいい。

ギラドーガ開始の時を思い出しました。

ということで、動画の配信ペースは減りますし遅くなりました。

そして発売日が全く関係ないくなりました。

さらに自分のペースで作れて楽しいです。楽しい時間は2時間/一日確保します。

一作一作に自分なりの新たな挑戦が盛り込まれます。

明らかに素組とは違った充足感に満たされています。筋肉モリモリの造形の時最高ですね。寝るの忘れて朝5時までやってたことあります。もちろん土曜の夜ですが^^;

ま、楽しめていますよ。

 

しかしながら、いいことづくめではありません^^;

デメリットといえばデメリットもあります。参考までに。

これまでガンプラを期待していた視聴者さんが大勢いらしたので自然と離れていく人もいらっしゃいます。

視聴回数の低減によりYoutubeの再生数の低下はすすみます。新規動画24時間の再生数はこれまでの1/6ほどになりました。

しかし、同じように収益が減るのかというとそうでもなく、これまでの動画の資産があるのか半分以下にも減ってはいません。

ガンプラの積みがこちらをにらんできます。何とかせねばな。部屋も改造したいところです。

広告

たった一つのことで始まったこれまでのフィギュア製作の3つの結果より記事を

スカルプティングを切っ掛けとしたフィギュアの製作

もうそのままですよ。スカルプティングという言葉すら知らなかったんですよね。この言葉を知るのは実際に一体目の素体さん1が完成することで知りました。それまではYoutubeの動画でアズマンさんの動画をみてすごいなぁと感じただ、真似して作ってみようというものでしたね。アズマンさんの動画を見た事が一つの事です。

一冊の本から

そう、その後作っていくと自分の作ったものとフィギュアを製作するうちに自分の考えがどんどん変化していきました。どんな考えだったのかを今思い起こすとあまりにも恥ずかしいんですけど、素体となるものが出来上がる→複製のシリコン型を作る→ロックポリパテを流し込み素体を量産。その素体を切ってつないでポージング→服の造形を行って同じ大きさでいろんなキャラクターを製作する。

こんな考え方だったんですね。

ところがただ「素体さん1」を製作した時に自分のつくった素体がちょっと違う気がしました。バランスというかなんとも魅力のあまり感じない形に出来上がってしまいます。

そこで専門の本を一冊読んでみるといいのかもしれないと思いこちらの本を購入いたしました。

アフィではないので遠慮なく踏んでいいですよ^^

最初はこの本だけで全部わかるんだろうと思っていたんですよね。ところがところが、

一体のフィギュア素体

この本には著者の様々な作品の一部が掲載されています。そして作例として作っていくさまが詳細解説されている例が3つほどあります。男性の立ちポーズ表紙の絵一番左にある男性像と次にポージングした女性像中央ですね。

この2つの作例のうち男性像を作りました。動画に出さなかった三作目がそれです。ムキムキのリアルな男性像です。この時にフィギュアの上から下までの長さとバランスはどうやって導き出すのか、芯を針金で作り土台に固定することがいかに大事なことであるか。そして肉の盛り付けと形の出し方の基礎が学べました。もちろんいまも何度も見直しています。

とにかくあの3作目インダストリアルクレイのマッチョマンが私の最も最初のスカルプティングと呼べる作品となったんですね。

海外のスカルプティング動画を見たら。

もちろん私もYoutubeでこれまでたくさんの動画を配信してきたのでそこから得られる情報はとても有効であると信じております。それゆえ出来る限り多くのスカルプティングの動画を見て作り方を学ぼうと検索をかけまくりました。スカルプティングでヒットする物を片っ端からです。

当初キャラクターものを簡単に製作するにはどうすればいいのかだけを考えていたのですが、もうすでにこの時点ではキャラクターなどはどっか言ってるんですよね。どうすれば形を出すことが出来るのか、どんな素材の粘土が適しているのか、芯に何を使うか、どんな芯をどういう形にすると効率よく作ることが出来るのか。自分に合った作り方をしている人は配信しているのかを見て回ったんです。

そこには到底私の到達するレベルの物ではないのですが、素晴らしい作品の数々が見渡せたのです。

まずはアナトミーだ。解剖を知らなければ形は出せない。と。

ということで次の美術解剖の本はこちら。

↑ この本は筋肉と骨の形が解ります。そしてさまざまな動きや形、いろんな状況の写真が掲載され3Dキャプチャされた形の解りやすい図や解説図も掲載されていました。これは素晴らしい本です。

海外のなんとも素晴らしいブルースリーを作っている人の動画や、アメコミキャラを作っている動画を見ていたら骨と筋肉から作っているじゃないですか。

で、私もこの本を何度も見ては作ってを行ってまいりました。そしてまたその動画を見ていたとき筋肉の貼りつく順番がある事に気が付きます。その配信している人もちゃんとこの美術解剖を読んでいるのか知らないけど解剖を知っているからあの場所にあの筋肉この筋肉の順番で乗っけているということが解りました。それが自分でも理解できるようになった瞬間「あぁ!やはり自分の進んでいる勉強の本筋は間違っていない。これでいいんだ。」と

まずは場所と形、構造の仕組みを知る。そして大なり小なり薄いとか厚みがあるとか広い狭い薄い濃いなどあとから付ければいいのだ。

さて、この道筋は大まかですが、自分の考えは最初浅はかでありました。一個作って複製してそこに変更点を加えて完成させればいいとだけ考えてしまっていました。ところが、形や魅力がない事に気が付き、本を読んで実際に作品を作ってみてスカルプティングの扉を開いた、さらに海外の動画をみてアナトミーから知らなければ語れないことを知り、今そこの実践を行っているところですね。

少ないかも知れませんが私の作るガンプラを期待されている人がいらっしゃると思いますが、すみません。いまスカルプティングの道にどっぷりです^^

SteamでAC7を購入

昨夜初めてスチームというポータルサイトでエースコンバット7を購入いたしました。

久しぶりのゲームです。ネットワークゲームは数年前やっていましたが引退後Youtubeにガンプラを投稿し始めました。いあy、Youtubeやり始めたからネトゲ引退したんだっけな。

今はコンシューマゲームもプレステやXboxでやらない時代だそうですね。スチームという管理アプリ?からアプリとパッチをダウンロードして使うのだとか。それを聞いて心躍りました。

自分のPCで出来るんならそりゃ金だけ出せば出来るってことで、わざわざ専用端末機を買う必要がない。

今の自分のPCのそこそこの性能があるから余裕で動くだろうということで2週間前から36コントローラーを買ってアプリを買うことを決意して待ち構えていたわけです。

昨夜帰宅後早速スチームにアカウント登録し、AC7のバナーをクリック。今思えばスクショ撮っておけばよかったんですけどまぁダウンロード時間が長いのなんの。17mBpsだっけな。おっそい。すごく遅い。

表示では「1日かかります」表示でした。_| ̄|○ il||li

海外サーバーからのDLではありません。日本サバからのDLです。

どうやらトラフィックの集中による遅延が疑われます。久しくゲームのパッチダウンロードには時間が掛かっていたことを忘れていました。発売が昨日今日ならそれもあるんだろうと。

ここは仕方ないな。乗り始めたんだから最後まで待つしかないと途中で放り投げずにPCつけっぱにしてスタプラの製作続きをしてまいります。さて、12時を過ぎそろそろいいかなと見てみてもなんと1/4も終わってない。

1時ころもう一度確認すると徐々に伸び始めAM2時にダウンロード完了。最初のプロローグの映像だけ見て寝ました^^;

スクショでも撮っておけばよかったかな。

今夜はAC7で大空で暴れまくってやる^^

夜な夜なスカルピー粘土

そのままですが、今スカルピー粘土を夜な夜なこねて遊んでいます。

解ったことが数点ありまして、自分の備忘録として日記に付けておこうと思いました。

スカルピー粘土はベージュのスーパースカルピーと灰色のグレースカルピーを持っています。

グレースカルピーは1個丸侭のこってて、スーパースカルピーは2個なので1.5㌔くらい在庫を持ってます。これが尽きるまではフィギュア作りに専念できそう^^;途中で飽きるんでしょうけども。

さて、先日のラジオ動画にも登場した素材ちゃんを見本に一回り大きく作った素材さん1と番号を振っておきましょうか。

この素材さんは、素材ちゃんを見ながら作ったのでその時は顔やヘッドの形状は丸い球体に目の窪みと鼻の点を乗っけて適当に行いました。全く気にもかけていません。

まぁ、見本を見ながら作るってのは楽なんだなぁ。

まったくのゼロから作るのは本当に自分の中のすべてを出し切って作ってもろくな結果にならず只の遠回りの第一歩となります。それがいいか悪いかは場合はぞれぞれだと言っておきましょう。

今回は素材ちゃんがその先生でした。素体ちゃん1が出来ました。

さて、次のテーマは個体キャラの確定ともなる顔ですね。顔!

人形は顔が命と言われますわ。例えば雛人形はモデルが居るわけでもないでしょうし過去のフォーマットが同じようなものでしょうから色付けの段階前でとうに決まっていると思われます。推察ですけども。

そこでフィギュアの顔だけを色々見てまいりました。

見すぎてどれも同じに見えてきた・・・。

そう、同作品中の顔ってちょっとだけ違うけど構造はほとんど同じで髪型とか色で分けていますね。その特徴をとらえて、いや、むしろ特徴を前面に押してないと何のキャラなのか解らなくなります。上手くても特徴が出てないのならすごくぼんやりしてしまっています。下手でもその特徴が出ていればそれだと解って際立つんですね。

というのも人間の見た感じの心理ってこうなってるんだって思いました。一目見てこの人物であることの特徴が一瞬にしてイメージされていて、作品を見た後それに合致するかどうかが重要なんだと思いました。

子供の粘土細工に見えてしまっても特徴が出ているものはそれとわかる、そして下手でもそれがそのキャラだと解るようにする方が大事だということも。

これすごく大事なんだぁ。

いまヘッドと顔を作っていて練習しているところでして。難しい、、壁にぶつかってます。というかまたまた自分の技術の無さに絶望感。

さて、ここからどうやって這い上がろうか^^:

スクラッチの行く先。

写真: 2019-01-06 16.39.38

↑ ツイッターに上げた写真ですね。

塗装から2日かな。まだ触ると手に絵の具が戻ってくるんですよね。

写真: 2019-01-06 16.39.58

↑ こちら塗装から30時間程度。もうちょっと塗りたいんだけど持つところが無くなって待機中。

写真: 2019-01-06 16.40.12

↑ 腕回りはこんな感じ。塗装配色は有ってないような物です。油絵の独特の表現というかこんな塗り方で最後まで。

立体感を出したいので乾いたらもう少し手を入れます。

写真: 2019-01-06 21.18.55

↑ とだゆうさんの影響でフィギュアを作ることにしました。とにかく作らなければなにも前に進めないので手を動かします。スカルピーは在庫がありますしね。ちょうどこの写真の時は首がもげています^^;

写真: 2019-01-07 03.13.23

↑ 手本は手っ取り早く「素材ちゃん」を見ながら作りました。

右腕の付き方が不自然ですがポージング取らせるときにでも修正するしかないですね。動体と腕をくっ付けたあとは脇から下に向けて整えるのが難しいです。

写真: 2019-01-07 03.13.56

↑ 素体なのでこれを複製してやれば今後素体を作る手間が省ける?なんて考えてしまいます。練習するなら素体を数作るようにするべきなのでしょう。

女体って大変ですねぇ。(いろいろ気づかいします^^;)

ラジオ動画にアップしますね。

暮れと正月の私の記録

昨年暮れは事情があり、奥さんの実家で過ごせなかった。が、今年は違って満喫しました。滞在中全日で快晴だった。こんなことなら冬キャンプしても良かったかもと後悔したけど、充実した買い物と4体素組もしたのでそれはそれで満足感もありました。素組した物は動画にあった通りのものです。

写真: 2018-12-30 14.10.00

↑ とだゆうさんとお話をした後に買ってきたプラモを作り始め。

SDのユニコーン。ガンダムマーカーで塗り分けできそう?なんて思ってたんだけどとてもあんな入り組んだところにペンは入らんと言うことと中途半端に透明パーツがあって塗り分けにホワイトを使わなければならない。シールはあるけど剥がすと紙が剥がれ出るホイルシール。塗るなら帰宅後で環境を整えて気合い入れて塗らねばならないハードルの高いキットであることが解りました。あるよね~子供が騙される感じのキットの代表。カッコイイしSDだからと組み立ては簡単でも仕上がりを求めるとハードルが高い奴。シールの位置決めもきわめて難しいぞw

写真: 2019-01-01 11.57.59

↑ 次の日。おちょぼ稲荷神社へ向かいました。人ごみの中をゆっくりと歩いて行くと鳥居が出てきます。ここで一旦10分ほど時間待ちをします。ちゃんと警官が立ってて侵入規制されていますよ。この先でお供えに御揚げとろうそくを買ってもう一段階の規制線があります。そこで5分ほど待ち、はれて神前に向かうことが出来ます。お参りを終えたらお店にいってお楽しみw

写真: 2019-01-01 12.41.47

↑ 大学芋のお店で芋を買う。お土産です。

写真: 2019-01-01 12.43.43

↑ 金ぴかのおじさんの串カツの店です。が、あまりにも人が長く行列で並んでいるのでここは諦めて斜め前の店に行って食べます。

写真: 2019-01-01 12.51.32

↑ こちらもそんなに変わんないでしょう。どて煮と串カツを食べました。合わせて6本でお腹いっぱいです。

写真: 2019-01-01 17.26.55

↑ さーて、帰宅後暇だったので4個めのガンイージを作ります。(他2体はこの前日の夜に作ってしまっていました。)REなのでサクサクできそう。

写真: 2019-01-01 17.27.01

↑ おっとこれはセリアで買ってきた道具入れ。

写真: 2019-01-01 17.28.07

↑ 一応素組で使うべきものを揃えて持参しています。素組に関しては自宅で作るレベルと変わらないものが出来たので次の機会でも同じことをしたいと思います。

写真: 2019-01-01 18.22.26

↑ スーパーギャラクシー全切りカッツを終えてin紙コップ!

写真: 2019-01-01 18.23.07

↑ ゴッドハンドも持参しております。

写真: 2019-01-01 21.27.22

↑ ハリセンちょっぷ。

写真: 2019-01-01 21.32.46

↑ 二時間ほどゲート処理もしながら丁寧に組み立てました。いつでも塗装開始が出来る状態での素組です。胡坐描いて作っているので少々しんどいですね。

椅子に座って机の上で作るほうが疲れませんね。

写真: 2019-01-02 12.27.33

↑ 次の日。二日の昼。どうしてもこのマル源ラーメンが食べたくて。

写真: 2019-01-02 12.58.28-2

↑ 散歩がてら公園で木やベンチなどの観察写真をスナップ撮り。

写真: 2019-01-02 13.00.12-3

↑ 散っている木の枝ぶり。樹種によって枝の出方がこうも違うとは。本屋さんに行きました。が、開店時間まで時間がまだ早かったみたい。13時開店とのことなので↓

写真: 2019-01-02 13.15.35-2

↑ 岐阜金華山の金華橋。麓に公園があるので本屋さんが開店する時間までここでも写真撮って観察したいと思います。

写真: 2019-01-02 13.15.56-3

↑ 鵜飼の舟でしょう。良い佇まい。

写真: 2019-01-02 13.18.39-3

↑ 巨大な構造体を見ると萌えますなぁ。

写真: 2019-01-02 13.22.43

↑ 国歌の中に「さざれ石」はこの石のことです。ここの石が謳われているわけではないと思いますが、さざれ石はこの石のことなんすよね。

写真: 2019-01-02 13.25.28-2

↑ 灯篭。でかい。後ろにあるゲートは水害時に閉ざされるゲートです。昨年は水害氾濫のギリギリでしたよね。

写真: 2019-01-02 13.28.34

↑ 橋の上に上がると時計塔のモニュメントがあります。バックに見えるのは金華山。

写真: 2019-01-02 13.31.48

↑ 橋のたもとにあるトンネル。古い石造り壁面天井にはつたがびっしりだった。

写真: 2019-01-02 13.33.01

↑ 再び鵜飼の舟。

次の日自宅に帰ります。

写真: 2019-01-03 11.05.40

↑ なんばのtime駐車場。11頃なら余裕で駐車。

写真: 2019-01-03 11.09.54

↑ いつものルーティンな買い物ルートを辿りました。初発はキッズランド。

他 3店舗ハシゴして最後は↓

写真: 2019-01-03 12.15.02

↑ もう一店舗のキャラクターランド。

写真: 2019-01-03 13.09.20

↑ 買い物を終えて風月堂でお好み焼きを食う。

写真: 2019-01-03 13.29.04

↑ なるべく少な目で食べようと家族で話し合っています。他でも食べたいものがあるんで^^;

写真: 2019-01-03 13.53.23

↑ ベーグルでカフェラテとマフィン。マフィンは帰り道のおやつですな。

とまぁ、こんな感じでドタバタとイベント完了です。次はGWだけど、、、

今年のGWってどうなるだろ。

休み過ぎると良くないぞ。

立てよ国民!

働くべし。

新年一回目のブログエントリー_第335回「とだゆう」さんに美少女フィギュアのことを教えてもらった。インタビュー動画。

もう10年以上前からお付き合いのあるモデラーとだゆうさんと愛知のタムタムにて合流。大晦日の忙しいときにお会いできて大変ありがとうございます。

本編動画として発表しようと思ったのですが、絵がない動画なのと出先での編集能力の低いPCではとてもできなかったのでいったんラジオ動画にて発表とさせてもらいます。

とださんごめんなさい。また次の機会にもっと詳しく資料も写真もご用意させていただいた上での動画を作りたいと思います。

さて、内容は美少女フィギュアの製作からトレフェス参加と販売撤収のお話が中心となっています。興味のある人はご参考になるかと思います。

私もフィギュアはいまだ作ったことがありませんが、あ、ギラドーガをフィギュアだと言ったら言い切ったらそうかもしれませんが人物じゃないですしね。

粘土こねて遊びたいのは変わりません。将来的にC#やトレフェスワンフェスに出るつもりはないとしても聞いておくことは大事なのでインタビューさせていただきラジオ動画にさせてもらいました。

ま、粘土こねて作品作る動画は今後やっていこうと思っていますよ。うん。いつになるかはわからないですけどね^^;

本当はキン肉マンシリーズとか作ってみたいんですけど実力が伴わないんですよね^^;