角瓶ジャケットの製作動画配信はこの後すぐ

みなさん一度や二度角瓶を倒したことがあるんじゃない?そんな悩みを解決します。

角瓶ジャケット001

これ。角瓶ジャケットとかウッドジャケットと呼ぶことにしました。流行ればいいな^^;

もともとはモップさんというAFV系のモデラーさんに10年前くらいにコンセプトを教えてもらったんですよね。いまここに動画で紹介します。

1つだけだと倒れやすいが2つ合わせると重量も倍になるし、底面を広げるとさらにその心配は減ります。

ということでダイソーで材料を揃えてしまえば簡単に製作できるようにしてみました。時間短縮の為接着剤は瞬間を使っていますけども木工ボンドもおkです。

見取り図

↑ 出来上がり図

三面図

↑ 展開図

02

↑ 木取りまで入れた図

どれも百均の材料で終始できます。

スクリーンショット 2019-05-17 10.14.09

↑ コーヒーのコーナーで売られていると思います。ウッドスティック、アイスキャンデーの棒ですね。

スクリーンショット 2019-05-17 10.15.33

↑ こちらは園芸コーナーで売られているネームプレート。幅を稼いだり組み合わせで幅を調整します。

無くてもいいかもしれませんが寸法の微妙な組みあわせに幅がひろがる?まぁ、100円ですし^^;

iglooDOM004

↑ 木取り部材カットのあと。

あとは図を見ながらそれぞれを接着していくだけです。詳しくは動画をごらんください。

まとめ

  • 1、作るための瓶2本分の寸法を計っておくこと。
  • 2、ウッドスティックの幅と底になる部分の幅は組み合わせで調整。カッターで幅調整で切ることもあります。
  • 3、接着瓶は1個だとこぼしてしまうかもしれないが2つだと大丈夫。
  • 4、100円ショップのウッドスティックと瞬間接着剤で出来る。
  • 5、塗ってデコったらカッコイイ!

角瓶てのはどれも同じ大きさだと思ったら違うんですよね。もしかするとロットによっても変わるかもしれませんので

作る前に一度は二つ合わせた状態で計測してくださいね。

 

これで組み立て中にひっくり返す心配もなくなります^^

 

レッドフレーム改の抽選は18日の24時から始めます。ライブでも出来ればいいんだけどまだ環境は整っていませんのですみません。

広告

最初の動画は素組動画でいい。

動画を再生してもらいたいならこれしかない。

ほかの情報系でいち早くメーカーサイトの写真をパクッて発売情報をだしたりする人もいるらしいのですが、私はモラルに反してると思うのでお勧めしません。

とにかく宣伝データでもパクっちゃダメ。「著作権フリーで商用利用してもいいですよ」ってんならいいけどそうでないものは運営に通報されたら削除対象です。悪くすればBANになってもおかしくありません。

今後にどんなことが起こっても対処できるように常に襟を正しておくことが大事です。映画音楽コンテンツなども一部を切り取って使うこともダメだからこれからやるのならよく理解して気を付けましょう。

次はガンプラ動画の作り方を話すことにしましょうか。

第301回 グフ フライトテストタイプの塗装計画 記事に写真とイラストもあり。

↑ 塗装計画として一旦トレースして光と影の色分けを描いてみました。

正面の絵はまだ調整すると思います。背面はこれでいいかな。

ipadのibisペイントというアプリで処理しています。

 

昨日ツイッターでリプライっての?に「今日」さんという模型の講師をされている方からコメントを頂けました。アニメ塗りのまとめのリンク先を教えていただきました。貴重な方法が詳細に記されていました。私が目指している塗り方の先生だった^^;欲すればその先生の姿が見えました。

さて、考えのまとまったところでやはり一旦2Dで計画をすることにします。

自分の塗りたいもの塗りたい線を明確に解りやすくしたあとで出来るだけそれにしたがってやっていくことにしてみます。

ということで昨夜は絵を描いてばかりでした。

 

2018-10-02 21.15.14 | by PORT/32

↑ まずは正面右斜めから左上からの光を当てた写真を撮影。これはトレースの骨組みとして使う写真なので陰影を参考にするというより輪郭の為の写真です。

 

2018-10-02 23.37.01 | by PORT/32

↑ 計画として書いた一枚目。どうしても正面の絵から始まるものですね。背面の絵の方がアニメ絵として上手な気がするのは容量が得られたからかな。

レイヤーの枚数が背面と正面では倍ほど違う。

2018-10-03 01.59.20 | by PORT/32

↑ 背面につかう写真

2018-10-03 15.46.45 | by PORT/32

↑ おお、ダイブ陰影の影の付がそれらしい影になってきたわ。これだろうな。

自分の目指すアニメ絵塗りはこれだわ。これに従って塗っていけば同じものが出来る。

正面の絵は描き直しですね。

ということでこれにしようかな。

2018-10-03 17.32.38 | by PORT/32

線画が出来ていればちょいちょいとレイヤーを重ねれば簡単に出来ました。これは便利だ。良いことに気が付きましたね。レイヤー複製して上に線画を置いて下に敷いた色レイヤーで塗りって行くとすらすらやれました。

また修正するかもしれませんがそれも苦にならない。でも、実物にぶっつけでやるよりはよほど楽ですねェ。

ワカメ影バリバリやろ?

ここ最近の動画のサムネイルはちゃんとした一眼で撮影

↑ 海外からのコメントへの返信についてお話していたのですが長くなりすぎてカットしました。

また今度の機会にでも。

2018-05-24 22.17.42 | by PORT/32

↑ このところのサムネイルをシステマティックにしてみたいと考えてそれなりの機材で撮影していますけど、ほぼ同じことしてるので規格化できないかなと。

ライトルームのバーションアップでもう弄らんでもええかもしれんというくらいプリセットが充実しててインスタとかこんな感覚で投稿してるのかと思ってみたりもします。が、そうじゃないんだろうなぁ。

LRはCCで年間契約というか月間1000円課金のやつね。サブスクリプションの奴だとアプデが来てiphoneやipadでも現像同期が出来ます。出力も可能なので出先でも使えます。

2018-05-23 21.35.15 | by PORT/32

↑ モモカプルは全体を入れても大してボケが少なかったので楽でした。

現像してこのブログにアップロードするまでの手順は現像→CCへ送る→ipadでチェック→ドロップボックスのカメラアップロード→写真投稿用フォームへ入れて→ブログアプリへ再度ドロップするという何とも複雑な経路を経ています。

2018-05-23 21.34.35 | by PORT/32

↑ カプルはもっとバリエーション展開するでしょうね。パーツの組み換えが簡単な仕様になっていました。ま、プレバン送りかしらん?

2018-05-19 21.22.51 | by PORT/32

↑ さてこちらの写真は銃口の下にあるキラキラシールをもっと動画に出しておけば良かったとちょっと後悔していたところの写真です。自分の主張をしたいところをちゃんと出してさらには5分程度にまとめるって結構地味に大変よね。

2018-05-19 21.17.43 | by PORT/32

↑ つばぜり合いの両者の戦いは面白い再現シーンのはずです。

海外の動画と日本の動画の差を感じました。

日本のYoutube動画は閉鎖的なのか?

2018-05-19 21.06.22 | by PORT/32

↑ 浮遊感もあるグリモアRB

 

このところ一週間一日一本上げ続け解りかけたことですが、どうも無駄に働かされてる気もする。毎日投稿が嫌になたわけじゃなくましばらくは続けるんですけどちょっと解ってきたこともあります。

夜寝る前に投稿しての毎日も悪くないものですが、ずっとは出来ないですね^^;仕事の都合で変化します。

さて、海外ものの飛行機製作動画とかちょっと嵌ってて夢中です^^

日本ではガンプラ意外で継続して模型製作してるのってあまり見ないのですけどたまにいらっしゃいますけどそれはそこそこ理解できる範囲です。

ジャンル固定でのchはあまり見かけない。何かしら企業や有名人が絡んでいるとかあっても、単発の作例とかばかり。ずーっと継続した完成までの系統だてた動画chはいまだない。こんな形式は殆どガンプラジャンルだけです。手を付けやすいんでしょうけどね。

二年前本気でスケールものをシリーズ化した製作chを作ろうと思っていました。あの頃からシフトしていたらどうなってたんだろう。ch登録者数は今ほどは無いにしても海外へのアピールとかしてみたいものです。本当のところ日本の枠の中から飛び出たいんですよ。見えない壁に包まれている感じがします。なんなんでしょうねなんだかすごく勿体ないですよね。日本のハウトゥ物の動画はなんでこんなにも閉鎖された感じの殻の中でちまちまやってるんだろうって気になって仕方がありません。ネットの中で壁を感じるんですよ。

海外のそれは全くもってオープンに感じる。

じっくりと取り組む

花粉症にて鼻声酷過ぎでラジオ動画収録できませんでした。

IMG_1413 | by PORT/32

↑ ギラドーガの銃火器のラフ画を描いてみるんだけどグリップは下には付きません。自分で書き加えています。近藤版のギラは本誌のなかでは左腕で吊り下げる。

右手は水平に竹刀を握るような形になっています。

あとは複雑なディテールが加わってて後方のグリップでは何かのカーモデルのエキマニが使われているとおもうデザインです。新MS戦記の作例写真より観察の上ラフスケッチしました。

もう少し簡略化してキャスト出来るくらいにすること、一目で見てもギラドーガのあれだと解る程度のアレンジ。それと追加のディテールアップは最小限にとどめること。そんなコンセプトでやります。マガジン弾倉はエアクリーナー?かなぁ。銃全般ほぼ自作でしょう。

シュトゥルムファーストと手投げ弾も必要かな。ちびちびとデザインしませう。

IMG_1414 | by PORT/32

こちら大量に必要になる肩スパイクとシールドのスパイク部分。それとバックパックのダースチョコのところ。昨日ダースチョコまでは出来上がりましてシリコンまで流しました。結構なスピードだぞ~

IMG_1416 | by PORT/32

↑ シリコーンは三つとも流しています。今朝抜き取ってみました。まずまず。

今日はキャスト抜きつつ銃器類のデザインでも描こうと思います。

新規動画を一本アップロードしてみたいんですけど前回ラジオ動画でも紹介しましたけど新しい動画ソフトを採用してみたんですよ。これがまだまだ慣れていないので普段の動画とちょっとちがうんですよ。

どう変わったかというとちょっとだけ派手になりました。

ただし、これまでナレーションでしたけどナレーション入れてないので全部ライブ撮影。ライブ撮影のいいところはライブだからそのままなんですね。ところが一発どりです。

後の変化はありません。ここが悩みどころなのですが、私のchの動画はほとんどをナレーションで一本上げています。ライブ音声で出したほうがいいところはライブの音を採用しているんですけど音声の大きさに差がでやすいこととその時の気分や作業集中の緊張であまりに声量が細いことが多々あります。

やむなくナレーションしています。

ナレーションが上手くいくにはどうするかですが、一本ほぼちゃんとしたのを作ります。

ナレーションはないこと前提でね。その後一回か二回自分の動画を見ます。これ結構つらい。赤面しながら再生見ているんですよね。

そしてiphoneにDLしてそれを見ながらマイクでボイスレコーダで解説ナレーションの音声を収録しています。

もう一度編集ソフトにナレーションファイルを挿しこんで音合わせした物を出力するという手間なんですね。これ一発で上手くいけばいいんですけど自分の動画を繰り返し見るのって時間はかかるし寝る前だと辛いものがありますな。

鼻声のおっさんの声なんて聴きたくないですよね。

こんど収録しちゃうけどお許しください。

iphoneの動画アプリのファイルがー

あーもう、もどかしいです。動画の中のファイルがどっか行っちゃったんですよね。

収録二日分が消えてしまったようです。

 

ゴッグ完成しました。完成動画を明日か日曜かにお出ししますので大したものでもないのですが一応、写真も控えておきますね。

 

今日のメインはこれです。すしりくに続く私のお気に入りch紹介です。

この人の動画おもしろいです。

インドの各種屋台販売の食べ物を紹介しているのですけどこれがまぁタイミングピッタリのテロップが面白い。

ケチャップジュジューとか辛いのブジューとか塩塩塩塩とか音のオノマトペがまた絶妙。

うちの動画ではあれが面倒なんで数回の動画に一回あるかどうかですけどふんだんにテロップが入ってて面白いですね。それとインドの食習慣というか何でもかんでも辛いという雰囲気は解りますが、以外にもチーズが多用されていることが解ります。ここにいま紹介した動画だけでなく他にアップされているこの人の動画にはチーズがふんだんに使用されている料理が出てきます。

私、インドには行ったことがないのですけど聞きしに勝る食文化でございます。

それにしても面白い食べ物が多い^^;