結局まだ追加

↑ 今日は久しぶりに黒板でお題も再開。

2018-04-26 11.48.56 | by PORT/32

↑ シリコーン型を反面終わりました。使用しているのはダイソースチレンボード。厚みは7mmとか?のものでコニシの透明なボンドでくっつけています。小さいパーツはこれでいいのかも。

2018-04-26 11.49.29 | by PORT/32

↑ 偉そうにも二面型をやる。底面はカッターで切り取る。

2018-04-26 11.49.38 | by PORT/32

↑ 詰め込んだ油粘土をほじくり出す。

2018-04-26 11.51.03 | by PORT/32

↑ 原型の裏が見えました。これはボタンの裏であります。この曲面も欲しいので二面型にしてみます。しかも上部から流しこむかたち。

2018-04-26 11.53.12 | by PORT/32

↑ シリコン17gに0.7gの硬化剤なんて測れねぇw

反面をシリコン流しています。このレジン型合計4個で一体分なので今後のパーツとしてもどれくらい有用なものなのかちょっと考えているんですけど4個抜いて新規型に複製効率上げてみようかどうしようか。

話は変わりましてギラドーガ製作では固定ポーズとしてじゃんじゃん固めていく方針にいたしました。腕は完全に固定されました。肩の位置とか高さなどを本日煮詰めてこれも固定させようと思います。胴体のひねりと位置を決定し針金で穴を通して固定させることにします。外すことはできるがその場所に戻せる固定ポーズにします。

広告

パーツ処理して接続し始め

↑ 流石に2時過ぎのラジオ動画は疲れきった声をしているなぁ。お聞き苦しいかも知れません^^;

2018-04-25 02.08.09 | by PORT/32

↑ バラバラだったパーツに軸うちして針金を通しているところです。普通にタチポーズが出来るようになりはじめました。まだまだ不安定ですが、ポージングが決まればそれぞれ関節部分で固定していく予定です。

2018-04-24 23.58.27 | by PORT/32

↑ こちらマシンガンを強引に構えさせました。マガジンを装填していない状態なのでちょいと変更になる可能性もあります。いつもの回転台がこんなに独り占めされている。いかに大きいかお分かり頂けましょうか。

2018-04-25 01.16.39 | by PORT/32

↑ カッコよいではないか。お腹のゴムバンドがまるで腹巻ベルトのようだよ。

全部で3個作る予定ですが、全部同じポーズってのもおかしなことで、それぞれ行動中のシーンを並べたいところです。撮影は外で行うとしてそれまでに撮影の練習も行うってことで。

一個目のギラドーガはとにかく完成した感じをつかむためにあまり変更を加えずノーマルのデフォルトに近い状態を作っておきたいと思います。2つめ3つめで何かアレンジでしょうか隊長のブラウン機のヘッド形状に変更してみたり細部にディテールを追加してみたり。ツェメリットコーティングやら、装備品にネットを取り付けるとか。

一個めと二個めで随分違う雰囲気になってしまうかもしれませんよね。まぁその辺は大目に見てもらいましょう。と随分先の未来的な話ですが、覚えていたら「あぁ、こういうことかな」程度で済ませてくだされ。

昨日のツイッターで全パーツ抜き完了の私のツイートでしょっぱな「いいね」ボタンを押してくれたとだ・ゆう様。ありがとうございます^^

ディーラーって大変なんですね。まだまだ経験不足なのですがその苦労の端っこを知りました。こりゃ一連の作業はまじ大変じゃのぅ。

昨日はシリコンからレジンから

2018-04-22 15.12.49 | by PORT/32

↑ 動力パイプもレジンに置き換えることにします。

自分では無謀な気がしますけど、案外うまくいくかも。

2018-04-22 15.24.34 | by PORT/32

↑ いつものように気泡を意識して筆で一層目を作ります。

後はドバーっと、かつての刻みシリコンを投入します。

2018-04-22 17.00.43 | by PORT/32

↑ 硬化が確認できたら裏返しの粘土を除去。

2018-04-22 17.15.27 | by PORT/32

↑ 残っている油粘土のカスをお湯で綺麗に取り除き分離剤を塗ります。

2018-04-22 17.57.17 | by PORT/32

↑ シリコーンの高さを若干超えるブロックを乗せて計算したシリコンの量を注入します。

2018-04-23 01.43.45 | by PORT/32

↑ 両面の型が取れました。

これで最後のシリコン型となるはず。股関節の芯がありますけどあれはプラ板で適当にやっても見えないところだからシリコンの費用を考えるとやらなくていいや。

残り1キロになった。ほんまシリコン月刊だった。

2018-04-22 23.10.00 | by PORT/32

↑ これまでレジンをサボ手たのでその分も注入しておいたよ。レジンに最初から着色されたもの(グレー)を採用しました。これで混和前の一手間が減ったので作業に余裕が少し出た。左からシールド2枚。機関銃の芯とスタビライザーケツが三個。マシンガンのマガジンウケの羽根が三枚。首の動力系、ヘッドセットにハンドパーツ3組。

量産できるってなんか至福ですね。

2018-04-23 01.43.56 | by PORT/32

↑ 袋詰めにしておいて一機分のパーツが解るように分類。

さて、動力パイプのレジンが完了すれば組み立てに入ります。

本編動画の方はこの辺で一本ナレーションベースで経過報告的なものを上げることにします。昨夜3/20日からの撮り貯めた物8時間分を10分程度までにしました。動画は出来次第公開します。

各所切ったり貼ったりをして一体出来上がったところで一息。思ってたより時間の経過が早い。来週もうGWですやん。

ドムトロのサフ・ラジオ動画・シリコン型・アーバレスト・グレンラガンヨーコさん・リボルテックのヘルダイバー等

 

ダイジェスト過ぎな・・・。感じですけど今日のラジオ動画は久しぶり。

2018-04-21 01.27.21 | by PORT/32

↑ ギラドーガの機関銃 の部分もいつでもレジン流せますのところで一旦ストップ。

2018-04-21 01.27.42 | by PORT/32

↑ 昨夜完了させようと思っていた小物パーツセットですが、バックアップ用石膏が足りなくなって友人宅へ調達中。

2018-04-21 01.27.55 | by PORT/32

↑  ドムトローペンはエラーチェックの後、二回目の処理と洗浄を終えてサフまで。今夜から彩色してまいります。

 

2018-04-21 01.28.35 | by PORT/32

↑ ヘルダイバーが届きました。武骨でカッコイイ。イングラムとは違う。こっちのがワシにピッタリじゃ。

2018-04-21 01.28.46 | by PORT/32

↑ グレンラガンに登場していたヒロインのヨーコさんです。カップヌードルのストッパーとして使えるそうです。UFOキャッチャーの景品ですね。

2018-04-21 01.30.56 | by PORT/32

↑ これはいい。

2018-04-21 01.31.29 | by PORT/32

↑ さすがはヒロインです。

2018-04-21 01.31.33 | by PORT/32

↑ ブーツの作り精密になされてて景品とは思えないほど。

2018-04-21 01.31.44 | by PORT/32

↑ ヨーコさんはスタイル抜群系のヒロイン。もう一人「ニア」という主人公の恋人のヒロインもいますが対照的なキャラでした。

2018-04-21 01.31.55 | by PORT/32

↑ どうやって飾ろうかな。しばらくはこのままカフェタイムのひとときに一日の疲れを癒して貰いましょうかね^^;

家族に見られて変態扱いされないだろうかなどと些細な心配をしてみたりと心躍ります。

子供と楽しむ屋外撮影その1ラジオ動画は第247回 ショルダーアーマーとバックパックのレジンキャスト

 

DSC02890 | by PORT/32

↑ 車に機材を載せて息子と二人で河原で撮影してきました。

DSC02891 | by PORT/32

↑ 狙うは逆光の夕焼け頃を選びます。雲も多いのでちょうどいい光線を狙えるでしょうか。

DSC02893 | by PORT/32

↑ ザクⅡc5型の塗装完了のあとです。黒い板はMFDのブラックボード

_DSC6084 | by PORT/32

↑ こちらは先回のほうのザク2C5。アクリルと油彩の仕上げ。

_DSC6100 | by PORT/32

↑ 構えさせて斜め上からの撮影。良い背景が欲しいところですが、開放でぼかしてもコンクリートの直線の感じが出ますねェ。

_DSC6102 | by PORT/32

↑ コンクリが入らないように目線を下げて行く。ライフルの先までピントを合わせて絞りたいところです。

_DSC6112 | by PORT/32

↑ 構えの構図はこれでいいとして、背景にもう少し気を配らないとね。

_DSC6119 | by PORT/32

↑ いい感じの太陽の陰りです。白バックに近い。

_DSC6123 | by PORT/32

↑ 足のディテールもはっきりクッキリ出てきました。

_DSC6139 | by PORT/32

↑ ホワイトバランスで若干のオレンジも加味。

DSC02896 | by PORT/32

↑ これはコンデジで色を極端にオレンジに傾けた写真です。広角でとると違った趣で且つ迫力もありますね。ただ、背景ボケしないので現実感が一気に出てしまうね。

_DSC6147 | by PORT/32

↑ MS同士のお肌の触れ合い回線でコミュニケーションをとるザクというようなシーンで。

_DSC6161 | by PORT/32

↑ ピントか所を手前ザクの目で合わせたところ。奥行き感あり。

_DSC6169 | by PORT/32

↑ 自然光白バックのディテールもなかなか良い。しかしアームが気になりますね。

_DSC6170 | by PORT/32

↑ ここは外でもディティール詳細の表面がクールビビッドで撮影できるかを試してみたところです。いつもは部屋でやっていることなので外でやると自分に野趣が降りかかってくるんです。繊細さのスイッチが入らないのね。自分。

_DSC6171 | by PORT/32

スコープはキャノンの白レンズをイメージングしていますけど私はキャンは使わないんですよね。特に理由はなくて最初からnikon使ってるからというのが最大の理由です。でも今後はソニーの登場も大いにあります。

さて、外での撮影も二回目です。一回目のディープストライカーの時は菜の花が咲き乱れ、人の往来も今日の数倍ありました。今回は子供も一緒にガンプラをもって撮影していましたのでキャッキャしながら遊んでいました。

気が付いたことは、足りない機材がいくつかあります。レフ板忘れていた。ストロボまでは要らない気がします。自然光のうまみが消えそうです。

使うならディフューザーもいるかな。支えのスタンドも欲しいな。

被写体の高さを調整するための道具が必要です。

高さが出ないと結局自分が低くならないと取れませんので地面より出っ張った場所でなお自分は座る形でした。この日は雨上がりで地面が少し湿ってたので弱りましたね。日ごろマクロを外で使っていないのでこうなるんですね。

次から用意すべきものを準備して撮影を楽しもうと思います^^

~まだ続く

シリコーン型からレジンキャストへ

2018-04-13 01.53.52 | by PORT/32

無造作にばらまかれている三色の胴体部分。

2018-04-13 01.54.38 | by PORT/32

↑ 綺麗に並べてみた胴体部分。悩みの種だった気泡も抑えられた方じゃないかと思います。脇の出っ張りを抜くとき心配でしたけど出来て間もないシリコーンの柔軟性もあり上手くいきました。

2018-04-13 01.54.07 | by PORT/32

↑ バックパックの埋没中。今夜反対側を埋めたら明日からキャスト開始。

2018-04-13 01.54.50 | by PORT/32

↑ で、本日キャストし始めたのがシールド。大型で心配の種だった内面のモールドはどうなったでしょう。

2018-04-13 01.54.55 | by PORT/32

↑ 思いのほか上手くいって安堵しました。

ギラドーガ胴体シリコン型抜けました。

固まるのが時間かかるものはやはり製作の時間かかるものですね。覚悟はしていたけど最後までやらないと気が済みませんよね。

2018-04-10 02.19.14 | by PORT/32

↑ まずは突起部分の多い方をシリコンに埋没させています。本日はこちらの見えているところにシリコーンを流し込んでいきます。表面にこびりついた油粘土はお湯で洗って綺麗に洗浄して分離剤を塗って流し込みました。こちらの片面で450gも使いました^^;これで6キロ缶が全てカラになりました。そこで

2018-04-10 22.05.12 | by PORT/32

↑ 倉庫にしまっておいた4キロを取り出してまいります。この4キロで全部終わればいいのだけど・・・。ちょい足りないかも知れない。不安だ

2018-04-11 01.42.40 | by PORT/32

↑ で、一番太くて厄介だと思っているもののひとつですが中抜きでシリコン型はなんとか出来上がりました。

2018-04-11 01.42.43 | by PORT/32

↑ これで中抜きパーツで抜けるといいのだけどね。今夜湯道付けてテストショットしてみようかな。

2018-04-11 02.02.17 | by PORT/32

↑ 完全におまけですがダブルオーライザーの写真。

2018-04-10 02.20.41 | by PORT/32

↑ またもおまけですが同時進行中のザクは細部塗り分けの油絵具の乾燥中。油彩を使う際は手順を注意したほうがいいですね。順を決めて塗り分け部分はラッカーで塗り分けておく方が効率がいいですね。ラッカーだと上にはみ出てしまった油絵具がふき取れるから。今やっている乾燥時間が減ることになりますし。

今夜一本動画を上げます。ダブルオーダイバーの素組動画です。いま新しいアプリケーションに七転八倒四苦八苦で使い慣れようとしています。無駄なテロップの入り方をしているのも重々承知なのですが今後の動画の質の向上を目指した上での使用でございます。よろしくお願いしますm(._.)m