ルプスレクス完成スナップ写真とラジオ動画第126回

IMG_6959 | by PORT/32

↑ うう、赤い光と蛍光灯の光がまじりあってしまってる。

IMG_6960 | by PORT/32

↑ 巨大メイスは銀ハゲチョロで。

IMG_6962 | by PORT/32

↑ 一通りのウェザリング終えています。

IMG_6964 | by PORT/32

↑ ラジオ動画の方でも言いましたけど銀マーカーを応用。

IMG_6965 | by PORT/32

↑ 先端は鋭くさせてなおもとがらせています。

スポンジ迷彩で黒グリーン茶色と三色迷彩らしくしてあります。目立つと良くないので地味な風味にしてあります。しかしよく見ると迷彩なんですよ。これってバランスを取るうえで大事ですね。

銀黒サフ→フラットブラック→ウェザリングマスターカッパー→エナメルブラック(ハンブロール)スポンジチッピング→緑(頒布ロール)→茶色(頒布ロール)のスポンジ迷彩→さらにウェザリングマスターのシルバーで先の方を軽くこすり付け→銀マーカーを爪楊枝に塗りつけた物でハゲチョロを描きこむ。

IMG_6969 | by PORT/32

↑ 手に持たせると転んじゃう。腕のひじ関節がもうゆるゆるなので保てないんですよね。

息子に劇中のカッコイイポージングをいくつか選定してもらってそれを参考にすることにします。完成動画で役に立ってもらおうと思います。

IMG_6972 | by PORT/32

傷もつけたり付けられたり。。。首の蛇腹モールドが雰囲気あるのであれは良かった。腹のシリンダーは下に下げて正解だった。

IMG_6974 | by PORT/32

↑ 目が赤く光るのはUVライトで。肩の赤いところはほんと赤で良かった。

IMG_6975 | by PORT/32

↑ 爪は今も手で触るとチクチクします。銀マーカーで新鮮傷を書き入れ。

IMG_6976 | by PORT/32

↑ 開き手の爪。これもバリエーション作ってもいいかもしれませんね。

IMG_6980 | by PORT/32

↑ あしの泥んこ。下から上に汚れ度を順にあげて言います。若干靴のソールの赤が見えそうで見えない、そんな風合いを大事にしました。ピグメント部分を削ればいいだけです。

IMG_6983 | by PORT/32

↑ あ、額のグレーのところもしやあれはパーティングライン?消し忘れだぁ~><

こっそり直しておきます。ヒミツですよ。

IMG_6981 | by PORT/32

↑ ひじ関節のストレーキは一番力を入れたんですけど先のチッピングエフェクトでだいぶ消えてしまったようです。やはり何かしら下にある塗料の性質も影響していると思いますね。ラッカー系クリアでシャットアウトした上でのエフェクトが一番いいようです。

完成動画の原稿書かねば。長くなりそうですけど(苦笑)

さて、そんなこんなでアンドロメダへ。あれもスピード感を持って製作に挑みます。

あ、そうそう、あれの予約が始まったね。うふふのふー!

ブログ限定ラジオ動画第125回

 

IMG_6943 | by PORT/32

↑ 泥汚れの最中の風景です。

IMG_6944 | by PORT/32

↑ ルプスの時に行った方法とほぼ同じことをしています。この後少し靴の赤いところが解る程度に落としてやります。

IMG_6946 | by PORT/32

↑ 爪の傷を表現しています。

一旦エンピツの芯を粉にしたものを指先に近いところにこすり付けていくように。黒光りさせまして、

IMG_6947 | by PORT/32

↑ 爪楊枝にて銀マーカーの銀をコリコリと付け加える程度でフィニッシュ。

簡単に済ませました。クロームシルバー都下の方がいいかもしれませんが、銀マーカーの便利さは計り知れませんね。

CRD(定電流ダイオード)でLEDを発光

↑ 定電流ダイオードCRDはアマゾンでも売ってるので取り寄せが楽です。

秋月通商でも売られています。電子パーツ屋さんがお近くにある方は是非足を運んでください。

今のところ必要なものはブレッドボード、ACソケット(ピンタイプ使用)、ACアダプター(12V1A)、LED各色、CRD(定電流ダイオード)、ジャンパ線をいくつか。動画中の動作は以上のもで可能です。

IMG_6904 | by PORT/32

LEDにもCRDにも極性がありますのでプラスからマイナスへの電流を守ること。ソケットから出る極性を調べるために、テスターも持っておくといいです。テスターは安いものでも十分で一台1000円しないものも売られています。私のは1200円程度^^;

IMG_6907 | by PORT/32

ブレッドボードに刺して実験です。白と青の高輝度LEDは3.2V20mA定格なので3つから4こまで。4つは多過ぎらしいですね。赤緑黄色は5個直列です。プラス極手前にCRDを置いて電流を制御しています。

IMG_6908 | by PORT/32

↑ ACアアダプタは12V1Aの大きなものなので接続を間違うとLEDが使い物にならなくなるので注意してね。最初は乾電池3本ケースがあるので4.5vで光らせるでもいいかもしれません。それでも抵抗はいくつか用意しましょう。

ほか電源では角電地を使う手もあります。こちらは9Vですので4.5Vで駆動させるよりは大目のLEDを光らせることが出来ます。

これまでLEDを発光させるのに計算とそれに見合う抵抗器を取りつけるのが結構めんどくさい作業だったのですがACアダプタで大きな電流を得られることとCRDは勝手に定電流で制御できることなどから手間がだいぶ省けますねぇ。

今回CRDは本当に便利ということを知りました。

amazonで買えますので、

あ、リンク貼っときますね。↓

ブログ限定ラジオ動画第122回

 

↑ 夜中に撮ると色々しゃべってるなぁ。

IMG_6873 | by PORT/32

↑ アンドロメダの隙間を減らす作戦ですが、昨日ツイッターでも少しだけ写真をお出ししました。

船体が長いものは内部にキールやらリブと呼ばれるものがありまして、バンダイも独自の構造体が仕込まれています。組み立てるときに、これは邪魔になりがちだろうと想像していた通りでこれらの調整をちょっと行うことで何となく解決策が見えてきました。

IMG_6877 | by PORT/32

↑ これは初期の写真ではありませんが、最初に組み立てた時は何らかの挟み込まれていたのかういちゃってたんですよね。このくらい本気で浮き上がってました。内部の電源ケーブルを取り除いても同じことが発生していましたから支えている柱や壁を調整する必要がありました。

IMG_6878 | by PORT/32

↑ 上面パーツを取り除いたところのキール類の構造です。左側が前方に当たります。手前黒いキールも沈まない様に支えとして機能しています。ここを弄ると高さだけでなく位置もずれてしまうため、ピンカット程度で押さえておきます。

IMG_6879 | by PORT/32

↑ その代わりではないですが、反対側の受け側で調整することにしました。ダボの先端をモーターツールで削り取ります。削っては戻し合わせて削っては戻し合わせてを繰り返し微調整を行いました。

IMG_6876 | by PORT/32

↑ するとこれくらいまでは収まります。実は先端部分を沈ませればもっと下がるのですが、波動砲の透明パーツが入るところですのでここまでで限界のようです。

さて電飾を行いますので側面上面色々とやっていかねばなりません。

船体にくっついたそれぞれのパーツはそんなに数は多くありませんので全て取り外して一個一個パーツ処理を行っているところです。昨夜で半分終わりました。今日からあの謎の大型増槽タンクの分割を合わせてみたり、不思議な4本つばさのパーティングラインを処理してみたりと、作業は地味ですが、コツコツ行ってまいります。

この後で発光部分の配置と個数を決めたいと思います。

今日注文していたCRDが届いていたら回路の方ももう少し整理しようと思います。

ブログ限定ラジオ動画第121回

↑ 121回は昨日の昼に出そうと思ってたんですが、どうしても出来ない用事が入ってしまったので遅まきな感じのラジオ動画でございます。

さて、今回路を組んでいる最中です。

そう、アンドロメダの電飾を本気でやるぞ~。って鼻息をふふーっとやりながらブレッドボードにちまちまとLED載せて抵抗載せてどの色をどれくらい入れようかなんてやっています。

IMG_6860 | by PORT/32

↑ とりあえず全部載せこれくらいのLEDの球数があれば何とでもなるだろうとかそんなことを考えながら乗っけました。抵抗器の個数や数値はwebで計算して算出。

一個の高輝度LEDが一個3.2Vで20mA定格として4個で10Ωとか20Ωだったかしらん。

赤黄色緑は2V20mA

電源は12V1AのACアダプタを使う予定です。

白赤黄色緑青と何でも来いの5色4個並列を実現!全部使うつもりはないですが、ここからどこにどうやって配置しようかと考えていきます。光ケーブルも使う予定です。

そうそう、抵抗を触るとちょい熱いので個数やら大きさも変更しなければなりません。

最大の問題は艦首付近の船体上面パーツの隙間を減少させるために色々削って夜中2時過ぎまではめたり外したりしていました。

あれは回路埋め込んだあとは接着が一番ですね。それだとしても隙間は接着の障害になりますので摺合せはしっかりとね。