これもジオラマ

FAガンダムのメンテナンスベース?MSハンガー?ができあがりました。

キットはプレミアムバンダイ限定のFAガンダムウェポンMSハンガーセットとなります。

ボックスアート | by PORT/32

↑ こちらの中身を作ってこれまでに製作していたFAガンダムと組み合わせると如何にもFAガンダムのアーマーを着脱しているシーンのようなディスプレイが出来上がるという方式ですね。

↑ ブログ限定ラジオ動画第58回

↑ まずは箱に大事にしまっておいたガンダムのアーマーを取り外してまいります。

↑ 上半身を分解。

↑ ホワイトの艶消しでは、少々目に見える範囲で色移りが出てしまっていましたね。グレーのこすり傷みたいな感じです。

↑ 次は下半身。コアブロックのところはバッテリースイッチシステムです。

↑ 上下ともアーマーを脱がしてすっきり。カメラアイも思い切り点灯させています。

↑ ハンガーに全ての装備品を取りつけました。

↑ おおぅ。これが見たかったんだよなぁって感じにはまりこみましたね。

↑ 目は光っているのでさぁこれからアーマーを装着するよ~状態です。

↑ アーマーを取りつけている部分の支柱は裏面が抜きになっています。しかしそれは向きなどあまり考慮されておらず裏面が見える形となっていました。これにはもう少し気を配って裏までちゃんと塗っておけばよかったと塗装したことを少しばかり後悔しちゃったな。

↑ あの背中の巨大なバックパックもサイコザクのプロペラントタンクと比較するとかわいいものに見えてしまいます。

↑ 足元のスリッパもちゃんとカタパルトデッキのような箱モノが用意されています。ちゃんと脱いで下駄箱にしまう感じで^^;中央脱出ポッドを置いています。

バックパックのちゅおう四角いコンテナはビームライフルのエネルギーパックです。合計8個載せられているという設定です。自由に着脱できる4パック固まりと4個のパックが付属。

↑ 足元の状況ですが、この地面のモールドは実は考えていたステージの45度回転させた状態で取り付けられます。

相じゃないとガンダムが収まらないことになるんですよね。ちょっと説明が難しいのですが、これをここまでお作りになった人にしかわからないようなスペースの取り方になっているんですよ。最初なんでガンダムが載せられないんだろう??

ってなりました。モールドの模様を正面にしてはダメなんですね。それをさらに45度にしてデフォルト設定となります。

↑ 絶妙な隙間で整然と並べられたFA

↑上面部分のホワイトが反射してカッコイイ。

↑ ハンガー後ろには新武器が立てかけられています。この4本を作るのに3日掛かったんですよね。苦労しました。

↑ 上に見えているのは、バックパックから垂れているFAのプロペラントタンク。じつにこれもはみ出た状態に演出されます。

これでFAガンダムの方はおしまい。私のガンプラコレクションに加えられました^^

広告

土曜日に届いてたプレバン品・・・

もうね、一か月以上前に注文していたものが届いて喜ぶのは止めておかねば大変なことに。あかんわープレバンの分がそのままそっくり溜まることになってて。いつ作るんだ?って感じ。でも今じゃないと手に入らないと思うとついついポチーしてしまうもので、買う側に問題があると嫌悪してしまうんですよ。

写真: 2016-08-22

↑ 94式ベースジャバー

写真: 2016-08-22

↑ ハイνのヘビーウェポンシステム。本体はまだ買ってすらないです。

いまだνガンダムも途中ほったらかし。これが一番良くないですね。

写真: 2016-08-22

↑ パワードジム。単に好きだったから。

写真: 2016-08-22

↑ ギラドーガはもともと好きだしね。

まだまだあるんだけど下の方の奥に入ってて取りに行けない状態。

プレバン品がそっくりそのまま残るんですよ。もうプレバンから足を洗わなければと思うんだ。でも見てしまうんですよ^^;

写真: 2016-08-22

↑ FAガンダムスミイレ中。色相環から割り出したFAガンダムのホワイトはこれでいい。「自分の目を信じろ。」こんな精神論に至ってしまう。

写真: 2016-08-22

↑ シールド裏の塗り分けをしています。シールドが何枚もあるモデルの変更点としてはこれを行うだけで印象が凄く変わるので冒険ですけど、大して改造するところもあまりないのでこれくらいはやっておこうかなって感じもします。ホワイトのままの方が良いのかもしれませんのでほんと賭けですね。

さて、吹き零れの状態が判りますけどこれを修正していこうと。

写真: 2016-08-22

↑ RLMグレイでいいかな。かなり近似だから大丈夫でしょう。

写真: 2016-08-22

↑ 吹き零れを修正。

写真: 2016-08-22

スミイレも行っています。

現在ほとんどのパーツにスミイレが完了しました。はみ出たところはないかをチェックして組み立てしたいと思います。

色の調整では結構苦労したんですけど動画ではどこまでお見せしようか悩ましいところです。結局最後は「自分の感覚を養え!」みたいな精神論になってる気がして・・・。

色の見方、見え方なんて人それぞれですからね。もう基準を統一するしかないと思うんですよ。みんな同じ製品を見て同じ尺度で測るしかない。なので色相環を持ち出しました。

そこから調合するのは塗る人本人でありまして、色の出し方の解説は出来ないということになるんですよね。動画で真似て微調整するしかないのですが、これがまた白とかだとモニター越しにどれ程伝わるのでしょうかね。

HG ガーベラテトラ(ロールアウトver,)

HGガーベラテトラのロールアウトバージョン

写真: 2016-06-27

↑ 欲しかったので躊躇なく。

写真: 2016-06-27

↑ 時間短縮で全切りカットです。

写真: 2016-06-27

↑ まずはもっとも気になる部分の頭部ですが完全に新規金型で形成されています。顔の形状だけでなく兜の形状も大きく変更されています。

アンテナの先に2つのポチがあります。一本が2本です。ガンダムからの変更であるとのオマージュでしょうか。

写真: 2016-06-27

↑ 兜の長さが後ろに長くなりました。

写真: 2016-06-27

↑ 丸モールドが丸一モールドに変更されていますね。

内部の黒いパーツがオミットされていますのでモノアイが移動するであろう部分は別パーツ化されずに単なるモールドへ変更されています。

写真: 2016-06-27

↑ シュツルムブースターはノーマルの物と変更はなさそう。

あの4つの穴に接続ピンをはめ込む形。

写真: 2016-06-27

↑ シュツルムブースターのプロペラントタンク。アイスのコーンみたいな形状。

写真: 2016-06-27

↑ 思い切ったモナカ割です。

写真: 2016-06-27

↑ 肩から下がる追加スラスターの形状の成果腕の可動範囲には制限が付きます。

写真: 2016-06-27

↑ 背面のスタビライザーも長く美しい。

写真: 2016-06-27

↑ 膝の裏には大胆な抜きがあり、補強版が入っていました。

写真: 2016-06-27

↑ こちら腕の甲を隠すような形でハンドカバー。肉抜きと言ってよいのでしょうかね。

写真: 2016-06-27

↑ これまた足裏の肉抜きも大胆なものであります。

ここまで来ると足裏くり抜きして作り変えてもいいかもしれないというほどの大胆さ。

写真: 2016-06-27

↑ 肩接続パーツに抜きというか暗くて見えないけど塗ると目立つ感じのするジョイントパーツが存在。

写真: 2016-06-27

↑ 四角い抜きモールドに丸凸モールドはだるい感じが否めません。

写真: 2016-06-27

↑ ふくらはぎのダムにも同じことが言えます。

ふくらはぎの裏のバーニアはツライチ的バーニアだけど重い来て大型化するのもいいかも?

写真: 2016-06-27

↑ シュツルムブースターを付けない状態の背部形状。

写真: 2016-06-27

↑ カバーを外すと内部にポリキャップ接続が見えます。こちらにシュツルムパックを乗り付けることになります。

写真: 2016-06-27

↑ 足のロール軸はサイド&フロントアーマーがないせいかかなり自由な動きを望めます。旋回のギャンと同じくイナバウアーできそう。

写真: 2016-06-27

↑ ノーマルヘッドも組めるプレ版限定のガーベラ。

今や市場にあまり出ていないノーマルのものとして考えるとお買い得なのでしょうか。ノーマル物が手元にあるのなら我慢もできたかもしれませんが、とりあえず満足できましたね。

素組野郎になっていますけど、フリーダムもやっています。