V2アサルトバスターガンダムを製作開始

もうじき届くんでしたっけね。V2ガンダムのアサルトバスター装備。

積んであった箱から素組を始めました。

2018-12-07 01.18.03 | by PORT/32

↑ V2ガンダムはpZeroチャンネルを始めた当初に作ったものが在ります。ノーマルの物ですが、その後このV2アサルトバスターとアサルトのコンバーチブルキットが発売されました。

2018-12-07 01.18.10 | by PORT/32

↑ キットの取説には アサルトバスター、アサルト、もう一個のモードがあるんですけどそのうちのどれかで組み立ててくださいとのこと、分解すると破損の恐れがあると注意書きがありました。

2018-12-07 01.18.13 | by PORT/32

↑ アサルトバスターで全部盛りを選びます。現在本体回りまでが素組終わりまして、あとは武器とバックパックコアファイターを素組ます。前のV2自体とても作りやすくていいキットでした。その遺伝子をのまま作りやすいです。パーツは普通のHGより2割ほど小さく感じました。

MGの追加パーツが楽しみです。

 

2018-12-07 02.17.03 | by PORT/32

↑ ガンキャノンⅡ塗装開始。塗装で選んだカラーリングですが。インストでは黒いところはマジでフラットブラックを選ばれています。いくらなんでも黒に白とお葬式みたいなのでRLMグレーを選びました。

2018-12-07 02.17.21 | by PORT/32

↑ あんた誰ヘッドですがカメラアイのところに塗ったグリーンをマスキングしています。基本色のホワイト系塗料は明灰白色とされています。そのものを塗っていこうかと。ノーマルヘッドの方は黒に近いグレーでやってみます。

色分け地味に変なんですけど自分で修正補正しますね。

広告

第319回 MSVの本届いたです。

↑ スクラッチで作っているものは簡単なものです。「もう一つ素材が手に入るといいなぁ。」ってとこです。

2018-12-04 01.57.01 | by PORT/32

↑ これがMSVのムック本。過去販売されたMSVがイラスト共に掲載されています。

2018-12-02 19.26.37 | by PORT/32

↑ ナラティブの素組終わりです。まーでかくて長いレールが邪魔になりますけどそれなりの活躍と役割がはっきり使い切った感じもしたしいいんじゃないかと思います。

2018-12-02 19.23.18 | by PORT/32

↑ たったあれだけの映像でこれだけの形をプラモにするんですよね。まぁ我々ガンプラファンだから買ってるけど、一般的にみるとアニメで何分かしか登場しないものを立体化させて販売する。実はすごいことなんだよね。

2018-12-02 19.23.01 | by PORT/32

↑ 上から見ても捕獲器の巨大さがわかりますね。

2018-12-02 19.16.26 | by PORT/32

↑ レールとハンド部分の関係ですが、あの三つ指が前後に移動するためにレールを支柱を越えて滑走せねばなりません。異形な武器ですが、そこのところは再現をちゃんと感がられていました。

2018-12-02 19.16.23-1 | by PORT/32

↑ あのフィンファンネルみたいなグレーのパーツの下には2本のレールとの接続の支柱が存在します。そこを輪っかが通り抜けるためには、三角のレールの1つの頂点に溝となってCリング状になっているわけですね。

2018-12-02 19.16.46 | by PORT/32

↑ なのでこの支柱を通り抜けることが出来ます。

2018-12-02 19.15.28 | by PORT/32

↑ 下に見えているパーツの中央。溝が掘られていますでしょ。あの溝を支柱が通ります。 

上に見えているかぎ状のパーツは捕獲シーン用のジョイントパーツです。

2018-12-02 19.15.16 | by PORT/32

↑ 一方先端に取り付けるとき捕獲するためには90度曲がった尖端パーツに交換することで捕獲シーンの再現が出来るようになっていました。

2018-12-02 19.09.32 | by PORT/32

↑ フェネクスの捕獲シーン再現。

うちのフェネクス黒っぽいなぁ。

表面処理後のサフ三度目、あとちょっと。

2018-11-30 01.13.41 | by PORT/32

↑ ツイッターの表示の都合上この写真をトップで。

2018-11-26 01.58.50 | by PORT/32

↑ 2回目のサフ

2018-11-26 23.03.52 | by PORT/32

↑ よく見るとまだまだ段差が見受けられます。

2018-11-30 01.10.42 | by PORT/32

↑ 二回目サフ後です。昨日だけで3回目のサフまでやりました。胸部上面にプラ板で装甲を貼りつけました。何でかというとアルテコの気泡を埋めようと頑張ってたら凹んじゃって^^;

2018-11-30 01.10.50 | by PORT/32

↑ 股間の上にヤスリ傷を発見しました。やり直しだ・・・。

2018-11-30 01.10.55 | by PORT/32

↑ 闇のヘッドパーツも様になってきたのかも。

2018-11-30 01.11.17 | by PORT/32

↑ 野暮ったいけどこの顔見ていたらだんだん愛らしくもあり。

2018-11-30 01.12.03 | by PORT/32

↑ 足の方は表面の粗さがやっと収まってきました。

2018-11-30 01.12.37 | by PORT/32

↑ 肩口にスラスターを追加して間延びした厚ぼったさを緩和させました。

今夜もう一度傷を見直し修正を入れる箇所が三点ほど。終ったら塗りはじめようと思います。

ブラウブロおおまかに出来上がり。

2018-11-28 01.49.33 | by PORT/32

↑ ハイライトまで描きこめたブラウブロ

残りは後面の塗り残しだけです。ツイッターの都合上これを一番上に掲載します。

2018-11-26 01.58.32 | by PORT/32

↑ まずは大きく影の形と場所を決める。

2018-11-26 01.58.38 | by PORT/32

2018-11-26 01.58.35 | by PORT/32

2018-11-27 02.07.08 | by PORT/32

↑ 左右の伸びた腕には環境による光の入り方も加味する。

2018-11-27 02.07.20 | by PORT/32

2018-11-27 02.06.56 | by PORT/32

↑ 一旦艶消し缶スプレーしてあります。艶消しというよりは半ツヤ程度ですね。

今のところはこれでいいくらいです。筆が走りやすいしね。

2018-11-28 01.46.00 | by PORT/32

↑ ハイライトと黒線を入れました。

2018-11-28 01.48.21 | by PORT/32

↑ ハイライトを入れて黒線を書き加え前ほうこう終わり。正面左右の写真

2018-11-28 01.49.03 | by PORT/32

↑ 左斜め前方が一番言解りやすいかも。

 

2018-11-28 01.50.03 | by PORT/32

↑ ガンダムを打ち取るためにはせ参じるブラウブロ。ワカメ影はなるべく入れない方向でシンプルに完了します。

2018-11-28 01.54.25 | by PORT/32

↑ ガンキャノンはいまだパテ盛り作業中・・・。これはアニメ塗りにはしないと思います。

第317回 AM今月号手に入りました。それとブラウブロ塗り経過

↑ ブログ記事にブラウブロの話も掲載。ガンキャノンⅡのサフ写真あり。

2018-11-27 02.07.13 | by PORT/32

↑ ブラウブロの塗りは左斜めからの光線でまとめていくのですが、環境反射の光源も追加したいところです。

昨日確認がてら第39話のブラウブロの出ているところを見たのですけどもシャリアブル可哀そうだ。シャリアブルは木星からヘリウム3を採取して帰ってきた。本国ジオンに十分な貢献を果たしているのだけどギレンへの忠義やキシリアへの謀反監視役として飛ばされた。

キシリアのNT研究のスパイをしてこいってところだと思う。フラナガンとは別のハバロフの方へ出向。最前線ではシャアのところへ出向く。だがシャア本人が立場をすくわれないようにララアの立場が危うくならないようなことからもシャリアブルをあまり良く扱わない。チーム編成もなく単独でソロモン海域へ放り出す。彼自身の希望とは言っていたが、ありゃ何も協力してないだけだと思える。器用に立ち回れない真面目な人が損をする、そんな理不尽な話だった。

この話で感じたことがあります。

ララァとシャリアブルやアムロの関係にはシャアよりも、なお敵ではあっても確実に意思の疎通が見られるように描かれている。40年前の古いアニメであっても表現というのは最新のアニメでなくても伝えるとか解りやすさのその技術は変わらない、いや職人技ものなのですね。ふるい文学小説が今読んでも面白いのと同じなんだなぁ。自分の動画もかくありたしと、いまさらながら感じるところでありました。

昨夜ツイッターのガンキャノンサフ状態です↓

2018-11-26 23.05.02 | by PORT/32

↑ 以前からの変更点は肩パッド増形状変更のスラスター追加を行いました。ハンドーパーツは変更するも似合わず却下。胸部メッシュに窓枠をエポキシパテで追加。足のアンクルガードのリベットを変更。股間の形状を四角い平面を局面にしモールドを適当に掘りました。

サフを噴きつけると傷や凹みが丸わかり。この後修正で溶きパテを塗って乾燥機に入れています。今夜作業再開です。

昨夜読んだAMでは面白いところが一部ありました。以前から気になっていた物が一個ありました。ミズノシゲユキさんのナチュラルな作品は昔から1/1の草や木を使っているのは知っていたんですけど改めて高橋師範がコメントしているのを見るとさらに納得しました。わしも1/1の草木でー!とおもたんですけど、まだ勇気がでませんわw

週末モデリング楽しい一日。

_DSC8375_r | by PORT/32

↑ ツイッターの都合上この写真が一番上に来ます。

2018-11-25 20.19.24 | by PORT/32

↑ ガンキャノンⅡのハンドパーツを弄ろうと思ってビルダーズパーツの開き手を弄ることに。

2018-11-25 20.23.09 | by PORT/32

↑ 指の開きを調整。

2018-11-25 20.48.02 | by PORT/32

↑ まずまずの形にはなります。

しかし、実際に取り付けて眺めたところ、手が異常に長く感じるものになりました。「あかん、これはみっともない。」とはっきり感じられるほどのおかしなものになったので取りやめに。ここはやはりまる指のキットの手をまんま使用します。

2018-11-25 21.15.29 | by PORT/32

↑ 肩のエポキシパテも形が整いました。大体これでサフして、表面チェックでいろんなところのパテ継ぎ目や傷が出てまたまたてんやわんやするんだろうと思います。

2018-11-26 01.58.50 | by PORT/32

↑ 今回のサフはガイアのメカサフに白サフが混じったものです。え?在庫整理ですよ。

2018-11-26 01.58.32 | by PORT/32

↑ 一方ブラウブロはサフ→基本塗装→第一影と第二影を入れたりしています。

2018-11-26 01.58.35 | by PORT/32

↑ 左上からの光でまとめています。

_DSC8375_r | by PORT/32

↑ 日曜の動画にありましたビネット。ツベでジオラマと表記するのは敢えてビネットという言葉がジオラマほど世間では見識が少ないからです。情景を見たらまずはジオラマという言葉が浮かびますのでSEO対策でジオラマの表記を選んでいます。

_DSC8419_r | by PORT/32

↑ たまたま選んだのはタミヤの1/35のドイツ兵ですがこれが別なキャラクターでも使えます。中心にいるフィギュアのキャラクター性でその情景の世界が決められてしまうのに変化を付けられるビネットになったのではないかと思います。今回はこのステージ的要素を色々な素材を使って楽しんだというところ。

そろそろこれらの100円ショップマテリアルにもだいぶ慣れてきたことだし、もっとバリエーションのある地面を作っていこうかしらん。ウォーハンマー用だけじゃなく色々SFチックなものも欲しいですね。いろんなアイディアを取り入れて積極的にやってみたいです。

スペースが困るので写真に撮ったら廃棄することもあるでしょう。ここはもう割り切ります。

 築城の航空祭に今年はいけませんでした。天気がすこぶる良くて最高だったようですね。毎年この11月の最終週末は天気がいいんですよね。九州の鶏天や鶏飯、炭火焼鶏が好きで行の車と基地のなかの屋台でも食べるし帰りのフェリーでは食堂で鶏天定食を食べて帰るのが定番のゴールデンコースとなっています。

来年はいけたらいいなぁ。

第314回 シタデルの塗り 楽しくて没頭してしまう。

↑ 動画のお話とウォーハンマー塗りの話とか

2018-11-19 01.28.34 | by PORT/32

↑ ペイントラックを3個導入しました。まだまだ足りませんけど当分楽しめそうです。ウォーターパレットは自作でも十分な機能を果たしてくれていますね。驚きますわ。

2018-11-18 21.33.20 | by PORT/32

↑ この人と

2018-11-18 21.33.06 | by PORT/32

↑ この人を塗っていきました。途中のところがラジオ動画で見せている2名です。

2018-11-18 14.02.16 | by PORT/32

↑ パテヘッドの最終の形状はこれでとどめようと思います。

2018-11-18 14.02.26 | by PORT/32

↑ ジムなのかな。オリジンのジムの顔を意識しました。耳後は全く違うものになっていますが、BDシリーズを思い出してしまいますね。

2018-11-18 14.23.30 | by PORT/32

↑ 細かい傷や窪みを取り除くので溶きパテで全面覆います。

2018-11-18 14.40.48 | by PORT/32

↑ ペーパーで整えていきます。

2018-11-18 14.40.52 | by PORT/32

↑ 横面。

2018-11-18 14.52.51 | by PORT/32

↑ メカサフです。ちょっと黒くて解りにくかったですね。

2018-11-18 15.01.58 | by PORT/32

↑ まだまだ傷が多いですね。何度か溶きパテとヤスリを繰り返すことにしましょう。

2018-11-18 15.02.07 | by PORT/32

2018-11-18 15.02.21 | by PORT/32

  ↑ なんとか見られるかおになったかも?


_DSC8355_r | by PORT/32

_DSC8356_r | by PORT/32

↑ サムネイル用に撮った爆発シーンの写真。

胴体の方も面処理始めています。胸ダクトはメッシュにしちゃおうかと。