ラジオ動画322と323

スクリーンショット 2018-12-14 11.46.12

なるほど。これ実際もうちょっと前から行われていたと思われますよ。

このところの動向をモニターしててかならず動いていると踏んでいました。私としては運営の健全な動きは大歓迎。

さて、以下の動画をラジオ動画として配信します。

↑ 洗浄しているところです。何を洗浄しているのでしょうか^^

↑ RPカッターとチョッパーⅡの違いを軽く示しています。

詳しくは言いません。言わない^^;

私の動画をご覧になられている方なら動画に出る頻度でその道具がどれ程私が好きなのかが解ると思います。もう、それだけです。

今後の活躍に期待ですね。

広告

ガンキャノンⅡ完成

移り変わりの写真↓移り変わり02_r | by PORT/32

ツイッターの表示の都合でこれをトップの写真にしてあります。

DSC09508 | by PORT/32

↑ 計画通りに出来たと思います。

DSC09510 | by PORT/32

↑ 短足で上半身の逆三角形の酷い形から切った貼ったを繰り返し

DSC09506 | by PORT/32

↑ ヘッドも2つが用意されていますし

_DSC8620 | by PORT/32

↑ 旧キットなのですが頑張りましたね。パテで盛たしが一番面白かったです。

_DSC8636 | by PORT/32

↑ 背面からのビュー

_DSC8640 | by PORT/32

↑ バックパックはダグラムが思い浮かびます。赤いフックがキモです。今後も赤のフックを取り付けてみたらどうなるかやってみたい。

_DSC8628 | by PORT/32

↑ ビームキャノンの上部にセンサーとかヒートシンクも追加しました。肩のアーマーはエポキシパテで形作った割に違和感はあまり感じない?かな。最初からあの形だったきがするほどにw

_DSC8642 | by PORT/32

↑ 肩口の角バーニアはあのままなしだと中身まるみえになるので手前に何かあると良い目の行き場になります。

パテとプラの継ぎ目も解りにくくなるので一石二鳥ですぞw

_DSC8644 | by PORT/32

↑ 上面装甲の追加も自然体だ。うん。

移り変わり01_r | by PORT/32

冷静に見ると顔が違う。

V2 アサルトバスターガンダム HG

_DSC8574 | by PORT/32

↑ 素組しております。MG Ver,kaの追加武装が楽しみですね。

DSC09460 | by PORT/32

↑ ポージングを撮らせてみても各所の収まりは綺麗にかっちりとしていて外れたりすることもありませんでした。

_DSC8578 | by PORT/32

↑ それゆえ塗装後にガチャガチャとつけたり外したりすることは出来そうにありませんね。

DSC09489 | by PORT/32

↑ リアクティブアーマーの金色も成形色で切り替わっています。

DSC09490 | by PORT/32

↑ 膝のパーツは既存パーツに差し込む形ですがキッチリと収まります。

DSC09461 | by PORT/32

↑ 全体のフォルム

DSC09464 | by PORT/32

↑ メガビームライフルは長砲身で開放バレル方式というそうです。

_DSC8582 | by PORT/32

↑ F91の時代からの武器V,S,V,R, 裏が思い切り抜かれています。

DSC09483 | by PORT/32

↑ ミノフスキードライブはコアファイターのエンジンに追加される形

_DSC8596 | by PORT/32

↑ 白い部分がヒンジ稼動します。開閉可能となっています。

_DSC8588 | by PORT/32

↑ メガビームライフルの持ち手はZⅡと同じ方式の持ち方。

DSC09493 | by PORT/32

↑ メガビームシールドのビットは取り外せそうな感じのパーツとなっています。劇中ではビットが三点に広がってシールドを展開するんでしたっけ?ね。

_DSC8604 | by PORT/32

↑ マイクロミサイルポッドフロントアーマーの青い四角いパーツです。この中には一弾帯で18発も小さいミサイルが入っているんですって。

ほか2か所合計で6カ所装備。

_DSC8600 | by PORT/32

↑ この青白のパーツがマイクロミサイルポッド。

DSC09495 | by PORT/32

↑ おしりの青いところ。

_DSC8602 | by PORT/32

↑ 青い追加パーツがマイクロミサイルポッドです。

_DSC8590 | by PORT/32

↑ スプレービームポッド。これも敵が回避しようのない武器だとか。

_DSC8592 | by PORT/32

↑ 長砲身で伸縮ができないメガビームキャノンとのこと。敵の中に入ると切られる可能性があるらしい。

高出力長射程の武器で戦艦クラスのシールドを突き破りなおも貫通する威力。対戦艦武装。

DSC09496 | by PORT/32

↑ コアファイターも別途用意されています。

_DSC8609 | by PORT/32

↑ かっこいい。

_DSC8617 | by PORT/32

↑ とてもかっこいい。

土曜日のプレミア配信多くの人に参加してもらいました。大変感謝しております。初めてなのと、しかも開始30分前の告知だったにも関わらず260名の数字を見て驚きました。

ファイル書き出しが手間取りテロップもなしでしかも30分の長丁場。本番中一気にチャットが追いつかず、終始アタフタの連続で締まりのない配信となっておりましたことをお詫び申し上げます。

これはいつかライブ配信も考えたほうがいいのかな。モニターが必要?webカムが必要?配信用PCがいるんかな?

ライブ配信は以前海外のモデラーさんがやっていたのを一度見ていたんですが面白いと思わなかったので全く気にも留めていませんでした。

楽しそうかも?

V2アサルトバスターガンダムを製作開始

もうじき届くんでしたっけね。V2ガンダムのアサルトバスター装備。

積んであった箱から素組を始めました。

2018-12-07 01.18.03 | by PORT/32

↑ V2ガンダムはpZeroチャンネルを始めた当初に作ったものが在ります。ノーマルの物ですが、その後このV2アサルトバスターとアサルトのコンバーチブルキットが発売されました。

2018-12-07 01.18.10 | by PORT/32

↑ キットの取説には アサルトバスター、アサルト、もう一個のモードがあるんですけどそのうちのどれかで組み立ててくださいとのこと、分解すると破損の恐れがあると注意書きがありました。

2018-12-07 01.18.13 | by PORT/32

↑ アサルトバスターで全部盛りを選びます。現在本体回りまでが素組終わりまして、あとは武器とバックパックコアファイターを素組ます。前のV2自体とても作りやすくていいキットでした。その遺伝子をのまま作りやすいです。パーツは普通のHGより2割ほど小さく感じました。

MGの追加パーツが楽しみです。

 

2018-12-07 02.17.03 | by PORT/32

↑ ガンキャノンⅡ塗装開始。塗装で選んだカラーリングですが。インストでは黒いところはマジでフラットブラックを選ばれています。いくらなんでも黒に白とお葬式みたいなのでRLMグレーを選びました。

2018-12-07 02.17.21 | by PORT/32

↑ あんた誰ヘッドですがカメラアイのところに塗ったグリーンをマスキングしています。基本色のホワイト系塗料は明灰白色とされています。そのものを塗っていこうかと。ノーマルヘッドの方は黒に近いグレーでやってみます。

色分け地味に変なんですけど自分で修正補正しますね。

第319回 MSVの本届いたです。

↑ スクラッチで作っているものは簡単なものです。「もう一つ素材が手に入るといいなぁ。」ってとこです。

2018-12-04 01.57.01 | by PORT/32

↑ これがMSVのムック本。過去販売されたMSVがイラスト共に掲載されています。

2018-12-02 19.26.37 | by PORT/32

↑ ナラティブの素組終わりです。まーでかくて長いレールが邪魔になりますけどそれなりの活躍と役割がはっきり使い切った感じもしたしいいんじゃないかと思います。

2018-12-02 19.23.18 | by PORT/32

↑ たったあれだけの映像でこれだけの形をプラモにするんですよね。まぁ我々ガンプラファンだから買ってるけど、一般的にみるとアニメで何分かしか登場しないものを立体化させて販売する。実はすごいことなんだよね。

2018-12-02 19.23.01 | by PORT/32

↑ 上から見ても捕獲器の巨大さがわかりますね。

2018-12-02 19.16.26 | by PORT/32

↑ レールとハンド部分の関係ですが、あの三つ指が前後に移動するためにレールを支柱を越えて滑走せねばなりません。異形な武器ですが、そこのところは再現をちゃんと感がられていました。

2018-12-02 19.16.23-1 | by PORT/32

↑ あのフィンファンネルみたいなグレーのパーツの下には2本のレールとの接続の支柱が存在します。そこを輪っかが通り抜けるためには、三角のレールの1つの頂点に溝となってCリング状になっているわけですね。

2018-12-02 19.16.46 | by PORT/32

↑ なのでこの支柱を通り抜けることが出来ます。

2018-12-02 19.15.28 | by PORT/32

↑ 下に見えているパーツの中央。溝が掘られていますでしょ。あの溝を支柱が通ります。 

上に見えているかぎ状のパーツは捕獲シーン用のジョイントパーツです。

2018-12-02 19.15.16 | by PORT/32

↑ 一方先端に取り付けるとき捕獲するためには90度曲がった尖端パーツに交換することで捕獲シーンの再現が出来るようになっていました。

2018-12-02 19.09.32 | by PORT/32

↑ フェネクスの捕獲シーン再現。

うちのフェネクス黒っぽいなぁ。

表面処理後のサフ三度目、あとちょっと。

2018-11-30 01.13.41 | by PORT/32

↑ ツイッターの表示の都合上この写真をトップで。

2018-11-26 01.58.50 | by PORT/32

↑ 2回目のサフ

2018-11-26 23.03.52 | by PORT/32

↑ よく見るとまだまだ段差が見受けられます。

2018-11-30 01.10.42 | by PORT/32

↑ 二回目サフ後です。昨日だけで3回目のサフまでやりました。胸部上面にプラ板で装甲を貼りつけました。何でかというとアルテコの気泡を埋めようと頑張ってたら凹んじゃって^^;

2018-11-30 01.10.50 | by PORT/32

↑ 股間の上にヤスリ傷を発見しました。やり直しだ・・・。

2018-11-30 01.10.55 | by PORT/32

↑ 闇のヘッドパーツも様になってきたのかも。

2018-11-30 01.11.17 | by PORT/32

↑ 野暮ったいけどこの顔見ていたらだんだん愛らしくもあり。

2018-11-30 01.12.03 | by PORT/32

↑ 足の方は表面の粗さがやっと収まってきました。

2018-11-30 01.12.37 | by PORT/32

↑ 肩口にスラスターを追加して間延びした厚ぼったさを緩和させました。

今夜もう一度傷を見直し修正を入れる箇所が三点ほど。終ったら塗りはじめようと思います。

ブラウブロおおまかに出来上がり。

2018-11-28 01.49.33 | by PORT/32

↑ ハイライトまで描きこめたブラウブロ

残りは後面の塗り残しだけです。ツイッターの都合上これを一番上に掲載します。

2018-11-26 01.58.32 | by PORT/32

↑ まずは大きく影の形と場所を決める。

2018-11-26 01.58.38 | by PORT/32

2018-11-26 01.58.35 | by PORT/32

2018-11-27 02.07.08 | by PORT/32

↑ 左右の伸びた腕には環境による光の入り方も加味する。

2018-11-27 02.07.20 | by PORT/32

2018-11-27 02.06.56 | by PORT/32

↑ 一旦艶消し缶スプレーしてあります。艶消しというよりは半ツヤ程度ですね。

今のところはこれでいいくらいです。筆が走りやすいしね。

2018-11-28 01.46.00 | by PORT/32

↑ ハイライトと黒線を入れました。

2018-11-28 01.48.21 | by PORT/32

↑ ハイライトを入れて黒線を書き加え前ほうこう終わり。正面左右の写真

2018-11-28 01.49.03 | by PORT/32

↑ 左斜め前方が一番言解りやすいかも。

 

2018-11-28 01.50.03 | by PORT/32

↑ ガンダムを打ち取るためにはせ参じるブラウブロ。ワカメ影はなるべく入れない方向でシンプルに完了します。

2018-11-28 01.54.25 | by PORT/32

↑ ガンキャノンはいまだパテ盛り作業中・・・。これはアニメ塗りにはしないと思います。