ここ二日のトローペンのウェザリング

気分が乗らないとやらないトローペンでしたけどやっとここまでやりました。

2018-05-16 01.55.35 | by PORT/32

↑ この写真は昨日もお見せしましたが、下の方に掲載した写真と見比べてみてもらいたいと思います。

2018-05-16 01.55.41 | by PORT/32

↑ ハンブロールを使ったチッピングだけの写真です。左足

2018-05-16 01.55.47 | by PORT/32

↑ こちらもチッピングだけの右足の写真。

これをベースとしてウェザリングをさらに載せていくわけです。さて私がハンブロールをチッピングに選ぶ理由ですがご存じだとは思いますがハンブロールは完全乾燥するとラシンやエナメル系シンナー溶剤に溶けない性質を持っています。それはそれは強固なものになります。上からいくらごしごしやっても剥がれない強さを持っていることからハンブロールをえらんでいます。なのでグレーの濃い色でフラットの物は貴重なんですよね。

2018-05-17 01.29.03 | by PORT/32

↑ MSにこのウェザリングは必要だろうか?などと自問自答しつつもついついやりすぎてしまう感じです。もう年季の入ったブルドーザーやショベルカー重機同然10年は使い古した鉄の塊がかろうじて塗装が残ってていつ剥がれてもおかしくない風味すら感じる。

2018-05-17 01.29.10 | by PORT/32

↑ 油や金属の削れたもの錆び酸化被膜の重なりと擦れ泥やほこりを拭きとても拭き取ってもぬぐえない汚れを目指しました。

リアルな風味はサンドイエロー系で練習するといいですね。最終的な行きつく場所を想定し下地の色を白っぽくしておきました。まずまずの成果。

あとはオイルダレを描きこんでピグメントでフィニッシュの予定です。

ウェザリング楽しいですよ。

広告

ピグメント自作・LEDミラージュ単騎仕様V3とかラジオ動画第257回・ドムトロのチッピング

いやぁ、昨日は暑かったですね。今日は曇ってるからまだいいのかもしれませんね。

2018-05-16 01.36.01 | by PORT/32

さて、こちら必要な色が無いピグメントつくりです。パステル粉を篩で削って作る方法。パステルは100円ショップなのでコスパは最高。粘土モリモリさせるように載せてやりましょうか。

2018-05-16 01.43.02 | by PORT/32

↑ GWで買ったもの報告の最終話はLEDミラージュの単騎仕様V3となります。先日発売されたばかりの物です。

これね。GWの大阪ボークスで買いました。その時の店員さんにお話を聞くところ売れているそうで何よりです。GW初日完売で私が買えたのは三度目の入荷だということでした。この機を逃すと通販でしかなかったので送料を考えたりするとやはり幸運と言えましょう。


2018-05-16 01.43.18 | by PORT/32

↑ で、V3って何?ヴァージョンの意味かしら?それともギリシャ数字の5を示すのかな?

2018-05-16 01.54.57 | by PORT/32

昨夜は急きょドムトロのチッピングをやっててここまでは手が回らず。一昨日のままです。

2018-05-16 01.55.35 | by PORT/32

↑ 今乾燥機に突っ込んでるドムトローペンです。

2018-05-16 01.55.41 | by PORT/32

↑ ハンブロールのグレーとマットブラックを混ぜて作ったチッピングカラーでチッピング中。もうちょっと早く乾くかと思っていたんですけど案外時間かかります。


2018-05-16 01.55.47 | by PORT/32

↑ もう少し次に進めたかったのですが、乾燥待ちといたしました。なかなか進められないのですが、この後フィルター掛けて先のピグメントでフィニッシュさせます。いや、ウェザリングカラーとかも参加させようかな。とにかくエナメルも使うから破損注意ですね。

ドムにサンドカラーそしてグレーのチッピングは誰がやっても素晴らしい雰囲気が楽しめる素晴らしい素材ですね。

昨夜はお祭りだったなぁ。ブログ限定ラジオ動画第256回「ギラドーガのLEDスイッチ電源と買ったもの紹介もあるよ。」

2018-05-12 21.41.16 | by PORT/32

LEOも最初に2個作って残り2個は早朝6時から製作しました。というのも雨が降ってきて山に登れなかったからですが代わりに奴に登らせてみたって感じ。

2018-05-13 08.08.55 | by PORT/32

↑ いくつ作っても疲れないのでストレス解消にもいいのかも。

2018-05-13 08.09.04 | by PORT/32

↑ 集団で来るとまるでデスアーミーのよう、あれもすんげーダサかったので好きですw巨神ゴーグの中に登場する雑魚兵のガーディアンも同様集団で来るやつは単色で緑かダークイエローで軍隊色強いものです。

2018-05-13 14.06.32 | by PORT/32

↑ この正面写真から

2018-05-13 14.36.59 | by PORT/32

↑ こんな程度のいい加減なイラストが出来上がりました。枚数を描いて遊ぶといいかもしれませんね。

2018-05-12 17.41.39 | by PORT/32

↑ ザクC5型です。背景と本体と別々にレイヤーを重ねるとこんな風に絵も出来ます。なので背景写真は別なところの写真を撮って来てそれに合わせた絵を描いて合成も出来ます。

2018-05-13 09.14.37 | by PORT/32

↑ダイバーエースユニット。相変わらず肉抜きの嵐でしたなぁ。

2018-05-13 21.08.22 | by PORT/32

↑ ギラドーガ進んでないように見えますよね。実際進めにくいのも確かなんですが、左腕の角度をやり直しました。あと、これまで軸一本で支えていたために固定ポージングがとても辛いものがありましたのでそれを2軸へと変更しちょっとやそっとではぷらーんとならないようにしました。これも昨夜やったばかり。ドリルと針金の作業で終わりです。今夜から目立った気泡をパテ埋めしてまいります。

2018-05-14 00.02.47 | by PORT/32

↑ それとこちらはスイッチ付の電池ボックスです。抵抗も仕込みました。回路は簡単です一応電源3Vに2.1V定格の赤色LED点灯のさせるためにどこやらのHPで計算して抵抗値100Ωを間にかましています。

ハンダ作業後むき出しになっているところはホットボンドにより絶縁しておきました。これで酸化も防げるので一安心ですね。

2018-05-14 00.03.33 | by PORT/32

↑ ラジオ動画にも入れておきましたがLED発光はうまくいきました。電源はLR441.5Vx2個使用。LEDはクビ下へケーブルを逃がして体の中でDIPピンで接続することにします。解説図はと・・・。
こういうのこそipadの出番だなぁ。

2018-05-14 14.51.19

↑ 画像を大きくできるようにしておきました。

どうでしょう。面白いでしょうか?

OZ-06MS LEOを作りました。×2

2018-05-12 02.11.54 | by PORT/32

↑ 今日も遅くまで会議だったので昼休みに買いに行くことに。価格も安く1000円のところ値引きで800円(税抜き)で買えます。2個くらい楽勝だろうと思って量産機はたまーにですけど今回複数個買いました。

2018-05-12 02.11.47 | by PORT/32

↑ 絵の方も集団ですね。持っている機関銃がまたチープさをそそる。

2018-05-12 01.55.58 | by PORT/32

↑ 二体作りました。帰宅したのがPM11時半でしたから、二時間ほどしか時間がありません。すぐに箱を開けてオペレーション!

2018-05-12 01.57.20 | by PORT/32

↑ シールド裏はこのようにパーツ構成は2個で丸と裏面のパーツが合わさり、ジョイントパーツは肩のショルダーアーマーと差し替え式。シールド裏に二本のビームサーベルを差せる構造です。2本ありますが、これ差し込みはまだいいんですけど取り外す時注意しないと破損しそうです。

2018-05-12 01.57.24 | by PORT/32

↑ お尻アーマーがバックパック的な役割。2個の大きなバーニアが口を開いています。足裏のカバー上下逆になっていますが、抜き差し式で裏面の関節パーツの肉抜きを隠すわけです。これは良いと思うがちょっとモールド成分が少な過ぎだろも感じました。

2018-05-12 01.57.31 | by PORT/32

↑ とは言っても足膝の関節は立派な2重関節。可動領域は十分満足できます。そして膝アーマーは中央でぴったりとまってます。出来としてはデザインの統一感もありで雑魚キャラ独特のチープさもグッド!

2018-05-12 01.58.03 | by PORT/32

↑ 膝アーマーの内部には二重関節パーツが奥に見えてしまいます。横方向に肉抜きの穴が出てきますがこれをモールドと受け取るべきか肉抜きと受け取るべきか。埋めるならエポキシパテでしょうか。埋めてしまえばあとは気にならないのですけど左右二個の両面埋めとなります。手間ですがやるならパテだろうねぇ。

2018-05-12 01.57.48 | by PORT/32

↑ 腕の関節は久しぶりの軸が一個しかありません。しかし動きとしては最大限考慮されています。肩にくっつくほどの動きは残念ですがそれは出来ない。

2018-05-12 01.58.11 | by PORT/32

↑ こんなチープなリーオーではありますが足裏の肉抜きは一切なし。これは今回新しい構造を採用しているから出来るものだと感じます。フットーパーツの中心部分が足裏と同一化されることでつま先とかかとのパーツをスリッパのそこが抜けた感じで履かせる構造。足裏は抜かないよう色分け配慮されています。今後HG程度ならこの方式を希望!

フットパーツと脚部パーツはボールジョイントで接続されます。ボールウケの部分はプラなのでフットパーツのフレーム構造。パーツ点数を減数出来たようです。しかし上に乗っかる軽い機体だからボール軸関節を採用出来たのでしょうかね^^;

2018-05-12 01.58.41 | by PORT/32

↑ おまたを開くとこうです。チン〇バーニア健在。トールギスにもあるけどトールギスRGではあれが飛び出るんだよね。あのデザインはどうした物かとにかく立派だなぁ(笑)

2018-05-12 01.59.00 | by PORT/32

↑ 足の太ももにはロール軸とは言わないまでも若干のロールが出来るようになっています。太もも内側の角がケツフンドシにぶつかるところがあるのでそこをカットなりすればもっと開くことが出来るでしょう。ハの字開脚はこれくらいでOKだと思います。

2018-05-12 01.59.41 | by PORT/32

↑ 首と頭は一体構造。

それゆえ頭部は一切動けない。肩との隙間あそびの分だけ1mm以下ですが動けます。どうせならアゴと顔の間にヒンジ作れば良かったんじゃないだろうか。顔の向きは大事だと思うのですけど。

胸部腹部はシンプル。腹部は妙に細いウェストでもないので好感が持てました。

2018-05-12 02.00.12 | by PORT/32

↑ おまたの中央に3mm穴が開口。ここにスタンドをジョイントします。

2018-05-12 02.01.14 | by PORT/32

↑ ビームサーベルx2本付属。武器はマシンガンx1本

2018-05-12 02.02.56 | by PORT/32

↑ 飛翔からの切りつけのポージング。

武器は手持ちですがトリガーを引く指は簡略化されてて握り手と同じものになっています。ハンドパーツは握りこぶし穴あきタイプ一種類のみでした。

実売800円でここまで出来ています。アトハメ加工もしなくていいでしょう。首の動きは不満が残りますがアゴ上あたりで切って軸を仕込んでもいいかもしれません。簡単に改造できそうですよ。

他合わせ目はほぼ段落ちとなっています。関節のはめ込み式とポリキャップレス軸となった手足の関節。これがどれくらいでヘタるのか?ですね。この後のバンダイのがどれ程この方式を採用するかも見届けたいところ。

あとはパーツセットがどんな内容で展開されていくのでしょうね。BF系の背負いものはもういいかな。それとオマケパーツのぬるいエッジは購買意欲がそがれますのでどうかキンキンにとがらせてほしいです^^;

GWお買い物してきた報告その2)今日はボークス編

↑ グリモアRBの途中経過報告、買い物品の紹介、レディプレイヤーワンのパンフ。グリモアの筆塗り部分塗装を本日夕方配信予定の報告となっています。

2018-05-09 02.01.09 HDR | by PORT/32

↑ 右から ガイアのEXホワイト、EVOサフ、レジンに入れる添加色のブラックでこれを入れて混ぜるとグレーになる。

一番小さいのはハンブロールのフラットブラック。ハンブロールは素晴らしいとだけ申し上げておきましょう。

2018-05-09 02.01.19 | by PORT/32

↑ ペーパーパレットお勧めです。色を混ぜるもよし、瞬間接着剤を乗せるのもよし、アルテコを練ってもいいしポリパテだって大丈夫。じゃんじゃん使います。

2018-05-09 02.01.30 | by PORT/32

↑ 尖頭ボルトビット 97式戦車での使用なんですけどそんなことはどうでもいい。欲しかったんだよってところのものです。限定品てのがね。もう失われてしまった道具は戻らないので残念です。また作ってくれないかな。。。

2018-05-09 02.01.46 | by PORT/32

↑ 真ちゅうパイプと真鍮線1mm合わせることが出来るものを選びます。

エバーグリーンのプラ材はディテールアップ用や補助材として使うものです。

2018-05-09 02.02.43 | by PORT/32

↑ MSハンドジオン系です。地元の模型屋さんに置いてなかったのでふと思い出して買うことにしました。これでしばらくは安泰かしらん。

さて、このところGWが過ぎてすっかり連休の癖が抜けない状況です。というのも早寝早起きとまでは言わないまでも山に登れば早く寝て(夜7時)早く起きる(朝3時)というステータスを維持するものでGW帰宅すると健康そのものなのですが、今年はダルイですね。登ってないから筋肉がたるんできてるのが解るんですよ。はわわわ^^;

ということで今週は平日ですけど登らないとね。

日曜日雨っぽいから週末は動画編集かしらん。

ブログ限定ラジオ動画第252回 色々進捗

2018-05-02 02.00.06 | by PORT/32

↑ グリモアレッドベレー

2018-04-30 23.45.11 | by PORT/32

↑ 12時間でどこまでやれたのだろうか。30日の24時で打ち切ったところがここまで。残りはGW開けから再開。

2018-05-02 02.00.11 | by PORT/32

↑ 29日に素組したRGトールギス。ドーバーガンでグー属性のタンク機体を溶かしまくったころを思い出しつつ楽しめました。これはスミイレしてデカール貼って仕上げでいいんじゃないかな。表面綺麗だし。

2018-05-02 02.02.27 | by PORT/32

↑ こんなポージングが綺麗に収まる。腰のラインが流れるように決まっています。

肩のボリュームがMGに比べて変更されているようです。エレガントな立ちポーズ。

2018-05-02 02.03.22 | by PORT/32

↑ 背のバーニアの支柱は肉抜きがありました。プラ板で塞ぐ?バーニアを開いたところの中身がやはり製品として同じ厚みの構造体であるのは仕方ないことですかね。せめて塗り分けしてやるべきでしょうか。

2018-05-02 02.05.37 | by PORT/32

↑ なんとくりんとひっくり返すことでフルバーニアンと同じような働きもできそうです。中のゼクスはマッハで死んじゃうよね。

2018-05-02 02.03.50 | by PORT/32

↑ 手首パーツはサーベル突きのポージングをしやすい握り手が付属

2018-05-02 02.05.29 | by PORT/32

↑ チンコアーマーの下にあるバーニアに注目すると

2018-05-02 02.05.44 | by PORT/32

↑ フロントフンドシを上に上げれば、あの微妙な位置にあるバーニアが前に突出するんだ。このギミックいるんか?楽しくて仕方ないけどさ。動画に出来そうにないんだけど^^;やるわ。

2018-05-02 02.06.00 | by PORT/32

↑ 中は壁の表現だけどコックピットハッチは開きます。左右の壁が分厚いけどね^^;

2018-05-02 02.08.49 | by PORT/32

↑ ビームサーベルは赤いものと白いものが付属しています。中世の騎士のデザインが周到されていますね。

2018-05-02 02.09.20 | by PORT/32

↑ ガンダムエースと付録のビームライフル。ほ~ぅverKaなんですね。

2018-05-02 02.09.51 | by PORT/32

↑ ドムトロの塗装はいつでも次の段階にイケるくらい乾燥して・・・と思ったらケツアーマーのところが別板に取り残されてて塗装時期が延長されました^^;

数日天気荒れそうです。

初日は諦め4日の天気次第だなぁ。

パーツ処理して接続し始め

↑ 流石に2時過ぎのラジオ動画は疲れきった声をしているなぁ。お聞き苦しいかも知れません^^;

2018-04-25 02.08.09 | by PORT/32

↑ バラバラだったパーツに軸うちして針金を通しているところです。普通にタチポーズが出来るようになりはじめました。まだまだ不安定ですが、ポージングが決まればそれぞれ関節部分で固定していく予定です。

2018-04-24 23.58.27 | by PORT/32

↑ こちらマシンガンを強引に構えさせました。マガジンを装填していない状態なのでちょいと変更になる可能性もあります。いつもの回転台がこんなに独り占めされている。いかに大きいかお分かり頂けましょうか。

2018-04-25 01.16.39 | by PORT/32

↑ カッコよいではないか。お腹のゴムバンドがまるで腹巻ベルトのようだよ。

全部で3個作る予定ですが、全部同じポーズってのもおかしなことで、それぞれ行動中のシーンを並べたいところです。撮影は外で行うとしてそれまでに撮影の練習も行うってことで。

一個目のギラドーガはとにかく完成した感じをつかむためにあまり変更を加えずノーマルのデフォルトに近い状態を作っておきたいと思います。2つめ3つめで何かアレンジでしょうか隊長のブラウン機のヘッド形状に変更してみたり細部にディテールを追加してみたり。ツェメリットコーティングやら、装備品にネットを取り付けるとか。

一個めと二個めで随分違う雰囲気になってしまうかもしれませんよね。まぁその辺は大目に見てもらいましょう。と随分先の未来的な話ですが、覚えていたら「あぁ、こういうことかな」程度で済ませてくだされ。

昨日のツイッターで全パーツ抜き完了の私のツイートでしょっぱな「いいね」ボタンを押してくれたとだ・ゆう様。ありがとうございます^^

ディーラーって大変なんですね。まだまだ経験不足なのですがその苦労の端っこを知りました。こりゃ一連の作業はまじ大変じゃのぅ。