ガンプラ MG ドム を作りました。

ガンプラMG のカテゴリですがこちらは写真の通り二色刷りでプレバン仕様です。中身は独自デカールが付与されただけのノーマルドムと変わりません。なのでデカールシールさえ諦めれば市販物と同じでしょうか。オルテガが付いていませんでしたから寧ろノーマルを買ったほうがお得感ありですね。なんでぽちったのか解りません。よくあることなんだワシ。

写真: 1000114264_10

 

写真: iglooDOM023

↑ 本体の素組です。パーツも大きく作りやすい。そして細心のMgと比べると複雑すぎる機構がありませんしフレームに組み込む感じでもない。すごく作りやすいです。MG全部これに戻して価格を抑えてくれませんか。

写真: iglooDOM022

↑ タチポーズもとても良い。

写真: iglooDOM012

↑ 顔もどこから見ても非の打ち所無し。変なモールドも一切なく表面はいたってシンプル。俺が求めていたドムはこれなんだ。

写真: iglooDOM011

↑ ぬぅっと身を乗り出すこの感じ。黒い三連星が地上で散っていく機体だけど解説を読んでいくうちにこれはもっとタイガー戦車のような立ち位置に居るべきではなかったのかと思わされる。ガンダムだけにぶつけるのではなく戦略的な運用をしたほうが良かったのでは?マ・クベ大佐。

写真: iglooDOM009

↑ 指の可動。

写真: iglooDOM013

↑ 根本はボールジョイントで第二関節に軸関節の2つだけど素材的にもちょうどいい具合でかなり優秀。動きや形、そしてポロリ的な要素からもPGのレッドフレームよりこれの方が好きです。複雑できつく硬い指でポーズ取らせるとポロポロしてこまりますし。

写真: iglooDOM016

↑ 胸のドムフラッシュ?拡散ビームなんですけど本来はビーム兵器のサプライターミナルだったらしい。ビーム兵器開発が遅れていたため急きょ欺瞞装備にしたんだと。

写真: iglooDOM017

↑ こんながっしりした体躯にこんな小さい推進装置。なんとアンバランスだけど、だがそれがいい。

写真: iglooDOM015

↑ 膝がしらは稼動と共に連動するタイプ。邪魔にならないので高ポイントです。

写真: DSC00888

↑  ラケーテンバスは880mmとなっているんだけど砲弾の全長を表すらしい。

写真: DSC00890

↑ このレーザーサイトで誘導弾として発射できます。トローペンにもあるんだぜ。

写真: DSC00891

↑ 90mmマシンガン

写真: DSC00895

↑ シュトゥルムファウストには弾頭が発射された後のパーツが付属。ここには写ってないがマウント用の輪っかも付属していました。

写真: DSC00893

↑ 90mmマシンガンのマガジンもx2付属しています。

写真: DOM003

↑ 両手を広げてガンダムの行く手を阻む。ガイアのポーズ。

写真: _DSC9276

↑ ヒートサーベルのマウントは開閉式で取り外しできるようになっています。普通に抜き差しできるけどもそれが現実的でしょう。ヒートサーベルは基本使い捨てらしい。

 

写真: DOM008

以上 イグルー2のプレバン仕様でのMGドムの素組紹介でした。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中