OZ-06MS LEOを作りました。×2

2018-05-12 02.11.54 | by PORT/32

↑ 今日も遅くまで会議だったので昼休みに買いに行くことに。価格も安く1000円のところ値引きで800円(税抜き)で買えます。2個くらい楽勝だろうと思って量産機はたまーにですけど今回複数個買いました。

2018-05-12 02.11.47 | by PORT/32

↑ 絵の方も集団ですね。持っている機関銃がまたチープさをそそる。

2018-05-12 01.55.58 | by PORT/32

↑ 二体作りました。帰宅したのがPM11時半でしたから、二時間ほどしか時間がありません。すぐに箱を開けてオペレーション!

2018-05-12 01.57.20 | by PORT/32

↑ シールド裏はこのようにパーツ構成は2個で丸と裏面のパーツが合わさり、ジョイントパーツは肩のショルダーアーマーと差し替え式。シールド裏に二本のビームサーベルを差せる構造です。2本ありますが、これ差し込みはまだいいんですけど取り外す時注意しないと破損しそうです。

2018-05-12 01.57.24 | by PORT/32

↑ お尻アーマーがバックパック的な役割。2個の大きなバーニアが口を開いています。足裏のカバー上下逆になっていますが、抜き差し式で裏面の関節パーツの肉抜きを隠すわけです。これは良いと思うがちょっとモールド成分が少な過ぎだろも感じました。

2018-05-12 01.57.31 | by PORT/32

↑ とは言っても足膝の関節は立派な2重関節。可動領域は十分満足できます。そして膝アーマーは中央でぴったりとまってます。出来としてはデザインの統一感もありで雑魚キャラ独特のチープさもグッド!

2018-05-12 01.58.03 | by PORT/32

↑ 膝アーマーの内部には二重関節パーツが奥に見えてしまいます。横方向に肉抜きの穴が出てきますがこれをモールドと受け取るべきか肉抜きと受け取るべきか。埋めるならエポキシパテでしょうか。埋めてしまえばあとは気にならないのですけど左右二個の両面埋めとなります。手間ですがやるならパテだろうねぇ。

2018-05-12 01.57.48 | by PORT/32

↑ 腕の関節は久しぶりの軸が一個しかありません。しかし動きとしては最大限考慮されています。肩にくっつくほどの動きは残念ですがそれは出来ない。

2018-05-12 01.58.11 | by PORT/32

↑ こんなチープなリーオーではありますが足裏の肉抜きは一切なし。これは今回新しい構造を採用しているから出来るものだと感じます。フットーパーツの中心部分が足裏と同一化されることでつま先とかかとのパーツをスリッパのそこが抜けた感じで履かせる構造。足裏は抜かないよう色分け配慮されています。今後HG程度ならこの方式を希望!

フットパーツと脚部パーツはボールジョイントで接続されます。ボールウケの部分はプラなのでフットパーツのフレーム構造。パーツ点数を減数出来たようです。しかし上に乗っかる軽い機体だからボール軸関節を採用出来たのでしょうかね^^;

2018-05-12 01.58.41 | by PORT/32

↑ おまたを開くとこうです。チン〇バーニア健在。トールギスにもあるけどトールギスRGではあれが飛び出るんだよね。あのデザインはどうした物かとにかく立派だなぁ(笑)

2018-05-12 01.59.00 | by PORT/32

↑ 足の太ももにはロール軸とは言わないまでも若干のロールが出来るようになっています。太もも内側の角がケツフンドシにぶつかるところがあるのでそこをカットなりすればもっと開くことが出来るでしょう。ハの字開脚はこれくらいでOKだと思います。

2018-05-12 01.59.41 | by PORT/32

↑ 首と頭は一体構造。

それゆえ頭部は一切動けない。肩との隙間あそびの分だけ1mm以下ですが動けます。どうせならアゴと顔の間にヒンジ作れば良かったんじゃないだろうか。顔の向きは大事だと思うのですけど。

胸部腹部はシンプル。腹部は妙に細いウェストでもないので好感が持てました。

2018-05-12 02.00.12 | by PORT/32

↑ おまたの中央に3mm穴が開口。ここにスタンドをジョイントします。

2018-05-12 02.01.14 | by PORT/32

↑ ビームサーベルx2本付属。武器はマシンガンx1本

2018-05-12 02.02.56 | by PORT/32

↑ 飛翔からの切りつけのポージング。

武器は手持ちですがトリガーを引く指は簡略化されてて握り手と同じものになっています。ハンドパーツは握りこぶし穴あきタイプ一種類のみでした。

実売800円でここまで出来ています。アトハメ加工もしなくていいでしょう。首の動きは不満が残りますがアゴ上あたりで切って軸を仕込んでもいいかもしれません。簡単に改造できそうですよ。

他合わせ目はほぼ段落ちとなっています。関節のはめ込み式とポリキャップレス軸となった手足の関節。これがどれくらいでヘタるのか?ですね。この後のバンダイのがどれ程この方式を採用するかも見届けたいところ。

あとはパーツセットがどんな内容で展開されていくのでしょうね。BF系の背負いものはもういいかな。それとオマケパーツのぬるいエッジは購買意欲がそがれますのでどうかキンキンにとがらせてほしいです^^;

広告