ドムトローペンUC版・ギラドーガマシンガン型取り

IMG_2140 | by PORT/32

筆塗り枠として次回作はこちらをチョイスしました。出来るだけ簡潔に単純な形状。広い面積であれば筆塗りの効果も高く見栄えすると思います。

IMG_2129 | by PORT/32

↑ で早速の素組。素組自体は何の問題もありません。ちょっと古いのでいろいろ突っ込みたいところでもありますが、それは今の最新HGとは比べてはいけないところ^^;

IMG_2132 | by PORT/32

↑ ラケーテンバズもちゃんと握ることができます。

IMG_2136 | by PORT/32

↑ 後姿。ケツにシュトゥルムファウストが4本つなげられるのですが。一瞬だけですね。何度やってもポロポロ落ちてきますので接着しないと取り付けが困難。機体を傾けただけでポロリです^^;

最後の最後に行うことにしますね。

IMG_2130 | by PORT/32

↑ こちら付属の武器武装。ヒートサーベル1本、シュトゥルムが4本、ラケーテンの弾倉x3に装着されるものは他1個。ハンドパーツが従来品3つにハンドグレネードが追加されたもの+1になります。

IMG_2138 | by PORT/32

↑ うえの写真に紹介されてないMMP80マシンガンとラケーテンバズはこちらに映っています。

この写真はマジックで分割ラインを目立たせている写真です。もう昨日のうちに接着作業は終りました。明日から表面処理の洗浄乾燥まで終わらせようと思います。

IMG_2126 | by PORT/32

↑ 着々と進めているギラドーガの型取り。今日はこの反面にシリコーンを流して固めに参ります。夜8時ころにシリコンを流せば夜中に結果がでる。と毎夜意気込んで作業しています。その間にドムトロやってました。

IMG_2128 | by PORT/32

↑ 綺麗に抜けましたね~。後は綺麗に流れるかどうかなんですけど考えるだけ無駄なのでやるだけですね。あ、これシリコンじゃなくてポリパテ挟みでも型が取れそうだな・・・むむむ。レジンで気泡がやばいときはそっちの方が上手く行きそうな気もする。