子供と楽しむ屋外撮影その1ラジオ動画は第247回 ショルダーアーマーとバックパックのレジンキャスト

 

DSC02890 | by PORT/32

↑ 車に機材を載せて息子と二人で河原で撮影してきました。

DSC02891 | by PORT/32

↑ 狙うは逆光の夕焼け頃を選びます。雲も多いのでちょうどいい光線を狙えるでしょうか。

DSC02893 | by PORT/32

↑ ザクⅡc5型の塗装完了のあとです。黒い板はMFDのブラックボード

_DSC6084 | by PORT/32

↑ こちらは先回のほうのザク2C5。アクリルと油彩の仕上げ。

_DSC6100 | by PORT/32

↑ 構えさせて斜め上からの撮影。良い背景が欲しいところですが、開放でぼかしてもコンクリートの直線の感じが出ますねェ。

_DSC6102 | by PORT/32

↑ コンクリが入らないように目線を下げて行く。ライフルの先までピントを合わせて絞りたいところです。

_DSC6112 | by PORT/32

↑ 構えの構図はこれでいいとして、背景にもう少し気を配らないとね。

_DSC6119 | by PORT/32

↑ いい感じの太陽の陰りです。白バックに近い。

_DSC6123 | by PORT/32

↑ 足のディテールもはっきりクッキリ出てきました。

_DSC6139 | by PORT/32

↑ ホワイトバランスで若干のオレンジも加味。

DSC02896 | by PORT/32

↑ これはコンデジで色を極端にオレンジに傾けた写真です。広角でとると違った趣で且つ迫力もありますね。ただ、背景ボケしないので現実感が一気に出てしまうね。

_DSC6147 | by PORT/32

↑ MS同士のお肌の触れ合い回線でコミュニケーションをとるザクというようなシーンで。

_DSC6161 | by PORT/32

↑ ピントか所を手前ザクの目で合わせたところ。奥行き感あり。

_DSC6169 | by PORT/32

↑ 自然光白バックのディテールもなかなか良い。しかしアームが気になりますね。

_DSC6170 | by PORT/32

↑ ここは外でもディティール詳細の表面がクールビビッドで撮影できるかを試してみたところです。いつもは部屋でやっていることなので外でやると自分に野趣が降りかかってくるんです。繊細さのスイッチが入らないのね。自分。

_DSC6171 | by PORT/32

スコープはキャノンの白レンズをイメージングしていますけど私はキャンは使わないんですよね。特に理由はなくて最初からnikon使ってるからというのが最大の理由です。でも今後はソニーの登場も大いにあります。

さて、外での撮影も二回目です。一回目のディープストライカーの時は菜の花が咲き乱れ、人の往来も今日の数倍ありました。今回は子供も一緒にガンプラをもって撮影していましたのでキャッキャしながら遊んでいました。

気が付いたことは、足りない機材がいくつかあります。レフ板忘れていた。ストロボまでは要らない気がします。自然光のうまみが消えそうです。

使うならディフューザーもいるかな。支えのスタンドも欲しいな。

被写体の高さを調整するための道具が必要です。

高さが出ないと結局自分が低くならないと取れませんので地面より出っ張った場所でなお自分は座る形でした。この日は雨上がりで地面が少し湿ってたので弱りましたね。日ごろマクロを外で使っていないのでこうなるんですね。

次から用意すべきものを準備して撮影を楽しもうと思います^^

~まだ続く

広告

DIYとか

DSC02895 | by PORT/32

↑ ちょっとだけ。

DSC02908 | by PORT/32

↑ 次の記事でご披露する予定です。

2018-04-15 12.08.07 | by PORT/32

↑ のこぎりでおすすめの一品!ライフソーはとてもまっすぐに切りやすいグリップです。

2018-04-15 12.26.14 | by PORT/32

↑ この木材は100円ショップの150円9mm厚の桐材です。これがちょうどいいチープさ^^;

2018-04-15 12.26.37 | by PORT/32

↑ 木取りしてカットします。縦切りは難しいのですが、何とかなるものです。

2018-04-15 12.44.22 | by PORT/32

↑ 部材のカットが終わりました。

2018-04-15 12.51.20 | by PORT/32

↑ これから接着とくぎ打ちを始めます。

2018-04-15 13.30.26 | by PORT/32

↑ 直角を出して板同士の接合を開始。木工ボンドを塗ってやって

2018-04-15 13.31.45 | by PORT/32

↑ ちょこっとはみ出るくらいがちょうどいい。

2018-04-15 13.37.43 | by PORT/32

↑ 隠し釘を使いました。固定して乾燥させます。

2018-04-15 13.37.49 | by PORT/32

↑ カンナかけも一部行いたいので釘を使うのは最小限にとどめたいです。

何を作っているかと言いますとメタコレの収納ボックスでも作ろうかと。ただ箱を作って中に収めるだけのものですが。この作り方のノウハウは次に生かせると信じつつです。というものの100円ショップで売られている木箱の使いやすさから勿体なさもあります。あれがもう少しまとまればいいのにとかもっと上手く利用できたらいいのに。と。

この木箱の作りかたをとっかかりとしてまた次のものが出来ればいいな。箱作りは結構面白いものです。できれば精度を高く量産したいです。そんなときにもテーブルソーが欲しいなぁ。

こんなの↓

 

2703 マルノコ盤 マキタ 02505036