これもジオラマ

FAガンダムのメンテナンスベース?MSハンガー?ができあがりました。

キットはプレミアムバンダイ限定のFAガンダムウェポンMSハンガーセットとなります。

ボックスアート | by PORT/32

↑ こちらの中身を作ってこれまでに製作していたFAガンダムと組み合わせると如何にもFAガンダムのアーマーを着脱しているシーンのようなディスプレイが出来上がるという方式ですね。

↑ ブログ限定ラジオ動画第58回

↑ まずは箱に大事にしまっておいたガンダムのアーマーを取り外してまいります。

↑ 上半身を分解。

↑ ホワイトの艶消しでは、少々目に見える範囲で色移りが出てしまっていましたね。グレーのこすり傷みたいな感じです。

↑ 次は下半身。コアブロックのところはバッテリースイッチシステムです。

↑ 上下ともアーマーを脱がしてすっきり。カメラアイも思い切り点灯させています。

↑ ハンガーに全ての装備品を取りつけました。

↑ おおぅ。これが見たかったんだよなぁって感じにはまりこみましたね。

↑ 目は光っているのでさぁこれからアーマーを装着するよ~状態です。

↑ アーマーを取りつけている部分の支柱は裏面が抜きになっています。しかしそれは向きなどあまり考慮されておらず裏面が見える形となっていました。これにはもう少し気を配って裏までちゃんと塗っておけばよかったと塗装したことを少しばかり後悔しちゃったな。

↑ あの背中の巨大なバックパックもサイコザクのプロペラントタンクと比較するとかわいいものに見えてしまいます。

↑ 足元のスリッパもちゃんとカタパルトデッキのような箱モノが用意されています。ちゃんと脱いで下駄箱にしまう感じで^^;中央脱出ポッドを置いています。

バックパックのちゅおう四角いコンテナはビームライフルのエネルギーパックです。合計8個載せられているという設定です。自由に着脱できる4パック固まりと4個のパックが付属。

↑ 足元の状況ですが、この地面のモールドは実は考えていたステージの45度回転させた状態で取り付けられます。

相じゃないとガンダムが収まらないことになるんですよね。ちょっと説明が難しいのですが、これをここまでお作りになった人にしかわからないようなスペースの取り方になっているんですよ。最初なんでガンダムが載せられないんだろう??

ってなりました。モールドの模様を正面にしてはダメなんですね。それをさらに45度にしてデフォルト設定となります。

↑ 絶妙な隙間で整然と並べられたFA

↑上面部分のホワイトが反射してカッコイイ。

↑ ハンガー後ろには新武器が立てかけられています。この4本を作るのに3日掛かったんですよね。苦労しました。

↑ 上に見えているのは、バックパックから垂れているFAのプロペラントタンク。じつにこれもはみ出た状態に演出されます。

これでFAガンダムの方はおしまい。私のガンプラコレクションに加えられました^^

広告

これもジオラマ」への4件のフィードバック

  1. pZeroさんこんばんは
    此にてFAガンダム終了ですね。お疲れさまでした👏
    確かにこのウエポン&ハンガーはちょっとしたジオラマですよね。こういう物をどんどん販売して欲しいですなぁ。ただスタンドに飾るよりもこっちの方が見栄えもいいですし。

    サイコザクを見た後にFAを見ると、FAはスマートに見えますね。
    というかサイコザクのタンクがでかすぎるんだと思うんですよね。

    いいね: 2人

    • 肥後さんおはようございます。
      ありがとうございます。FAガンダムやっと終わりを迎えられました。
      このあっさり目なシチュエーションを彷彿とさせるものはいいかもしれませんね。
      実は思い描く物があるんですが、これ以上これに時間を避けないこともあって
      今年中でなにか実現できたらいいかなって考えています。

      ザクの後方が太過ぎじゃーんwですよね。なんというかジオンに肩入れしすぎてませんかしらん?
      カトキさん。と思うこのごろですが、FAユニコーンを思い浮かべると、それもないかぁと
      一人杞憂に浸るのでございました^^;

      いいね

  2. pZeroさん
    こんばんは
    完成(完結)おめでとうございます!
    ハンガーを含めて完成とすると長かったですね〜^^;
    装備いっぱいでボリューム満点な武装やタンクにEPは一体どれだけの長期戦を繰り広げるのでしょうか!?
    どのくらいの時間コクピットに監禁されてしまうのか!?なんて妄想が膨らみます。
    あのサイコザクと合わせて見てもなんだか過酷な戦闘を彷彿とさせられます。

    ハンガー裏の肉抜き確かに・・・でもディスプレイのためのハンガーですからね(^^)
    気になりませぬ〜

    いいね: 1人

    • ピッコロさんおはようございます。
      ありがとうございます。
      ハンガーの塗装をここまでやるつもりは無かったのですが、塗装だけでもと頑張ると裏面が表に出るという逆効果的な結果を招いてしまいました^^;
      もうこのままにして終わりにします。
       劇中あの状態から取り付けになるとどれほど時間がかかるんだろうって思いますね。んで、お互いの陣営が同時に攻撃を開始するとか偶然にもほどがある気がしますけど阿吽の呼吸というかどっちも偵察索敵の能力も高かったかもとか、いろいろ妄想しちゃいますね。
      そういった意味ではサンボルは過酷な戦争状況を描いた作品であると言えますね。
      これからの展開も面白そうですよ~^^

      いいね: 1人

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中