デカールの出来はそれなりだった

この旅のMGサイコザクには年末のバンダイの販売戦略としてVer Kaのキットにプレミアムデカールが付属します。どうやら全部ではないらしく対象になるキットの例外もあるようです。

キットに中には水転写デカールがおまけに付属するという年末のバンダイの販売戦略なのです。

image | by PORT/32

↑ こちらは元来付属するデカールです。Ver kaは他のキットに比べると大量の水転写式デカールが付属します。これは伝統ですね。だから対して驚きません。その全てが使われなくて残ってしまうことも解ります。

image | by PORT/32

↑ 画像では解りにくいのですが細かい文字があります。固有の形状のものもあり、コーション以外は仕方なしと言ったところ。

image | by PORT/32

↑ で、こちらが今回新たに付属するキャンペーンもののデカール。

image | by PORT/32

↑ シードのフリーダムガンダムでプレバンからエフェクトパーツのなかに入っていたデカールと同じような感じがします。

詳細のカメラが今出せない状態ですのでまた後日写真を撮りなおします。

image | by PORT/32

↑ めでたく素組は昨夜終わりました。

image | by PORT/32

↑ ジョニザクのほうがおまけみたいな感じになっちゃってたり。

image | by PORT/32

↑ ぶっといのが中心にきえ、上下にコタンクが付く構造。

image | by PORT/32

↑ 武器類の取りつけの形式はこうです。

一番下のコタンクに専用ラッチがついてきます。最下部ザクマシンガンが左右に2丁。その上に専用マウントでシュツルムファーストが3本。付け根両脇にザクマシンガンの予備弾倉が2つ。

中央大型ブースタータンクが取り付けられますが、そこには上下のコタンクとの差さえが6点ほどで支持される形になっています。

image | by PORT/32

↑ 横方向から見た接続形状。

主の大型タンクとザクバックパックへの直接の接続はありません。

バズーカの取り付け方は最上部のコタンクと主タンクの間に専用マウントパーツが付属しそこにジャイアントバズのグリップ中央を噛ませることで固定します。主タンクとバックパックの隙間にバズーカの弾倉が収まる形にマウントが3つは要るような形状になっています。すっぽり収まる。

image | by PORT/32

↑ マシンガンがポロリしやすいのでご注意を。

左上の渦巻き状の構造体はサブアームで、ここはやはりFAガンダムとは少し違う形状ですね。スライドしてバックパックの中に入るギミックでは無く外に出たままです。

なんとなくガンダムよりこっちの方が豪華に見えるんです。気のせいかもしれません^^;

あと主タンクコタンクの左右モナカの継ぎ目のラインですが、その縦線に凸モールドがすぐ脇に来るようになっていて気になるようなことはございませんでした。ゲートの処理をしっかりとしてやれば接着なしでも大丈夫だと思うレベルでした。