zzⅡディティール接着作業中

今回色々切ったり付けたりしてるので組み立てが複雑なのと塗装エラーもあったり。

昨夜2時間でまだ艶消しを行う段階にも行けてません(;´Д`)

写真: 2016-10-19

↑ 背景の方にピント合っちゃって。

写真: 2016-10-19

↑ これでいいかな。この配色で落ち着きます。

赤いのはいつものレッドポイントです。

注目はあれかな、マズルのメタルパーツ。色々組み合わせて3個つないであります。直径の合うものを2mm径のプラ棒で繋いだだけでこんなにもw

ZZの額にあるハイメガ粒子砲相当の物であればメタルパーツで再現しました!でもいいんじゃないでしょかね。

写真: 2016-10-19

↑ もう一つ、ヒートシンクをいくつか作っているうちに出てきた副産物とでもいいましょうかね。これも同じ要領で作ったものです。ちょっと大きいだけですがやってることは同じです。スジ彫りと穴あけプラ板の工作を組み合わせているものです。今後のディテールアップの一助になるだろうと思う工作ですのでちょっとここに記念として表現をあらわに残しておくことに。

写真: 2016-10-19

↑ ディテールアップした装甲裏パーツですね。こう見ててもプラ板3枚で構成されています。裏面なのにここまでやるのはなんとも面倒であると思いますけど無ければ無くても暗くグレーに塗るだけでも全然OKです。

写真: 2016-10-19

↑ 道の駅のガチャガチャで見つけたテントのフィギュア。

下にスライドスイッチがあって光ります。これはどう見てもノルディスクのテントだな。マークが熊だし。

どうせなら山岳テントシリーズも欲しいところです。あ、自作しようかな~自分のテントシリーズとかいいかも。

プラ板の貼り合わせで出来るし中を光らせるのも得意だからいいかもしれませんね。ウズウズしてしまうんですけどとりあえずZZⅡをはよ・・・。

zzⅡディティール接着作業中」への4件のフィードバック

  1. セメントの木枠に触れていただいて有難うございます^ ^
    墨入れ塗料をバタンと倒した経験ありますよ〜〜
    お掃除大変でしたし、しばらく部屋は臭かったです(^^;;
    そいうこともあって動画の所々に登場する木枠がずっと気になっていたんで質問してみました。返信がってあの後すぐに作りたくなって取り急ぎ手持ちのプラ板で作ってみました。マークⅢの横にちょこんと置いたのはわざとでして〜^ ^
    pZeroさん気づいてくれるかなーって(^^;;
    うふふ
    さて、ZZⅡ間もなく完成ですね。プラ板を屈指したディテールアップとメタルパーツでマズル加工などなど動画リストの中でも注目の機体となりそうですね。
    完成まで頑張ってください。

    いいね: 1人

    • セメント木枠の元ネタはモップさんというミリタリーモデラーさんから教えていただいたものでごさいまして、
      ヒノキ材でなくても作るのは簡単で2つあるから倒してしまう確率も減るとのことでした。
      やってみたいと思う心の方が大事ですね。暇つぶしに簡単に出来るというか、この工作だけで実用性もあって一石二鳥ですね。
       さて、ZZⅡは昨夜艶消しを噴き付けて終わりにしようと思っていたのですが、
      これがまた接着剤がはみ出たり、パキッと割ってしまったものがあったりとトラブルが続いて
      なかなか完成となりませんです。なんとか今夜あたりで蹴りを付けたいところでございます^^;

      いいね: 1人

  2. pZeroさん、はじめましてCodeNameZioと申します。
    数十年来のガンダムおっさんです。
    YouTubeからここに辿りつきました。

    はるか大昔、蓋の開いたタミヤセメントを転倒させた経験あります。
    プラモのパーツドロドロに溶けました。
    あと、タンスをラッカー臭で復帰不能にした記憶も。
    今となっては懐かしい思い出(違うね)

    ここ最近、プラモデル製作再チャレンジを検討してるのですが、
    道具類はとうの昔に処分してしまい、やるとなると一から揃えることに。
    なので、とりあえず素組みして、改造や塗装は揃い次第と思っています。
    ただ、その先の塗装は諸問題をどうクリアするのか、それが課題です。
    部屋内の臭いとミストの問題は塗装ブース組んで外排気でいけると思うのですが、
    なにせマンション生活なので、外排気ですべて問題解決というわけにはいきません。
    おそらく総合的に判断して水溶性塗料生活になると思います。
    今はほぼ無臭と言われるファレホでいろいろテストしてみようかと情報を収集中。
    幸い、車で10分ほどのところにヴォーグスショールームもあるので入手性は問題ありません。
    最初の数台は筆塗りでペタペタやると思うので、塗装ブース組むのは来年でしょう。

    pZeroさんの動画は作業工程や必要道具がきっちり撮られているので勉強になります。
    再チャレンジの時にはいろいろと参考にさせて頂きたいと思います。

    長々となりましたが、これからも活躍ご期待しております。

    いいね

    • CodeNameZioさんこんばんは。
      ガンプラ製作復帰の意欲大変強く伝わってきました。
      塗料ビン、接着剤のビン、シンアー溶剤のビンどれもこれも日常的に倒してしまうものですよね。
      その弊害にも負けずなんとか耐えて次に突き進む我々の心はちょっとやそっとじゃへし折れません^^;
      ファレホは色の種類も豊富だし、エアブラシ用もあるようですのでガシガシ動かすことなく飾ることを
      メインにしているのなら私も賛成です。実際ファレホは発色がよろしいですね。
      筆の伸びも申し分ありませんでした。
      ボークスが近いのはうらやましいです。

      確かに道具がたくさん登場していますね^^;
      もう時間短縮につながるものとか、これは便利だとかこれなら綺麗にカットできますよ。
      なんて謳い文句を聞いたらすぐに手を出してしまうんですよね。
      時間こそ大事ですが仕上がりも綺麗に出来るのならとついついそちらに流れてしまいます^^;

      行けるところまで進んでまいりますのでよろしくお願いしますm(._.)m

      いいね: 1人

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中