pドムのシール貼り

MSDのプロトタイブドムは試験型と言うこともあってかラインマークが非常に多いので苦労しました。

写真: 2016-09-20

↑ これはまだ肩の塗装がサフのままです

写真: 2016-09-20

↑ 横からみてみるとドムの深さが出てませんね。

写真: 2016-09-20

↑ ザクとドムとグフも少し腹にまじっています。

写真: 2016-09-20

迫力のビームバズーカは他に転用してやりたいくらい。

写真: 2016-09-20

↑ マッシュ!オルテガ!モビルスーツにジェットストリームアタックを掛けるぞ!

写真: 2016-09-20

↑ で一旦バラバラにして、スミイレを行いました。タミヤのブラウンを使用。

写真: 2016-09-20

↑ 足の裏はこれから拭き取り後塗り分けも行います。その他バーニア類とバズーカの動力パイプも。

写真: 2016-09-20

↑ バズーカの動力パイプは他の部分と同じ色のダークブラウンにします。

写真: 2016-09-20

↑ 足のホワイト部分が映えます。

ビームバズーカのパイプもホワイトにしました。ポイントになるので赤でもいいかもしれない。

写真: 2016-09-20

↑ モノアイはハイキューパーツのセンサーシールを使用。先日出たばかりの非売品を頂きまして、さっそく使っています。

写真: 2016-09-21

↑ お片付けされるジムⅡと。肩のほうは継ぎ目ラインを消して塗装を行っています。

写真: 2016-09-21

↑ シールです。先日のラジオでもお話ししましたけどシールがとんでもない部分で切断されてましたので、上下を貼り直し位置合わせ。ラインシールが一本だけ真っ二つに分かれていましたが、貼付に成功。

私と同じような乱調シールをつかんでしまった人もいるはず。

写真: 2016-09-21

↑ バックパックの部分にはったマーキングしーる。やはり余白が目立つ。もう少しカットしてやろうかしらん。

写真: 2016-09-21

↑ ラインシールは余白がほとんどない。しかし、水転写デカールの方が張る時の微調整が利くので貼りやすさはデカールに軍配が上がります。

写真: 2016-09-21

↑ ジムと並べるとドムの方が強そうなの。

ジムⅡは何年前の物だろう。忘れちゃったけどいまもいい色のピンクが発色されていました。

pドムのシール貼り」への2件のフィードバック

  1. あの不良シール使えたんですね〜!!
    ああいう不良品ってあるんですね。
    どちらにもびっくりです。
    パーツにも不良品ってあるんでしょうか?
    まだ、遭遇したことはないんですが交換するにしても面倒ですよね。
    新たに一個くれてもいいと思うんですけどね・・・ニヤ!

    いいね

    • こんばんは。
      あのレベルだと、販売店に行けばその場で交換です。ただ、出かけるにも台風の大雨で億劫なこともあり、切れた部分をピッタリ合わせるやり方でやりました。デカールなら問題なくやってしまうのですが、シールも薄手でなんとなくうまく行きました^^;
      不良パーツはありますよ。
      たとえばカーモデルのガラス部分に思い切りずばーっとウェルドラインとか。そのときは電話で事情を説明したら送料無料で対応してくれました。

      いいね: 1人

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中