HG百式を作る 経過2

お昼休みの予約更新です。

百式Riviveを製作中。

コンセプトとか言い出すと際限なく登ってしまいがちです。いい加減なところで切って止めてないといくらでも費やしてしまうので、そこでちょい改造で終らせようとストップをかけるくらいにブレーキをふみながらやっています。

前回の計画書通りに進行中です。

 

動画&記事ともどもどうぞ。

写真: 2016-09-05

↑ クレイバズーカです。キットのままだとあまりにも薄っぺらくて貧弱に見えましたのでど真ん中で1,2mmプラ板を貼りつけてあります。

写真: 2016-09-05

↑ なんと砲身が分かれてくれますが、これは最後に接着する予定です。

写真: 2016-09-05

↑ どういう仕組みかというとほぞ組みにしました。本来なら真鍮線の軸うちで良いと思います。ただ何となく。

写真: 2016-09-05

↑ プラ板は可動領域は避けておきました。あの中央は白い線が入っていませんね。そこはグリップが行ったり来たりするところなもので。

写真: 2016-09-05

↑ 背中に背負わせるとこんな風に別の武器を刺している感じですね。

さて、百式の姿勢を変更しました。S字姿勢を取らせます。

想像通りでプラ板で切った貼ったで腰の部分に4mmほど後方にかさ上げで追加。

ポリキャップは弄っていません。そのままこのくらいの姿勢は取れます。隙間を埋める感じでプラ板を工作しているだけですね。

写真: 2016-09-05

↑ 腰回りの不満はふんどしの中心のあれも貧弱すぎで私の好みに作り替えです。

写真: 2016-09-05

↑ 中央3mmのブロックを追加周辺を0.3mmプラ板で囲いました。

サイドアーマーは殺風景なのでゼータのサイドアーマーのようなブロックを作りました。透明ですが塗装しますので特に意味はありません。パテで一個作ってお湯まるで複製。

写真: 2016-09-05

↑ ビルダーズパーツのバーニアをなんとか移植したいです。

元来はバックパックから飛び出さないバーニアノズルが3mm径ほどの小さい丸が4こ。

余にも見せ場が無さすぎな地味なデザインなので何か変更点を加えたいところ。

 

このビルダーズパーツのバーニアも使ってないのでなんとか応用したいと思うのですが、大胆に切らないとやれなさそうです。

HG百式を作る 経過2」への3件のフィードバック

  1. こんばんは〜
    ちょっと週末東京出張やら、研修やらで動画もブログも見れていませんでしたが
    あらあら・・なんとそんな感じに進んでいたんですね〜
    いじってますね〜
    楽しそう!!
    切った貼った・・・どうなるんでしょうか
    塗装したらまた感じがガラッと変わりそう〜

    以前から度々登場するUVレジンですがオススメのようですね。
    私はタミヤのあれを使ってますが違いますか?
    今度買ってみようかな。

    私は今マーク3を製作中です。
    塗装計画のため素組まで終わって早2週間。
    基本の色が決まらず塗料を買いあさっています。全然決まらない(^^;;
    考えている間にサフだけでもと思うんですけど手が動きません〜!
    pZeroさま〜決めてくださ〜い(なんてね)
    あっ!ドットはやりませんから(^^)

    いいね

    • お仕事お疲れ様です。
      リバイブの百式はこれまでの百式に比べると細身で小顔の印象が強く
      全体のデザインはきゅっとまとまった感じです。
      今回の改修というか改造は個人的な好みの方向に振るってことで、よくある定番改造なんです。
      大きくデザイン形状を変更するほどでもない改造なら完成度の高いHGは最良の素材だと思いますし
      今回の百式はとくに楽に感じました。

      光硬化パテとUVレジンの違いですね。UVレジンの方が硬化後固いですね。透明なので
      同じ時間光を当てて硬化させるも奥までしっかり固まる感じがします。
      未硬化が残っていると両者充填部分が剥がれる原因になります。
      あと硬化後はヒケは感じません。
      タミヤの光硬化パテも持っていますが、何年も前の物だからかキャップが割れてて驚きました^^;
      あれは匂いが独特なのとプラへの食いつきがこれより若干落ちる感じがしました。

      MkⅢのカラーリングですか^^;
      あの時私はウォームグレーを使ったんでしたっけね。初期設定のままの青紫のMkⅢは少々細身なデザイン。
      ホワイトを若干グレーに振ったものときつめのスミイレだけでヘビーメタル(エルガイムのロボ)のように見えます。エレガントな悪魔的な違う面持ちに変化します。(かつて写真とって色調補正して確認済みでーす。)

      いいね: 1人

      • そうですね。たしかホワイトにグレーとダークアースを混ぜてトーンを上げたり下げたりとおっしゃっていましたよ。それいただこうかなと思っています。
        レジン買ってみますね。タミヤは奥の方がちゃんと固まってるか心配な時があります。時間かければいいんですが、なにせせっかちなもので(^^;;

        いいね: 1人

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中