LED発光ユニットの製作

このところこれの質問が何件かありましたので動画を編集しようかと思っていたら肝心のハンダ作業が取れてませんでした。なので急きょもう一個作って製作手順を収録しました。

2個作ることになったのですけど、簡単なので撮影してなければ1時間で完成します。動画は早めにお出ししたいと思いますのでもうしばらく待っててね。

写真: 2016-08-06

↑ 小型のスライドスイッチです。三極のもの。

電子パーツ屋さんに行ったらこの写真をスマホで見せたら解るって感じで撮影しておきます。

大阪ならデジットか共立ですかね。いつもそこで買ってます。他、マルツと千石さんあたりにもあるかも。ほぼ同じ場所に立地されています。

名古屋だったら大須コメ表ビルの奥にも何店舗かあります。

東京は秋葉にいっぱいあるよね。

写真: 2016-08-06

↑ DIPピンソケット一つなぎです。これのピンは使えるからね。機会ある時にまた登場するので買っておいて損は無し。

写真: 2016-08-06

↑ 定格は3.2Vの白LEDです。

写真: 2016-08-06

↑ エナメル線。この長さの物が無ければリード線の皮を剥いて中の導線を使てもいいでしょう。細緯線じゃないと入りきらないですから。

写真: 2016-08-06

↑ 銅版か真鍮版です。100円ショップでも売られていますね。

写真: 2016-08-06

↑ 半田線 これも100円程度

写真: 2016-08-06

↑ 好みでフラックス。 なくてもおk

写真: 2016-08-06

プラ板を切りだします。Pカッターで切って、切り口はヤスリで整えて。

写真: 2016-08-06

↑ 箱組をしてスイッチを入れる穴を三か所開けて通してプラ棒で固定。真鍮板を切って貼り付けDIPソケットとリード線と電池スイッチとハンダで繋いでやります。

写真: 2016-08-06

↑ 簡単です。大体1時間あれば簡単に出来る工作です。LEDライトを作るのと同じ要領です。

写真: 2016-08-06

↑ ただガンダムの腹の中に仕込むという意味ではサイズ寸法を現場合わせにしないといけない部分があります。この現場合わせは自分で試行錯誤する必要ありですね。削るだけですけど^^;

大まかな寸法は前の記事にある通りです。あれの通りにカットすれば出来上がります。ただし下方のスイッチ部分にくるところ(下から10mmの部分)は奥行きが少し狭くなるのでここだけはプラ板が削らないといけません。

削りすぎると中でスカスカになるかもしれませんので現場合わせという作業が必要になります。数字であらわしてもまず同じものが作れませんのであえて現場合わせと表現しておきます。

LED発光ユニットの製作」への4件のフィードバック

  1. こんにちは〜ψ(`∇´)ψ
    動画では無くブログ形式の方が解りやすいかも知れませんよね。
    いっその事、pZero さん、これプレゼント企画しちゃいましょうよww

    いいね

    • おはようっす。うーん、物品のやり取りは避けたいと考えています。
      動画が近々でますので、フレームアウトもちらほらあるんですけどお楽しみに~^^

      いいね

    • こんちはー
      材料さえあれば
      一時間ほどで完成です。難しいのは内寸と組み立てる手順なので
      動画の順番に作っていけば簡単に出来るようにしたつもりなんで^^;

      いいね: 1人

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中