FAガンダムのセンサーを光らせる

 

写真: 2016-08-03

↑ まずはシステムアップされたカメラセンサーの発光を見てもらいましょう。

今回の発光は今までの物とは違います。もともと発光ギミックの予定のないモデルに強引に工作を行うので悩みました。

前のフリーダムでも本当は光らせてみようと思ってたのですが、断念。

しかし、こちらはエマージェンシーポッドのスペースがあり頭部へのアクセスもしやすい構造だったので思い切って行っています。この方法であれば完成した後でも、例え塗装を終えた後でもシステムを追加するだけで光らせることが出来るので、腕に自信がある人は是非。

写真: 2016-08-02

↑ ヘッドを取り外した状態はこんな風になっています。この状態でLEDは取り外し可能です。

写真: 2016-08-02

↑ 上半身も取り去ると電池ボックスとスイッチが現れます。

LEDの足はスズメッキ線ですのでヘッドユニットごときは十分支え切れるって寸法です。

写真: 2016-08-02

↑ スパチュラの先のところスライドスイッチを仕込んでいます。あそこでオンオフを行う。

写真: 2016-08-02

↑ DIPソケットに差し込むだけでいいので、取り外しも簡便に出来ています。もちろん上半身を付けた後でも取り外しは容易です。

写真: 2016-08-02

↑ 白色LEDこいつの足をどの程度でカットするか調整も可能。

写真: 2016-08-02

↑ 要は電池ボックス(スイッチ付)をプラ板で自作したってだけですね。

回路は電池二個と簡単な直列繋ぎでGNDでオンオフ回路入れただけです。ハンダこては必要ですが、難しい計算は無で行ける範囲内で収めています。

写真: 2016-08-02

↑ 胸のフィンあたりは構造に余裕もありはみ出た電池も収められる位置へ設計しました。敢えてスイッチはアクセスのしやすいへそ部分の下方へと位置決めしてあります。

写真: 2016-08-02

↑ 首の内部に見える3つの穴がDIPソケット。

ここの左右だけ使います。中央はダミー。

では、その電池ボックスを見てみます↓

写真: 2016-08-03

↑ 内寸をノギスで計測し合わせてプラ板の1mmでカットしたものを箱組します。そこで内部に収まるように現場合わせで削り出します。角という角は丸く丸くサンディングしました。

写真: 2016-08-03

↑ 横から見ると、電池は出っ張っています。取り出しのことも考えるとこれで良し。下方に階段状になっている部分は下半身側への固定のためにあのような形状でないと入りきらないからですね。側面で最も幅が広いところで10mmですが、下段に行くにしたがって1mmづつ減っています。

丁度その後ろに出っ張ったところがありますが、スイッチとリード線のハンダが出っ張っています。

写真: 2016-08-03

↑ そう、黄色いテープの左側ね。半透明の出っ張りがありますがもう仕方ありませんでした。ガンダム側の内部のあの部分だけ削り取っていますが、外からは見えない梁の部分だけの加工に収まっています。

では大体の寸法と設計図を掲載しておきます。だれでも出来ると思いますがこれはプリントアウトしての写しとりでは同じものは出来ないのであしからず。

用意する物は電子パーツ屋さんに行けば全て揃いますがその手間と面倒が大変かもしれませんね。でもLEDライトを一個作るていどの工作であることと、これからも発光ギミックに強くなる工作ですから夏休みにいっちょやってみるのもいいものかもしれませんよ。

電池ボックス

↑ 右クリックで別窓へ

FAガンダムのセンサーを光らせる」への4件のフィードバック

  1. pZeroさん
    こんばんは
    なんとなんと仕込みましたね〜
    スペースの問題があるようでしたのでされないと思ってましたがびっくりです。
    エマージェンシーポットのスペースを利用し、かつ本体には影響のないシステムを
    組み込むなんて素晴らしい発想
    夏休みの工作か〜!
    いいな〜ちょっとやってみたくなりました。

    いいね

    • 素材集めから始めないといけないのですが、目が光る程度の工作なので
      一回やると要領よく出来ると思います。
      エマージェンシーポッドを先に終わらせたのが手を入れる決心に繋がりました。
      転ばぬ先の杖とでも言いましょうか宿題は早めに終わらせるってのは
      大変だけどいいこともあるんだなとこんな年で実感しました^^;

      いいね: 1人

  2. YouTubeも欠かさず見て日々勉強中です。いつも楽しませていただいてます。あちらにもカラーレシピの件でコメントさせていただいた者です。
    僕もチャレンジしようと思い部品は用意したのですがド素人なもので全く配線のつなぎ方がわかりません。僕なんかにもわかるように教えて欲しいです。よろしくお願いします。

    いいね

    • いつもご覧いただき愛がとうございます。
      後日になりますが、LED発光のシステムの製作風景も動画にする予定ですので
      今しばらくお待ちください。電池二個の直列繋ぎで、マイナス側でスイッチをつなぐだけの単純なものです。
      LEDには左右で極性がありますので、そこだけ注意ですかね。

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中