途中でサムネイル用の写真撮ってみますと

フリーダムガンダムもいまはでデカールの貼りつけ作業の直前の写真です。

サムネイルの画像はどうしても一番最初はガンプラのパッケージになりますので素組が出来上がり次第サムネイルだけでも先にある程度の形にしたもの、塗装出来たときにも数枚。完成時まで繋ぎで、完成したら差し替えなどを行っています。

写真: フリーダム003

↑ いま撮影しているのは塗装後の写真。やはりプラのままより落ち着いています。

ピントは顔の額あたりです。カメラを何も考えずに撮るとありがちな日の丸構図。

真正面で誰もがとりやすい構図です。

この構図は全体で撮ることを心がけている人が多いでしょう。しかし思っているよりも忘れがちなカットになります。考えてない撮影者はなにかと全体をひとまとめにした写真ばかりを撮影することに専念してしまう傾向にあります。特に自分で作った物であればなるべく全体を見せたいと思ってしまうんですね。と自分に言い聞かせつつ・・・

写真: フリーダム009

↑ 腕とヒジの甲を強調、顔を若干ぼかし気味にすると遠近感が出てきます。ピントはヒジのカクカクっとしたところに合わせると一眼レフ機なら絞りを開放するだけでその場所以外はぼやけてくれますので遠近感が出ます。

写真: フリーダム010

↑ こちらは顔にピントを合わせた物です。カメラのレンズと顔と等距離にあるものにピントが合いますのでフリーダムの体躯のどこからかに合っています。逆に手のビームサーベルなどはピントズレになりますが全体が写っているわけでもないのに大きなものが迫ってくる感じがしますね。

ピント位置変えただけで写真一枚でもその効果が変わるので面白いものです。

20年前はこんな写真撮れてもブログなんてなかったし大きな写真は敬遠されていましたが、今やうちですら一枚15-35MB程度の巨大生データから数枚の軽いものからなんでも上げられるから良い時代になりました ;)

途中でサムネイル用の写真撮ってみますと」への2件のフィードバック

  1. うんうん!!全体を撮りたくなるものですよね。
    ついつい全部見て欲しくてね(^^)

    ポイントを絞って撮ると自然に効果が出て面白いな〜

    いろいろなカットを試してみます〜!!

    いいね

    • 写真一つで印象変わりますので、私のような動画主では静止画の部分はあまり
      長く出せませんしで、瞬間のインパクトは大事だなぁとつくづく感じるこの頃であります^^;

      いいね: 1人

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中