オリジンザクⅠ

 

写真: 2016-05-23写真: 2016-05-23

↑ 素晴らしいプロポーション。これ以上望むこともないほどの良いキット。

ゲート処理を行い、サフェーサーをザザッと噴き付けたらいよいよ筆塗り塗装を行います。使いますはタミヤのエナメル塗料です。

写真: 2016-05-30

↑ ゲート処理を行って塗装を開始。

まずは一番内部に存在する物から塗装する。今回は小学高学年程度のお子さんにも丁寧にやれば出来るということをテーマとしてやってみたい。

試行錯誤のやり方なのでこれだけでは収まらないだろうと思います。シリーズ化するかも。

写真: 2016-05-30

↑ 関節は曲げた時とまっすぐな時の2か所がありますから塗り残しがないようにね。

写真: 2016-05-30

↑ 塗りたてほやほや。はみ出ているけど気にしなくて良し。

ハードルを高くするとそれだけで一気にやる気が覚めるかもしれないからまずははみ出たりする「塗り失敗をしても大丈夫だ。」ということを見せたほうがいいと思う。

写真: 2016-05-30

↑ バズーカや対戦艦ライフルも同系色なので少しだけ違う色を混ぜて筆塗りする。動画中では筆で塗る時に着くムラや塗料の特性を生かしていることをある程度入れて居るつもりだけど尺の関係上どうなるやら。です。

写真: 2016-05-30

↑ エナメル塗料なら筆塗りでもこれくらい均一な塗装が出来る。せっかくの筆塗りなのにこのまま綺麗塗装では面白くないから味付けはこってり行います。いまは基本塗装下塗りってところでしょうかね。

写真: 2016-05-30

↑ ザクマシンガン。持ち手で邪魔になってて塗り残しも出てくるのでタッチアップしていくことも忘れずに塗ります。

写真: 2016-05-30

↑ マシンガンマガジンは2個付属。ヒートホークは電源入りと電源切りの状態がいっぽんずつ付属。バズーカ弾倉3個。オリジンザク系キットの統一感が素晴らしいおまけたちですね。

フリーダムそっちのけになってしまいまして、筆塗り楽しいです。このところエアブラシの塗装でグロスの仕上げとかで詰めてたから筆塗りの楽しさを思い出しています。ほほほ^^

オリジンザクⅠ」への2件のフィードバック

  1. pZeroさん
    こんにちは
    「出っ来るかな〜♬ 出っ来るかな〜♬」
    のっぽさん!教えて教えて〜!
    って感じですね。
    「失敗してもはみ出しても大丈夫!こうやって修正できるよ〜ん(^^)」
    エナメル塗料をチョイスされたんですね。ムラなく塗れるし修正も簡単で
    シリーズ化アリでしょう!ちびっこだけでなく大人も楽しめそうです。

    そしてキットは素晴らしいプロポーションと豊富な武装内容ですね!

    のっぽさん頑張って〜!!

    いいね

    • ピッコロさんおはようございます。
      ウホウホウホホホ~私はゴン太の方かもw
      選択肢として水性ホビーカラーも考えたんですけど、実は旧HGのほうで実験してみたら
      「こりゃ使えん。」ということになりました。努力しても結果が伴わない感じがしすぎて
      断念する理由になってしまいそうなくらいなので今回はやはりエナメルを使うことにしました。
      小さいお子さんのことを考えるとラッカー系は駄目となる可能性が高く「次はエナメルも対象に
      なるだろうか」とも考えたのですが、ここは様子を見ながらですね。
      他純粋に水性エマルジョン系を選んでもいいかも(ファレホとか・・・。地方は入手難しいかな。)
      なんて思いつつやっています。
      塗料の差で色々作っていくのもいいかなって思っています。
      クオリティはこのままでシリーズ化させたいところでございます^^/

      いいね: 1人

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中