完成動画連動にしてあるので先にこれを読んでいただくと助かります。th6まとめ3

バルバトスth6完成

写真: 2016-04-27

↑ 基本塗装後

写真: 2016-04-27

↑ 後上方から

写真: 2016-04-27

↑ 密度感あり。耳のとがり具合、パイプの入り方。頭部へのサポートが感じられるように

肩のプラ板追加が地味にオリジナル性がでているとおもう。

写真: 2016-04-27

↑ 背面から全体像。

印象は白と黒。オルフェンズシリーズは背面が露出部が多いともあるが、このth6は関節部分以外塞がっているものと考えたほうが無難ではないか。

写真: 2016-04-27

↑ 関節露出部分。シリンダーとパイプスプリングの構成が絶妙の関係。動画中にも何回か出ます。

写真: 2016-04-27

↑ 足首にも短めのメタルパイプを挿入することで異質な硬質な感じが見られるように。

写真: 2016-04-27

↑ 前方向を向いても目は額のパーツで隠れる。

汚し塗装をしていないと何となく新品の感じがして、オルフェンズの世界観とはマッチしてない気もする。

どうだろう。バルバトスが初出の時は久しぶりに泥んこのガンダムが見られると期待していたのではないでしょうか。

最終回二話分はきっちり地上でかつ地面の上で戦っていましたね。

三日続きの戦争でまともに整備も進まない状況であれば各所ダメージもあるはずだし。

ということで、

写真: 2016-04-28

↑手っ取り早く足元からチッピングを追加し始めた。

写真: 2016-04-28

↑ だんだん上にチッピングを足す。

写真: 2016-04-28

↑ 太もも

写真: 2016-05-02

↑ 足元に行くほど泥んこを足してさっきまで地面を蹴り戦うシーンが思い浮かびます。

写真: 2016-05-02

↑ 泥をかぶり砂埃を受け雨もあったり塗装の地金が見えてきた感じがありのオイル漏れも水垢も表現してみーの

写真: 2016-05-02

↑ 筆のチッピングも久しぶりで

写真: 2016-05-02

↑ あの青い部分はキャンディ。写真: 2016-05-02

↑ 足の地面側にはアクリル絵の具と油彩で表現。migピグメントも使った。

今回はスパッタリングを行う。

写真: 2016-05-02

↑ 泥はねである。スパッタリングという技法。どこかでスペックリングって書いてたが、発音の違いなのかな?

写真: 2016-05-02

↑ 全体に、うっすらと地面の色をフィルタを掛けたようにしました。色の変化はわずかに色調変更された感じに。

写真: 2016-05-02

↑ ケツだけ白く光ってる・・・。

写真: 2016-05-02

↑ 先のウェザリングなしの塗装後背面の写真に比べるとリアル感も上々。

写真: 2016-05-02

↑前面俯瞰で見る。高さも大きさもあるよね。

写真: 2016-05-02

↑ 胸のダクトの空いたところにはメッシュを入れて完成させましたが、写真では見えていませんが、動画ではライトを当ててて出しています。

th6完成動画伊賀画でしたでしょうか。

まとめ記事も3部構成にしました。動画では一本を3パートに分けています。とても一本でまとめきれなかったのであれはあれでもう観る人だけには限界があるとおもうんでまとめもブログ記事でまとめておきました。

こちらをご覧になった後動画を見るとなんかすごくよくわかる気がするかもしれませんし、なんやら長ったらしいだけに終わってるかもしれないのですけど、凄くしんどかったと言えます。

あ~おわった。_| ̄|○ il||li

完成動画連動にしてあるので先にこれを読んでいただくと助かります。th6まとめ3」への3件のフィードバック

  1. pZeroさん
    こんばんは!その3!お待ちしておりましたぞ!!
    ん〜! 「圧巻」
    この精密度、このボリューム、この実体感!
    「圧巻」です!
    オルフェンズの血生臭さといいますか、鉄の塊が激突し合う衝撃というのでしょうか!実はプラモデルだったんだ〜って・・・
    ちょっと鳥肌がたってしまいました。
    おっと!先に言わなくてはなりません。「完成おめでとうございます!」

    動画連動新たな試みですね。ちゃんと3部作記事を拝見いたしましたよ
    動画を楽しみにしております!
    本当にお疲れさまでした(^^)

    ん〜バルバトス。ず〜っと我慢しているんですよ!
    買ってしまうのか〜〜!止めてくださるな〜!

    いいね

    • ご覧いただきましてありがとうございます。
      コメントのここだけで予告しておきます。今夜公開予約にしてありますのでごゆっくりご覧ください。
      ナレーション形式の完成レビューでなるべく簡潔にまとめてあるつもりなのですが、これだけの写真の量
      を全てに掲載するとたんなるスライドショーになってしまうのもあって詳細はやはりブログで配信と
      なりました。

      さて、オルフェンズはやはり鉄の固まり同士ががっぷりと取っ組み合いをするイメージが強く
      口の中にひろがる血の味みたいなものをイメージします。綺麗な表面もいいかもしれませんが
      やはりここは自分の持っているものを駆使して表現しました。
      このMSには泥汚れと金属の匂いが似合う・・・と。

      かっこいいですよ~ごつごうしててマッチョ!
      後姿がメカ丸出し!
      お勧めは1/100ですね。作り易いしお得感満載です^^
      と、さらりとお勧めw

      いいね: 1人

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中