グリムゲルデその1

 

写真: 2016-04-25

なんでしょうね。変則的に忙しいですね。時間ないのに連休前になるといろんなトラブルが併発されます。

この子ったら結構楽に組めます。1/100ですけど全切りカットで楽勝でいけますんで時間短縮で遊べそうです。

グリムゲルデその1」への3件のフィードバック

  1. pZeroさん
    こんばんは〜
    山登りお疲れ様でした〜
    次は目的地点まで到達できますように〜

    グリム・・・楽に組めるんですか(^^)
    全切りされるキットとそうでないキットとがあるんですね。
    仮組されるときはインストを確認しながら組んでおられるシーンがありましたね。
    違いはやはりパーツ点数でしょうか?
    ギミックの多い少ないとかでも違ってくるんでしょうね。

    今、PG ユニコーンを製作中ですが
    無謀にも全切りしてしまいました。過去に作ったMGとそう変わらない構成のような感じがしたのでいけるだろうと・・・?

    すでにパーツが一つ見当たらないような(^^;;
    いやいやきっとどこかに埋もれているはず!

    全塗装の予定なので作業工程ごとに製作を進めたくってパチパチっと・・・
    かろうじて部位ごとに分けてるんですけど
    ちょっとドキドキです(^^;;

    やっぱPGの全切りはまずかったか!?

    いいね

    • ピッコロさんおはようございます^^
      水量計算してたつもりなんですけどね。山頂付近で水分切れ^^;
      次回はもっと担いで登りたいと思います。

      さて、グリムゲルデですがシンプルなリアクター構造と各関節の組み合わせが非常に
      楽に組み込めました。それも両面張り合わせの単純構造です。MGのようなスライドする
      機構もなく張り合わせの繰り返しでした。
      インストは腕、足は左右同時に組み立ててしまいます。
      一個だけの胴体と腰とヘッドパーツが楽しみですw
      全切りカットするかしないかの理由はランナーの枚数ですね。特にこのシリーズは
      外装とフレームがはっきりと分かれてますので、パーツの判別がつきやすいのですね。
      今のMGだと全切りカットは怖くてできませーん^~^
      PGユニコーンとなると想像つきにくいパーツが目白押しでしょう。

      全切りカットの利点はやはりパーツの処理が早く済むことですよね。ゲートのカット面処理
      が全てのパーツに対して平行に行えるということ。PGのユニコだと膨大な数になるでしょうから
      パーツも大変そうです。もう、これは根気よくやるしかないですね。出来上がりはすごいのでしょう。
      この並列作業が増えると何もできないくなる私にとっては大変羨ましいです。

      各パートごとに組み立てるのは当然ですね。MGでも塗り分けの塗料が大目に確保
      出来ているときは上半身下半身に分割して行うことがありますからだいじょぶ!

      いいね

      • こんばんは
        なんか自信が出てきましたよ〜
        ありがとうございます。
        完成に向けて頑張ります!
        GWは表面処理に費やしてしまそうですが・・・
        電飾もあるし、プレバンの拡張ユニットも買っちゃいましたし(^^;;
        エッサホイサ!

        いいね: 1人

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中