グシオンリベイク製作中 継続2

来月入ったらこんな勢いはなくなりそうなので本日動画は二個編集しました。今夜一本ともう一本別日に上がります。

写真: 2016-02-26

↑ 特に改造もなしで普通に組み上げて塗装しまして、フィルタ掛けて拭き上げ→艶消しでトップコートしたパーツたちです。

写真: 2016-02-26

↑ 胴体を中心に頭両腕、両足、バックパック、武器のユニットに分けて撮影。

まずはヘッド。2種類あるのですが、一個はノーマルモード、スナイプモードとなります。左の方はセンサーが塗っていませんが、途中から最後はシールに頼ることに決定しました。顔はシールではなく筆塗りしました。

写真: 2016-02-26

↑ 胸部パーツはシリンダーと背骨だけなのでシンプルではありますが。あのヒンジが甘くてね。

重たいシールドを持たせたら勝手にスウィングしますね。中心部にある挟み込みでのヒンジなのですが、可動軸は不要なので接着するかも。

写真: 2016-02-26

↑ 両足。フィルターを掛けていますのでパーツエンド部分に液たまりが出来ています。残したままにしてウェザリングに利用していきます。

写真: 2016-02-26

↑ 上から見た足。太い!

写真: 2016-02-26

↑ 腰パーツ。

写真: 2016-02-26

↑ 組み上げると腰のケツにあたる部分は内面が見えるので対策を。埋めてこなかったのでせめてグレーで塗ろうかな。

写真: 2016-02-26

↑ 背中のバインダー

写真: 2016-02-26

↑ 大きくて重たい。これがあの背骨を通して腰のボールジョイントの一軸にのしかかると思うとそりゃあ、へたりもしますね。

写真: 2016-02-26

↑ うーむ、見るたびにビジュアルが・・・。琵琶です。

写真: 2016-02-26

↑ ロングなライフル。一部塗り分け。

写真: 2016-02-26

↑ 全パーツ揃えました。

写真: 2016-02-26

↑ 一旦組み立てました。これからもう一度分解してドライブラシします。

グシオンリベイク製作中 継続2」への2件のフィードバック

  1. pZeroさん
    こんにちは〜

    良いボディカラーですね

    以前何かの動画で
    武装類の塗装はワンポイントでボディカラーを入れると専用武器っぽくなるっておっしゃってましたね。今回もされてますね。私も以来ワンポイント入れるようにしてますよ。凄く特別な感じで良いですよね。
    フィルタをかける…は、動画になりますか?
    ちょっと見てみたいなー^_^

    今日からステイメンのフィニッシュに挑みまーす‼︎

    いいね

    • ピッコロさん、おはようございます。
      この色はドイツ戦車のダークイエローそのまま使いました^^

      ダークイエローの機体や車両は得意なので塗装に関しては経験的にふり幅をもっています。
      様子を見ながら、どこまで手入れしようかを考えながら進めておりますよ。
      プラモデルのフィルタやウォッシュは大抵印刷会社の造語みたいですので、私が絵画で習ったものとは
      かけ離れてたりすることもあります。が、雑誌で出ているものとほぼ変わらないようには
      心がけています。この塗り方がフィルタリングとかウォッシングだとかはむつかしいんですよね^^;
      その部分収録できていたと思うので後々でてくると思いますのでお楽しみに~。

      いいね: 1人

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中