キュベレイ製作途中経過

前回の最後の写真から始まります。

写真: 2016-02-06

↑ サフ(クレオスの1200あたり)→ウォームホワイトを塗装。

写真: 2016-02-08

↑ 予定通りビスマスパール

写真: 2016-02-08

↑ バインダーだけは表面積広くムラもあったので三回上かけでした。

写真: 2016-02-08

↑ 内部パーツやら塗り分けの部分塗装です。青はターコイズブルーに近いのですが、フレッシュミントグリーンにホワイトと蛍光ブルー少量で調整してあります。

写真: 2016-02-08

↑ バインダー裏は従来ならピンクなのですが、設定色と同じにはせずパープルで塗装しました。綺麗に分かれていますね。

写真: 2016-02-08

↑ 大体基本塗装が終わったパーツが一個づつ増えていきます。

写真: 2016-02-08

↑ バインダー内部のパーツのパイプはデッキタンとダークイエローの二色で塗り分け。他もいじるかも。

写真: 2016-02-08

↑ スカートの中で見えそうなところはグレーに塗装します。一発で塗ると透けが見えるので数回塗装します。

保護用に軽く艶消しクリアを噴き付けておきましょう。

ツヤありの部分はパール塗装の場所だけにします。他半ツヤ程度に調整してフィニッシュにする予定です。

キュベレイ製作途中経過」への2件のフィードバック

  1. pZeroさん
    こんばんは
    毎回楽しく拝見させていただいています。
    パール塗装、美しいです!!
    ムラが出やすいのですか?すごく繊細な作業を想像しています。

    バインダーの裏側のパープルも綺麗ですね!
    表側との境目(縁部分)はマスキングですか?曲線なので難しそうです。

    仕上がりがすごく楽しみです。

    もしも・・実際に存在するとしたら・・・一目見たいMS第1位?2位?
    百式も上位だな〜(^^)

    いいね

    • ピッコロさんおはようございます。
      パールは各メーカーから様々なものが出ていますよね。いろいろ試したのですが
      どれも、悪くはありませんでしたwテストピースでシッカリと試したうえでやるといいですよね。
      もちろん粒子を噴き付けるものなので、ムラも出てきます。重ね噴きすることで解消できますので
      ご安心ください^^

      今回、カラーリングはオリジナルになっていますので色相環を頼りに色の選定を行っています。
      バインダーの裏表はラッカー上にエナメルです。これくらいのシャープさを出すためにはマスキングゾルを
      使う方法もありますけど面倒なのでエナメルを後塗りにしました。

      もっとも美しいMSと謳われるハマーン様の機体でございますので改造はあまりせず基本に真面目に作りますた^^
      お楽しみに~。

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中