ガンプラ日記

同時製作となると記事も混ざってしまいますね。

お見苦しいですがご配慮のほどお願いします。

写真: 2015-12-03

↑ これはパイプ基部の工作が終わて塗装したあとのパーツです。

足の動力パイプを改造です。

写真: 2015-12-03

↑ 以前MG百式Var2.0の時ひざ裏や肩の動力パイプで失敗したと完成動画で話題にあげておきましたが、その時の答えとして基部の接続部分の加工を怠っていた答えに対し、自分なりの解答としてこうしました。

ようは基部をパイプ径の大きさに合わせて太くしてやれねばならないということ。

今回のキットでは素材がゴムで穴に突っ込むだけのなんともお粗末なものでこれなら旧キットのザク足の動力パイプの穴に突っ込んで内部でカラカラ音がなるほうがよほどましな気がします。

写真: 2015-12-03

↑方法は想像通りですが、社外品パーツのWAVEのフラットバーニア丸の6mmタイプを使用します。基部の既存パーツはその厚みのところでカットしフラットバーニアを接着。自作のスプリングパイプ内部に入れた針金ワイヤーが通る穴を開けてそこに通しました。

写真: 2015-12-03

↑ このでティールアップだけでも随分見た目が変わるね。スプリングパイプを塗装するか悩みましたがとりあえずこのままにして撮影しています。後で塗装加えるかもしれませんけど^^;

写真: 2015-12-03

↑ さて、ほぼ完成ですのでLEDに灯をつけて一枚。

モノアイ明るいのぅ。この色、BDのパッケージのバックにある絵とイメージがかぶります。

写真: 2015-12-03

さて、ガンダムは下半身も完成して武器セットもサーベル以外は終わりました。武器が豊富なのはいいのですが、これを全部塗れと言われると考える時間と労力がかかりますね。ガンプラは武器に対する彩色配置が未開発な部分ですのでオリジナリティが試される場所だと考えています。

写真: 2015-12-03

↑ さて、ショルダーカノンの取りつけが気になっている人にお見せしておきましょう。

肩のサーベルラックは丸ジョイントで外れるようになっています。

写真: 2015-12-03

↑ 基部が取り外せて単純にここに交換・差し替えでジョイントします。

写真: 2015-12-03

↑ ほら、このように変更させられます。基部自体とあの丸い形がそれぞれ関節になっています。あと、キャノンからスライドで引き延ばせるようになっていて、ポージングの幅が広がります。

写真: 2015-12-03

↑ 子供のころ、このポーズを取らせようと1/144を切ったり貼ったりしたのを思い出すなぁw

一応パチ組完了です。

さて、どうするものやら。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中