光らせる工作

更新遅れていますが、動画の方三日連続投稿していました。

あれはあれで急いでやらないとスピード感も大切だと思っています。特に今回はジオラマを使った動画でありますからインパクトも強い分モビルスーツの登場が少なく、熱しやすく冷めやすい内容なので手早く内容を濃く作っています。

ベースの部分特に早めに切り上げてズバッと切り替えたいところですね。

229899018_624.v1446700469

さて、久しくこのパッケージもお見せしていないと今から出す写真が何がなにやら解らないので、

写真: 2015-11-02

ついでにこんな小さい目の写真も載せておきます。モビルワーカーの続きですよ^^;

写真: 2015-11-19

↑ こちら先回お見せした板LEDユニットです。

光漏れ対策にて先に黒を塗っています。

発光にはチップ型LEDを4個使います。赤のモノアイだけ独立稼働。そのほかの3つは6VにCDRをかませて点灯する仕組みです。二回路作りスイッチも二個にしています。

写真: 2015-11-19

↑ スイッチは内部構造体の裏に穴を二か所長方形に穴あけします。さらにこのパーツの上から外装パーツがかぶりますのでスイッチにあたる部分はカットしました。この場所にはバックパックがかぶさるようになっているので目立たないかな?と思っていますが。実はまだ試していないんです。目立つようなら何か対策します。

いまはとにかく形にすることを優先しその場の問題は後送りに。

写真: 2015-11-19

↑ 電池ボックスは首の真下に収めます。電池の交換をするときは胴体を分解する必要があります。そうしないように計画していたのですけどどうしてもスイッチが2つになったこともありスペースが取れませんでした。内部を完全にくり抜けばいいのですが、そうするとせっかくの腕の引き出し関節構造に影響が出てきそうでしたので、この形に。

写真: 2015-11-19

↑ 電源ユニットをはめ込んだ時のスイッチまわり。

写真: 2015-11-19

↑ スライドスイッチですが、上と下で解れています。下のスイッチはモノアイです。いま光っています。

写真: 2015-11-19

↑ えらい明るいなぁ。

写真: 2015-11-19

↑ 上のスイッチのほうはこの3灯です。

左右サーチライト、中央はコックピット用です。

光の強弱はどうにでもなるのですが、一番光らせていくことで調節幅も出るというものですね。

ここまでLEDを仕込むと毎回苦労します。いつも終わった直後は二度とやらん。と思うのですが時間がたつとまた忘れてやったりします。LED発光もだんだん普通に作られ始めたのでここは1つ当たり前のように使えるようにならないといけないと思う様にもなってきました。

LED発光工作がどれくらい敷居の高いものかはみなさん想像の通りです。

出来るだけ単純にしてないと真似できません。面倒だから嫌だ。ただ見て「かっこいいな」で終わりになります。

いまはただ、ただ見てカッコイイだけなんです。

LED発光工作がもっと普通になればいいですね。

光らせる工作」への2件のフィードバック

  1. こんなことまで、出来るんですね〜
    はじめは、なにしてるのか分からなかったけど

    目が光るんですね!

    私のも、お願いします(=゚ω゚)ノ

    いいね

    • LEDをもっと気軽に使えるようになるといいんですが。LED使うと毎回敷居の高くみえる工作なので動画にしようか迷ってしまいます。
      絵文字なら楽に目を光らせられますゾw
      (☆Д☆)キラリーン♪

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中