ジムのドテッパラに風穴を開けたい

俺の名前はシャア専用ズゴック。

ジムを見ると無性にドテッパパラに穴を開けたくなるんだ。今日も左腕のサイコガンが・・・

それはコ○ラだw

写真: 2015-10-26

↑ ジムに腹パンチが喰らった状態にするのでのこぎりカットカットで腹のパーツは自作することに。

どういう風にしているかというともともとアトハメ加工していたお腹の白い蛇腹パーツは撤去。

赤いくの地のコクピットは鋸で削り取り、周辺をシャアズゴの手に合わせて削りまくる。

写真: 2015-10-26

胴体と下半身にベースとなるプラ板を置いてその上にプラ棒とプラ板で背骨を作って角度を調整。

大体の所になったらエポキシパテで両脇から腹を詰めていく。

写真: 2015-10-26

↑ 腹パンチを食らっているジムは多分顎を上げてオエッ!となっているだろうから上に向かせたい。

それとズゴックの大きさの方が明らかにデカすぎるから高さを合わせるためには地面に傾斜が無いと無理ということも解るね。

バックパックはもっとぶっ壊れた感じにして再装着する予定。とりあえず。腹の突き刺さった状態のベースを作った。

写真: 2015-10-26

上から見たらこんな感じになってるけどジムの角度がちょと右過ぎています。

ジオラマのベースの大きさもこの方眼カッターマットは良く解るから便利ですね。

15x20cmは必要かな。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中