新製品の出来はどうなんだろうと

先日発売された鉄血のオルフェンズのバルバドスを組み立ててみる。

写真: 2015-10-09

↑ 箱を開けて袋から取り出す前。

作り方、設計思想が変わったみたいですね。

内部フレームにガワを着せる感じの作り方です。MGっぽい組み立て方になります。しかしスケール的には限界があるのとあまり細かくするとお子さんが作れなくなることも懸念されたのかパーツごとの大きさはある程度考えられているようです。顔の構成パーツが一番小さいけどその数はさほどの量ではありません。

印象はゲートがおおい。

この形を作り上げるためにランナーを半分に割る形ではないのか斜めにパーティングラインをいれることで複雑な形状やディテールを加える考え方なのでしょう。

ゲートが多いことで湯回りを入りやすくすることと、金型の疲労を減らす考えでしょうか。

おかげでパーティングラインがモールドの真上を走っていたり、パーツ同士の継ぎ目はないけどモールド上のややこしいパティングラインが増えました。

どうせならそのモールドは無しにしとけばいいものを。

写真: 2015-10-09

↑ 出来上がった本体はこんな感じです。 ダクト関係で胸の黄色いフィンなどは細かく再現されていてへぇ~っと声が漏れてしまう。

しかしくの字かたのフィンのモールドが多くその上のパーティングラインが走ります。中にはヒンジの丸モールドの上を割って走るラインもあって塗装する人の面処理能力が試される感じもありますね。

成形色のホワイトは設定色のウォームグレーのかかったホワイトではなくふつうに白色でした。

こいつはしばらくは素組のままで飾っておきます。

他の途中の物がいっぱいあるんで><

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中