冬期迷彩の表現

冬期迷彩の表現。

剥がれと時間経過を示す塗装とはどうなんだろう。

冬期迷彩をする理由は積雪期にあたり一面真っ白の銀世界にダークイエローの戦車が道を走ってたら目立って仕方ないという理由から白く上塗りすることにしたとあります。その時に使われたホワイトはチョークや学校の校庭で使われる小石灰を水で溶いたものだったそうです。

AFVでは良く使われる手技ですが、陸戦型のMSでも同じことをやってみようということでここに至ります。

写真: 2015-09-28

↑ 腰、スカートも全て冬期迷彩を施した後。雨や雪、風や擦れなどによって剥がれた感じを出しています。

写真: 2015-09-28

↑ 足ももちろん。

すでに下地に塗ったものは見え隠れする程度ですけどこれが緑一色よりも味が出ます。補色同士を混在させましたからね。

写真: 2015-09-28

↑ 黒っぽいところももれなく冬期迷彩を施しました。

写真: 2015-09-28

↑ 一旦仮組ます。

ホワイトの調子やバランスをチェックします。この後マーキング部分だけ剥がしてデカールを貼りつけもう一度同じ作業をします。単に忘れていただけですけど^^;

マーキングと細かいところの塗り分けが終わったらオーバーコート→フィルタリング→ダメージング→チッピングでフィニッシュしましょうか。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中