今作ってるのは

 

いまの私にはゲートの処理とか、継ぎ目ラインの消し方とかの紹介なんてやるつもりなかったのですけど一応現時点での見解というかやり方を残しておき・・・

写真で見るより動いている映像の方が解りやすいし見やすいし。文章に書くよりも音声で聞きながらの方が伝わりやすいでしょう。理解できるかどうかは見た人の受け取り方次第で。

私はガンプラのパーツのゲートカットでは2回切りはしていません。なんか世の中の流れに反するかもしれませんが、いろんな切り方がありますよ。臨機応変ですね。

それと

ニッパーの選び方ですけどそれなりの値段(性能)の物を使うことは大事です。

刃の分厚い物は何かと引きちぎるような力がかかりやすいものなのですから当然切り口が不揃いにもなりやすいでしょう。

例としてザクを作りながらシャアズゴも作っています。古いHGは小さいけど一個一個のパーツがでかくていいもんですね。

ゲートカット面の処理にはペーパー

塗るか塗らないかで変わるのかもしれませんが塗ることを前提にやっています。塗らない人はゲートカットしたままでいいでしょう。

でもカットした面をそのままに塗装すると逆に目立つのでここはペーパーで処理です。カッターでカンナ掛けもしますけど最終はペーパーでサンディング。

ガンプラの下処理でのサンディングは重要なポイントですのでサンドペーパー類の道具は充実させておいた方がよいです。使った感じと経験ですが何点か適当に紹介しています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中