基礎

箱開け。

パーツの出来を確認します。

バリ取り、ゲート処理、パーティングライン。

バリは今のガンプラにはほぼ皆無だろうと思われるけど・・・

ゲート処理。様々なゲートの方式があるもこれも二度切りしなさいとかインストで書いてあるほどだし

動画でもwebサイトでも嫌になるほどみんなやってる。正直見飽きました。

ではこれは?

パーティングラインの処理。

 

バリ

上の図でコの字のパーツが出来たところを絵にしてみるよ。

fig1をみると金型のオス型とメス型の間にある緑色が製品化されるパーツ。

メスオス型から取り外したものがfig2の製品。

fig2の丸く囲ったところを拡大したものがfig3。

これがパーティングラインです。

これからも是非処理しましょう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中