パテワーク

今回の改造はパテワークがメインです。

動画の方でどなたかから質問がありましてね。

パテの使い方を知りたい。どこの動画にもパテを使ったものがないというのです。

元来リクエストには答えないことにしていますが、動画の方ではパテを使用した動画がないというのであれば最初にパテワーク盛りだくさんの事例を出しておけば後から動画を作る人が増えるのではないかと思っています。

もう知りうる限りの種類のパテワークを動画の中に盛り込んでいます。

最後まで見たらパテを使った工作をやりたくなるかなw

写真: 2015-04-21

↑ まず昨日の状態です。

昨夜脇腹のところのパテが硬化したのを確認して整形していきます。使った道具はデザインナイフや彫刻刀。最後にペーパーを掛けて整えました。

写真: 2015-04-22

↑ 動画には出せていると思いますけどこのようにさらにパテをかぶせるようにして彫刻します。

さて、これを見て「これなら出来る!」と感じてくださったと思います。簡単ですからこんな風合いの造形をやりたかったという人は大勢いるんじゃないかと。

固まる前にある程度の形成を終えたら硬化したあとにデザインナイフで端っこをカット。

左右のシンメトリーを見て良いならペーパーなどで均すだけです。

写真: 2015-04-22

↑ 脇のあたりの細やかさが出てきたのでこれで良しにしようかな。

あまり追加したら逆効果で気味悪くなりますからね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中