大型肩アーマーを取り付ける

昨日午後から休みをもらえたので土手の桜を見に行きましたよ。

いまが満開なのかな。

週末は雨時々曇りのような予報だから昨日が一番きれいだったのかもしれません。

 

写真: 2015-04-03

さて、マラサイの各所のパーツを固定化させて聞く作業に取り掛かります。

端々の形状が刺々しくそして局面が全くないプラ板そのものの形です。なんのRもついていませんから見た目プラ板の固まりというか箱組しただけの子供の工作に見えてしまいますね。

これこのまま塗装するとカッコ悪いことこの上ありません。なのでその辺がディテールアップのポイントにもなります。

それはまた後日実行するとして全体のプロポーションをさっさと決めたいので牛歩のような歩みですが少しでも先に進めていきます。

写真の肩アーマーの固定です。局面で構成されたあのアーマーをこていするにはどうすればいいか。マラサイ本来の肩の面には直線ですから固定が線と線や点と線くらいの接触しかありません。それでは組み立てるときに同じ場所に戻すことも困難になります。ここで登場するのがまたもやパテです。

例の如く軸を打って、パテで隙間を埋めるかの如く固定するという方法。上の写真がその効果途中です。

写真: 2015-04-03

↑この首回りも先にパテ盛りして適当なディテールアップとして社外品のダクトを埋めてあります。これは最終決定では無く外して違うものにするかもしれませんけどとりあえずこんな風に角度不確定でくっつけることが出来るうちにというかんじでくっつけています。パテ盛り工作の利点を生かしました。

肩アーマーの手すりみたいなのはアルミ線です。ダイソーで売ってますので1.2mm線かな?1mmピンバイスで穴あけしたら何とか入る太さです。これを本来のパーツに瞬間で接着し定位置となる場所を決定します。(アルミ線は用がなくなったら切断して切り飛ばせばいいので形がいびつでも関係なし。)

一度はずして硬化の早いパテを使って位置を見ながら硬化させます。

セメダインの木部パテを使いました。固まるのが早いものなら何でもいいでしょう。ただし固まった後の切削作業が面倒なものは自分が苦労しますので日ごろパテの性質は知っておくと良いと思います。

定位置が決まった肩パーツは硬化後成形します。これもある程度で結構ですので成形しテープなどで本体に固定。全体のプロポーションを決めるためにイメージを固める作業に移ります。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中