tube の第三者のコンテンツに引っかかる

これの基準が良く解らない。

フリー音源でもコンテンツが著作権に引っかかるという現象は良く起こると聞きます。

これまでツベ動画を別のチャンネルでも合わせると2年半ほどアップしていますので、第三者のコンテンツに引っかかるということは初期頃、収益化を図り始めてから何度か遭遇しました。その時は一旦該当ファイルを消去後再編集で疑わしい音源・楽曲を外し再アップすることで対処しました。

それ以来BGMにはYoutubeオーディオライブラリーの音源を使用しています。

このところ凝った演出のために他のフリー音源を使用していました。これがルーティンワークになると常日頃から使うようになっていたのでそこの音源とリズムを著作権として誰かが近似リズムなどで登録申請した場合に引っかかるという噂もちらほらききます。その時はコンテンツ料としていくらか比率でそちらに報酬が支払われるということらしいです。とまあそんな文言が掛かれてありました。私の選んだものはどれもフリー音源です。そちらのサイトでも特に報告は無くて良い、商用でも自由にお使いいただいていいですよ。という文が書かれたものしか使っていません。でも引っかかるんですよね。

アップロード直後に公開はせず時間を空けて公開するようにしていますのでツベからコンテンツ一致のメールが来たところで公開予定をストップして再アップさせることにします。

次回#2は今夜のアップ予定でしたが、今夜再編集しアップロードして明日公開することになりますかしらん。

これさ、後から「第三者コンテンツに一致しました。」という後出しじゃんけん的なものが大変なんですよ。

過去にアップロードしたものが「今の基準に合わないから収益化している場合はその収益は申請された人に流しますから。」みたいなのがめんどくさいです。

長いBGM音源はYoutubeのオーディオライブラリーで使用していますが、今回大丈夫だろうと思っていたジングルと効果音がやばいのかもしれない。あれはもう不採用ですな。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中