メガ式動画

「ひゃくまんしき」と書いて「メガ式」と読む。なんともしゃれっ気のあるネーミングであります。

動画を作りました。メガ式は息子に買ってやったプラモデルで、実は私も欲しいものとかぶります。大抵子供に取られてしまうので綺麗に塗装してもバラバラになったり他のガンダムの腕や足が組み込まれてわけのわからない異種機体になってしまいますw

「子供の想像力がそうさせるんだろう。親父な私にも昔はあった組み換え改造の初歩段階なのだろうか。」などと哲学的なことを申しましても子供のやることには目がないおっさんです。

せめて撮影だけさせてねと、言い聞かして作った動画次の二本です。

一本目

↑ 組み立てをメインに動画を編集しました。

動画の編集って去年くらいから何本か作ったことがあったのですが、どれが正解なのかは解りません。ただ見てて興味が惹かれるというものが作りたいのですけど、ダラダラ流してると時間だけが経過していく、時間の自由が利かない身としてはそれは見たくないものとなります。出来れば短く切のいいところまでが理想ですね。とはいうもののプラモデルを綺麗に最後まで作り上げるのは延べ時間相当な時間がかかります。

編集で良いところだけをカットして。となると見たいところは人それぞれ違うから普遍的に押しなべてみることはかなわなくなるし。時間は過ぎるだけだし。と。

そこで考えるのは早送りですね。今回はタイムラプスという方法で撮影して5秒間隔で一枚の写真を撮っています。全部の写真を約0.2秒以下でつないで早送りしてて要所要所で時間を止めるというやり方です。

難点は写真ファイルが20GBを超えましたね。あの3分程度の動画に。

二本目

↑ こちらは組み立てが終わった後に撮影したものです。

写真ではありません。最後の一枚以外は全て動画で撮影したものです。たまに画面が震えているのでお気づきになった人もいるかもしれませんけどね。初めから動画で撮影している方が楽ではありますが、大事なことが抜けていました。それは声です。

撮影時に声も同時録画していればよかった。

これまでの完成後の解説動画は実は後から音を入れた物なんです。

すなわち、音のない動画をいったん作成する。それを見ながらナレーションを入れる。というやり方です。2本目の動画を観られた人ならわかると思いますけどワンカットが3秒足らずで短くてしゃべれませんでした。何度か頑張ったんですけど喋りが追いつきませんwww

ということで短いテロップで誤魔化しています。反省点でもあり、次への改善点でもありましたので良く解りました。あのようにカット割りが連続したものはその時に声も同時収録していないとだめだと置いうこと。カット割りの時間が同じだと単調に見えて飽きやすい。などです。

編集が一つステップアップしたと思えばいいかな~。

次こそは短く早くシンプルにまとめたいです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中