シナンジュ作成開始

HGUCシナンジュです。

1/144ながらパーツ点数の多さに目を見張るものがありますね。

実は以前素組で作成してあり、塗装せずそのまま机の上に飾ってあったものを

再度ばらして塗装するということにします。ついでにデカールを貼る予定です。

 

作成手順

 

素組バラし→エッジ薄々攻撃とアトハメ加工→継ぎ目の出るパーツ接着→継ぎ目処理→ゲート処理→表面チェック

→サフ→基本塗装→艶調整→デカール→乾燥→トップコート処理→完成

 

ざっくり書いてこんな手順になります。

MSによって仕上げの方針とかも変えますのでいつも同じではありません。シナンジュと言えばネオジオン総帥のフルフロンタルが

使用する機体ですからその整備においてはピカピカ仕上げでF1のような管理体制でしょうから、ほこりや汚しは

ないだろうと思います。なので艶仕上げで少々光ってもらいたい訳で。

 

デカールを張り付けて表面から得られる情報量を増やそうと思います。

1/144にデカールを貼るので極小さなものばかりですから私なんて拡大鏡を付けて作業をしますよ。大変です^^;

 

 

写真: 141102-004002

単純にバラバラにしたところです。

このパーツの中からやらねばならない作業がありまして、シナンジュの装甲の先ってとんがっています。

その先のデザインは本当ならば薄いはずのところもプラの厚みで均一なぼってり感が残っています。キットであるため

その弊害は仕方ないのですが、これを解消することにします。

写真: 141103-172728

↑こちらのトレーに移したパーツがそれらです。ちなみにこの白いトレーはダイソーの冷蔵庫用のトレー?だっけ?

大体対になっていますね。これらの先は本来とがっているところが安全上丸くデザインされていますが

これをとがらせてやるのです。

丸い刺のところは先端を軽く削ってその上にプラ材を瞬間接着剤にて固定し、先がとがるように鑢で形を整えます。

プラの厚みの分はモーターツールを使ってヘリを薄くしました。

詳しくは動画でご説明できるかと思います。

写真: 141105-004926

↑こちらは接着するパーツです。

中央赤の太もものパーツにはアトハメ加工を施しました。すぐ上にあるグレーの関節パーツが塗装後でもスポッと

嵌るように出来ます。こうすることで先に継ぎ目処理を行い塗装が済ませられます。継ぎ目のあるパーツは

塗装の前に処理しないと塗装後にその分割線が目立っていかにもおもちゃ的な見え方になってしまうからです。

 

おもちゃ的要素はどのプラモでも仕方ありませんけど、せっかくなら自分で出来る範囲でリアルを追求したいもんです。

 

他に気を付けるべき部分としてはプラスティックが素材ですので光が透けてしまうことから起こる素材の光

透過性が上げられましょう。特に赤などの透過しやすい色などはこれに該当します。

 

赤色を塗るときはそれなりの下処理をして光が透けないようにしないと完成後が透け透けのちゃちな完成度

になってしまいますのでサフや基本塗装前にカーモデルばりに白→ピンク→赤の塗装手順を使うことにしませんとね。

 

今日はここまで。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中