AMX-009ドライセンのウェザリング

フィルタリングを行った後のドライセンは薄く雨に濡れて汚れた感じが出ました。

それでさらに足りない何かを追加したいと思います。

写真: 141029-012423

足りない何かといいますと、泥です。巨大ロボットが歩けばそこには泥や土の欠片が舞落下し水ともなれば泥と一緒にはねてしまう。

そして機体には機体同士でこすれることで塗装がはがれてしまうでしょう。

充実した軍隊ならそれを手直しすることが出来ますが現地徴用現地改修などの切羽詰った財政の中での

ネオジオン軍ですからそんな潤沢な資金があるとは思えません。

なので塗装はがれと汚し表現はジオンにとってこそ重要なものではないかと思います。

 

写真: 141029-014009

動画の方でチッピングの表現方法をお伝えしたいと思います。

角や、広い表面にもほんの少しだけ塗装葉枯れを加えるとリアルな感じになってくれますね。

特にこの重機にもにたドライセンなどは工事現場でガンガン働く頼もしい感じがさらにUPします。

 

写真: 141029-014437

↑ 右のパレットにありますので油絵具です。奥にオドレスペトロール油が見えますがあれで溶きます。

なるべく広い表面だけに塗装しましょう。隙間に塗りこんだときにプラ地が割れることがあります。ガンプラは特に注意です。

 

写真: 141029-213904

↑ 弁慶のようだ。

 

写真: 141029-213914

↑左手がない。

 

写真: 141029-213921

↑大体のウェザリングを終えました。

あとは撮影とポージングですね。ポージング不得意です。そしてせっかっくの作成時の苦労を表現する結果の写真を撮影

するのですがこれまた不得意でして、苦労した後の良い結果としての写真を撮らないで終ったりすることが多いのです。

だめだなぁ。

こちらは完成スライドの動画でお見せするよていです。

現在ドライセンは

 

1、組み立て

2、後ハメ加工

3、洗浄サフ乾燥

の三本を動画にしています。

次に

4、塗装ウェザリングの動画

5、完成スライド

の動画と残り2本を動画にしたいと思っています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中